LEDライトおすすめ9選!用途とメーカーで選ぶ

LEDライトのおすすめの選び方を電化製品に詳しい人に聞いたところ、明るさやLEDライトの大きさによって選ぶのがおすすめとのことでした。電球よりも省電力で寿命も長...

LEDライトのおすすめの選び方を電化製品に詳しい人に聞いたところ、明るさやLEDライトの大きさによって選ぶのがおすすめとのことでした。電球よりも省電力で寿命も長いLED電球を使った商品は数多く出ていますが、おすすめのメーカーもあるようです。今回は、おすすめのLEDライトベスト9をママアイテム編集部が総力を挙げてピックアップ!この記事を読めば、アウトドアや災害時にも役立つ人気アイテムがまるわかりです!

ママアイテム編集部

LEDライトのおすすめな選び方6つ

各メーカーから様々なLEDライトが販売されていますが、どんな点に気を付けて選べば良いのでしょうか。ここではおすすめの選び方6つを紹介します。

1.単位はルーメンを基準に!明るさをチェック

LEDライトはアウトドアで使えるものや、非常時に役立つ懐中電灯など、様々です。このライトどのくらいの明るさかを表現するのに、「ルーメン」という単位があります。

ルーメンは光の束を表す単位ですが、この単位の数字が大きくなるほどライトも明るくなります。非常用としても使いやすいのは、120~200ルーメン位を目安に選ぶと良いでしょう。

2.いざという時に困らないために!信頼できるメーカーをチェック

LEDライトを販売しているメーカーは数多くありますが、メーカーによっては作りが雑だったり、電池のもちが悪いもの。停電などの緊急時にライトが使えないと困ってしまいます。

いざという時でもしっかり使えるように、信頼できるメーカーのLEDライトを選ぶようにしましょう。

3.用途や使用シーンで決める!照射範囲をチェック

LEDライトには、非常時にも使えるタイプや、アウトドアで役立つランタンタイプなどがあります。

ランタンタイプは、照射範囲が広いため全体を照らすのには向いていますが、スポット的に照らすには不向きです。

逆に懐中電灯やペンライトなどは照射範囲が狭めですが、強く照らすことができるので、夜道を照らしたりスポット的に照らすのに向いています。

用途やシーンによって使い分けることで、より便利に使うことができます。

4.使いやすいことが大事!操作性をチェック

LEDライトなどは暗闇など不便な状況で使うことが多いアイテムですが、そんな時はすぐに明かりを灯したいですよね。

明るいライトだからいいだろうと思って買っても、操作性が悪いとかえって使いづらいものになってしまいます。

ライトの明るさも大事ですが、いざという時でもすぐにスイッチが入れられるなど、操作性の良い商品を選ぶようにしましょう。

5.電源はなに?充電式か電池式かチェック

いざLEDライトを使おうと思った時に、ライトの電源が何かによっても状況によっては不向きになってしまうことがあります。

一般的には乾電池式のタイプが多いですが、非常用などで使う場合は使う機会も少ないため、電池が消耗し、いざという時に使えないことも。そんな時には手で回して充電できるタイプや、ソーラータイプもおすすめです。

また、最近はUSB充電ができるタイプも販売されています。USB充電なら、パソコンやモバイルバッテリー、車のシガーソケットなどから充電することもできるので便利です。

6.災害時に役に立つ!フラッシュライト以外の機能をチェック

周囲を明るくしてくれる便利なライトですが、ライト以外の機能があるタイプもあります。例えばラジオ機能が付いていたり、サイレン機能が付いていたりと、災害時にも役立つ機能が付属したタイプも多くあります。

非常用として使う場合は、ライト機能以外のも重視して選ぶのがおすすめです。

LEDライトのおすすめメーカー・ブランド

LEDライトを販売するメーカーやブランドは数多くありますが、初めて買う時はどのメーカーのものを買ったらいいのか迷ってしまいます。ここでは、初めての人にも買い替えの人にもおすすめのメーカーを紹介します。

1.MAG-LITE(マグライト)

MAG-LITEは、アメリカの懐中電灯メーカーです。このメーカーのライトには航空機と同じ素材を使用しているので耐久性も高く、特殊コーティングで耐腐食性にも優れています。

6年もの間、コンクリートに埋まっていたMAG-LITEのハンディライトのスイッチを入れてみると、何の問題も無く明かりを灯したというのも、耐久性の高さを表しています。

その耐久性の高さから、世界中の警察や軍用などの過酷な状況で作業する現場でも使用されている優れものです。プロ仕様の柄が長いタイプは、警棒としても使えるため、警備や警察の人たちも使用しているそうです。

普段使いできるコンパクトなタイプから、プロが使用するタイプまで、豊富なラインナップも見逃せません。

2.LEDLENSER(レッドレンザー)

LEDLENSERは、ドイツに本社のあるメーカーです。シンプルなフォルムで取り扱いがしやすく、フラッシュライトやヘッドライトなど、用途やシーンに合わせたラインナップが多いのが特徴です。

LEDLENSERのLEDライトは、高性能で扱いやすく、警察やレスキューなどのプロの現場で使われています。

その性能の高さは、ドイツ警察などの公的機関でも採用されているほどで、過酷な現場でも威力を発揮。

屋外だけでなく、水中などでも使用できる防水タイプなど、耐久性、耐水性の高いLEDライトも販売しています。電源も電池式から充電式まで幅広く、様々なシーンで活躍してくれます。

今回の商品の比較ポイント

今回おすすめの、LEDライトを選定するのに重視したポイントです。このポイントを押さえて選べば、色々な場面で活躍してくれるでしょう。

*ルーメン
*電源
*追加機能の有無
*電池寿命の長さ

今、編集部がおすすめするLEDライトはコレ!

ママアイテム編集部が今、一番おすすめしたいLEDライトを紹介!初めて買う人にも、新しく追加で買おうと思っている人にもおすすめです!

Panasonic(パナソニック)「BF-BG20F」

*ルーメン:不明
*電源:乾電池
*追加機能の有無:無
*電池寿命の長さ:連続約30~70時間

使いやすい形とシンプル設計が人気

夜道を歩く際や、非常時などに使いたい時、サッと取り出せてすぐに点灯できるタイプを選びたいですよね。

このLEDライトは簡単に電源をオンオフできるスイッチだけが付いたシンプル設計。コンパクト設計なので、すぐに取り出して点灯することができます。重さもわずか約150gと軽量で軽いのも特徴。

LED電球なので従来の豆電球よりも長持ちで、省エネ。電池寿命も約60時間と長いので、非常時にも安心です。ハイパワーの乾電池を使用すれば、最大約70時間も持ちます。

さらに、ライト本体の後ろ部分にはフックが掛けられるループ状になっているので、吊るして照らすことも可能。防滴タイプなので、少しの水でしたら、かかっても安心です。

また、電源も一般的に良く使われる単三乾電池3本なので、ストックもしやすくコスパのよさも人気の秘密です。

災害時に備えて持っておきたい!追加機能付きLEDライトおすすめ3選

災害時などは、懐中電灯としての機能の他に役立つ機能を搭載したLEDライトがおすすめです。いざという時のためにも、あると便利な追加機能を搭載したLEDライト3つを紹介します。

1.MAG-LITE(マグライト)「マグタックLED クラウンベゼル」

*ルーメン:320ルーメン
*電源:乾電池
*追加機能の有無:無
*電池寿命の長さ:連続点灯4時間

強固なボディでいざというときガラスが割れる

アメリカに本社を置くMAG-LITE。航空機と同じ素材を使用していて、耐久性と耐腐食性が人気のメーカーです。

このLEDライトは、MAG-LITEのシリーズの中でも上位モデルになり、照射力と堅牢性が特徴でもあります。

320ルーメンという明るさでしっかりと照らしてくれるほか、マットな質感で手に馴染みやすく、電源スイッチがライト本体の後部についているので、片手で操作がしやすくなっています。

また、ライトモードもクリックの回数で間欠点灯やストロボ点灯など、3つの点灯モードに切り替えが可能。照らすだけでなく、緊急時に自分の居場所を知らせることもできます。

軍事用にも使われるこの上位モデルのLEDライトは、ボディの硬さも人気です。落としてもその頑丈なボディで壊れにくく、このライトでガラスを割ることもできます。いざという時に持っていたいLEDライトです。

2.SOMECOOL(サムクー)「LEDラジオライト」

*ルーメン:不明
*電源:乾電池・ソーラー、手回し充電
*追加機能の有無:内蔵電池・ラジオ・ソーラー、手回し充電・非常用サイレン
*電池寿命の長さ:不明

スマホ充電もできる多機能LEDライト

停電や、電源が確保できない場所などで通信手段でもあるスマホが充電できないと、いざというときに困りますよね。

このLEDライトはリチウム電池を内蔵していて、スマホの充電が可能!乾電池はもちろん、ソーラーでも手回し充電もできるので、どんな状況でも使うことができます。

ライト本体の後部はフック式です。手で持って使う以外にも、アウトドアのテントなどで吊るして使うことができるので、様々なシーンで活躍してくれます。

また、AM・FMラジオ機能や、サイレン機能も付いているので、懐中電灯以外にも多彩な使い方ができるのも特徴。非常用として一つは持っていたい便利アイテムです。

3.akopa(アコパ)「LED懐中電灯」

akopa(アコパ) LED懐中電灯

*ルーメン:200ルーメン
*電源:乾電池・手回し、USB充電
*追加機能の有無:内蔵電池・ラジオ・手回し充電・非常用アラーム・マルチツール
*電池寿命の長さ:不明

サバイバルでも活躍するマルチライト!

キャンプやアウトドアなど、不便な環境にいると欲しい道具がすぐに手に入らないことが多々あります。

そんな時に便利なのが、ドライバーやナイフ、缶切りなどが一体になってコンパクトなマルチツールですが、そのマルチツールが一緒になったLEDライトがこの商品です。

ライトは200ルーメンなので明るさも十分。光の強さも2段階で調節できます。また、内蔵充電池が搭載されているので、スマホなども充電可能。充電池は手回し充電かUSB充電のどちらにも対応しています。

FMラジオも搭載されているので、災害時にも便利。緊急時に大音量で居場所を知らせてくれるアラーム機能も付いているので、いざという時にも便利です。

信頼できるメーカーから選ぶ!ハンディライトタイプのLEDライトおすすめ3選

LEDライトを販売するメーカーは多くありますが、質の悪いライトを販売するメーカーもあり、電池の消耗が激しかったり、ライト自体がすぐに故障してしまうことも。

そこで信頼できるメーカーのハンディタイプのLEDライトを3つ紹介!いざという時にも安心です!

1.NITECORE(ナイトコア)「TM03」

*ルーメン:最大2800ルーメン
*電源:専用電池
*追加機能の有無:無
*電池寿命の長さ:不明

最大2800ルーメンの照射力!

手軽に使えるコンパクトなLEDライトや、USB充電ができるタイプなど、ユニークな商品を販売しているNITECOREですが、その中でも強力な明かりを放つライトがこちらです。

ライト自体のサイズは159mmとコンパクトですが、ライトの明るさを4段階で調節でき、最大2800ルーメンという強力な明かるさを出すことができます。

ただし、2800ルーメンという明るさは本体自体が熱くなってしまうため、長時間の使用には向きません。しかし、その下の550ルーメンや、1350ルーメンでもかなりの明るさがあります。

この明るさを発揮させるために、電池は専用の充電池を使用します。通常の乾電池などは使用できないので、注意が必要です。

耐久性の高いアルミ合金のボディは、頑丈で、少しの衝撃では壊れることもありません。

防水機能も高く、IPX8と防水機能ランクの最高位になっています。水没しても内部に水が染み込むことがないレベルなので、アウトドアなどで急な雨に振られても安心して使うことができます。

2.LEDLENSER(レッドレンザー)「M3R」

LEDLENSER(レッドレンザー) M3R

*ルーメン:220ルーメン
*電源:専用電池または、単4電池
*追加機能の有無:無
*電池寿命の長さ:Hiモード:約2時間・Lowモード:約6時間

コンパクトなのに明るい!

LEDLENSERは、ドイツに本社のあるLEDライトメーカーです。ヘッドライトからハンディライトまで様々なタイプのLEDライトを手掛けていて、作業用から普段使いまで目的に合わせて使うことができます。

このLEDライトを買った人は、まずそのサイズの小ささと軽さに驚くそうです。ライト本体のサイズは100mm、重量は45gと超軽量。ですが明るさは最大220ルーメンもあり、約130m先まで照らすことができます。

電池も専用の充電池が付いていて、付属のUSB充電器で充電が可能。充電ができない場所でも単4電池が使用できるので安心です。

照射モードも3つから選べ、ストロボ点灯もできます。さらに、ライトのヘッド部分をスライドさせることにより、広範囲を照らすワイドモードや、スポット照射などに切り替えが可能。

電池残量が少なくなるとお知らせしてくれる機能も付いているので、急にライトが消えてしまう心配もありません。

3.GENTOS(ジェントス)「閃 SG-339R」

*ルーメン:最大450ルーメン
*電源:専用充電池
*追加機能の有無:無
*電池寿命の長さ:Hiモード:4.5時間

タフなボディと明るさが魅力

GENTOSは日本でもトップクラスのLEDライトメーカーで、フラッシュライトからデスクライトなど、シリーズも豊富に販売しています。

明るさはもちろんですが、アウトドアなどでも活躍するLEDランタンは防滴使用になっているなど、使い勝手が良いのがポイント。ライトの色を暖色や揺らめくキャンドルモードなど、多彩に切り替えることができます。

プロの現場で使用するライトも手掛けていて、高い耐久性と使いやすさが人気のメーカーです。

そんなGENTOSのこのLEDライトは、耐久性と明るさを兼ね備えたライト。ライトの明るさはHiモードで380ルーメンで4.5時間とコストパフォーマンスもよく、Ecoモードだと37時間の連続使用が可能です。

ライト前方部分を前後にスライドすることで、照射範囲も無段階に調整可能。広範囲を照らしたい時にも便利です。

さらに、耐久性も高く2mの高さからの落下や、1mまで防水にも耐えられるタフさも魅力。USB充電式なので、パソコンやモバイルバッテリーなどからも手軽に充電できます。

様々な場面で活躍!ランタンにもなるLEDライトおすすめ2選

ハンディタイプのLEDライトは、手軽に持ち運べるので便利ですが、机に置いて使ったり、吊るして広範囲を照らしたい時などは、ランタンタイプがおすすめです。

キャンプやアウトドアにも、おすすめのランタンとしても使えるLEDライトを2つ紹介します。

1.ムサシ「懐中電灯付 LEDセンサーライト」

*ルーメン:不明
*電源:単3乾電池
*追加機能の有無:無
*電池寿命の長さ:25~35時間

センサーライトとしても使える!

夜中にトイレに起きたり、一人暮らしの家など、廊下が真っ暗だと危険なので明かりが欲しくなりますが、常に電気をつけっぱなしは電気代が気になります。そんな時に便利なのがこのLEDセンサーライトです。

ライトのホルダーは壁に簡単に取り付けることができ、センサーが感知して明かりが欲しいときに自動点灯してくれます。

また、懐中電灯としても使えるので、停電時などの非常灯としても活躍。卓上ライトとして立てて使うこともできるので、テーブルに置いて手元を明るくするのにも便利です。

電池のもちも良く、センサーモードで約300日と高寿命。懐中電灯としても連続で約35時間使用することができます。

2.Panasonic(パナソニック)「電池がどれでもライト」

*ルーメン:不明
*電源:単1~単4乾電池
*追加機能の有無:無
*電池寿命の長さ:約2.5~50時間

電池を選ばないLEDライト

非常用の懐中電灯など、いざ使おうと思った時に電池が切れていたり、買い置きがなかったという経験をした人もいるのではないでしょうか。災害時などは欲しい電池が売り切れで買えないことも。

そんな時におすすめしたいのが、このLEDライトです。このライトは単1から単4電池までが入るようになっていて、回転式のスイッチで切り替えることで、どの電池でも使えるようになっています。

使える電池が決まっている懐中電灯が多い中、このライトは電池を選ばないので緊急時でも手元にある電池が使えるのも人気の秘密です。

ハンディライトとしてはもちろん、ライトを立てればランタンとしても使用ができるので、アウトドアなど幅広いシーンでも活躍してくれます。

LEDライトを購入時の気になる疑問・質問

LEDライトを初めて買う時は、どういった点に気を付けて買えばいいのでしょうか。買い替え時にも気になる疑問・質問に答えます。

Q1:ルーメンってなに?

LEDライトの説明書などを見ると、明るさの欄には「ルーメン」や「ルクス」で表記されていることが多いです。

このルーメンという単位は、ライトなどの光源が放つ光の明るさを示していて、値が大きくなるほど明るくなります。

ルクスは光で照らされた部分の明るさを示していますが、照らす近さによって明るさも変わってしまいます。

LEDライトを選ぶ際は、ルーメンで表記されているタイプを選ぶのがおすすめです。

Q2:小型のLEDライトで強力な明るさのものはある?

LEDライトに使われている電球は、従来の豆電球と比べると発熱量が少なく、光源自体の発熱量が少ないのが特徴です。しかし、LEDライトが明るくなるにつれて電流も多くなるため、基盤自体の発熱は高くなります。

小型のLEDライトでも200ルーメンなど明るいタイプはありますが、明るくなる分熱量も増えるため、ライト本体が熱を持ってしまい、早く故障してしまうこともあります。

コンパクトサイズのライトは、持ち運びもしやすく使い勝手もいいですが、過度にルーメンの数字が高いものはおすすめできません。信頼できるメーカーのライトや商品レビューを参考にするのもおすすめです。

もし使用していてライト本体が熱くなってしまった場合は、すぐに電源をオフにして本体を冷ますようにしましょう。

Q3:災害時に使えるLEDライトとは?

災害時には、今まで当たり前に使えていたものが使えなくなることがほとんどです。電気が使えないことも多いため、明かりを確保するのに便利なのがLEDライトになります。

災害時は復旧までの目処も不明なことがあるので、そんな時は電池寿命が長いものが重宝します。ライトの説明書などで連続使用時間が長いものを選ぶようにしましょう。

また、汎用性がない電池などは入手するのが難しい場合もあるため、色々な機器に使われている大きさの乾電池タイプおすすめです。汎用性のある大きさの乾電池なら使いまわしもできるので便利ですよ。

まとめ

LEDライトを選ぶ際に、ルーメンやルクスなどで明るさが書いてあることが多いですが、ルーメンは光源が放つ明るさを示しているので、ルーメンで明るさを表記されているものが分かりやすくおすすめです。

また、用途によって使い分けることもでき、吊るしたり、置いて使えるランタンタイプや、手に持って使えるハンディタイプなどがあります。

LEDライトを販売しているメーカーはたくさんありますが、いざという時に安心して使えるように信頼できるメーカーのものを選ぶようにしましょう。

災害時には、ラジオや充電機能があると便利です。連続使用時間が長いものを選ぶのがベスト。ぜひ今回の記事を読んで、非常時にも役立つLEDライト購入の参考にしてくださいね!

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします