【ハリ化粧水のおすすめ10選】エイジングケア成分と保湿成分で選ぶ

エイジングケアに欠かせないハリ化粧水には、さまざまな種類があります。たくさんの種類があるということは、自分の肌や症状に合わせて選べるというメリットでもありますが...

エイジングケアに欠かせないハリ化粧水には、さまざまな種類があります。たくさんの種類があるということは、自分の肌や症状に合わせて選べるというメリットでもありますが、同時に複数あるからこそ、何を選べば良いのかわからないと悩む原因になることも…。そこで今回は、数あるハリ化粧水を徹底比較!気になる症状ごとに、今おすすめしたいハリ化粧水を選んでみました。最近、肌のハリがなくなってきた、若いころのようなハリを取り戻したいと悩んでいる人必見ですよ。

ママアイテム編集部

ハリ化粧水のおすすめな選び方4つ

ハリ化粧水を使っているけれど、あまり効果を実感できない、せっかくハリ化粧水を使うなら、できるだけ効果が実感できるものを選びたい…。そんな人におすすめしたいハリ化粧水の選び方のポイントを紹介します。

1.ハリ改善には最重要!エイジングケア成分をチェック

肌のハリは、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった成分が肌の表面を支えることで維持されています。これらの成分が、なんらかの理由によって不足することで、肌のハリが失われていくというわけですね。

つまり、ハリを改善するには肌のハリをケアする有効成分が含まれていることが大前提!

有効成分が含まれていなければ、どれだけがんばってケアしても残念ながらハリの改善は望み薄…。しっかりケアしているつもりでも、顔がたるんできた、シワができた…なんてことにもなりかねません。

効率よく効果的にケアするためにも、購入前にパッケージや公式サイトなどをしっかりチェックして、コラーゲンの生成を促す次の有効成分が含まれているものを選びましょう。

*肌のターンオーバーをサポートする「レチノール」
*肌細胞の再生能力をアップさせる「ヒトオリゴペプチド」
*肌の弾力を保つ「コラーゲン」
*肌の引き締め効果を持つ「ビタミンC誘導体」

ただし、ビタミンC誘導体は高濃度になればなるほど刺激が強くなるので、敏感肌の人は注意が必要です。

2.年齢とともに乾燥しやすくなる肌だから…保湿成分をチェック

年齢とともに失われていくのは、肌のハリだけではありません。保湿力も少しずつ失われているのです。

保湿力が低下すると、角質層の中の細胞間にあって水分を逃がさないようにしている「セラミド」が水分不足に陥ります。すると、細胞間にすき間ができて乾燥や小じわができやすくなったり、肌のたるみの原因になったりすることがあるのです。

肌の奥はもちろん、肌表面をしっかり保湿することでキメが整いハリのある肌を実感できるようになるので、年齢肌が気になりだしたら次のような保水力を高める成分が入っている化粧品を選びましょう。

*水分を抱え込み保持する「セラミド」
*高い保水力を持つ「ヒアルロン酸」
*みずみずしい健康な肌を保つ「コラーゲン」

3.毎日つけるものだから安心なものを選ぼう!刺激物が入ってないかチェック

化粧水には、さまざまな成分が含まれていますが、すべての成分が安全だとは言い切れません。同じ成分でも、肌の質や状態によっては肌トラブルを引き起こしてしまう人もいるのです。

化粧水は、毎日使うものだからこそ安心して使いたいですよね。そこで、特に注意したいのが次の5つの成分。

*エタノール(アルコール)
*香料
*着色料
*パラベン
*鉱物油

これらの成分の中には、刺激が強すぎて肌トラブルを引き起こしたり悪化させたりするものがあるので、敏感肌の人や肌トラブルを抱えている人は避けたほうが無難です。

余談ですが、体調や体質の変化によってそれまでトラブルなく使えていた成分に刺激を感じることがあります。いつでも安心してハリ化粧水を使いたい人は、刺激となる成分が含まれていない化粧水を選ぶと安心ですね。

4.価格相場と買うべき値段をチェック

ハリ化粧水で気になる肌のハリをケアするためには、含まれている成分と同じくらい使い続けることも大切です。そのためには、無理なく続けられる金額で購入できるハリ化粧水を選びたいですね。

そこで、大手通販サイトを参考にハリ化粧水の価格帯について調べてみました。

最安値価格帯売れ筋価格帯高級価格帯
600円~1,600円1,800円~6,000円8,000円~13,000円

最安値価格帯のハリ化粧水は、お手頃価格。その価格から、十分な成分が含まれていないようなイメージもありますが、うるおい成分やエイジングケアに欠かせない成分は、しっかり含まれています。ただし、刺激物が含まれているものもあるので敏感肌の人は特に注意が必要です。

売れ筋価格帯は、うるおい成分やエイジングケアに必要な成分が含まれているのはもちろん、水や天然成分などにこだわったものが多いことが特徴です。

高級価格帯は、うるおい成分やエイジングケア成分が高密度にたっぷり含まれていることが特徴です。さらに、貴重な成分が使われているものや、同時に美白や毛穴をケアする成分が含まれているものもあります。

ハリ化粧水のおすすめメーカー・ブランド

ハリ化粧水を選ぶとき、メーカーやブランドで選ぶ人も少なくないですよね。ハリ化粧水を販売しているメーカーはたくさんありますが、中でも特に定評のあるメーカーやブランドを集めてみました。それぞれの特徴を見ていきましょう。

1.エリクシール

エリクシールは、100年以上も前から高品質な化粧品やスキンケア用品などの開発を続けている資生堂のエイジングケアブランドです。

今でこそ、肌のハリを保つにはコラーゲンが欠かせないことがわかっています。しかし、そのことがわかるずっと前から、資生堂はコラーゲンに着目して研究を続けてきました。その長さは、驚きの30年以上!

エイジングケアとしての効果はもちろん、安全性にもこだわり、納得のいく結果が得られるまで研究し続けた結果生まれたブランドなので、エイジングケアに重きをおく人におすすめです。

2.DECENCIA(ディセンシア)

DECENCIAは、ストレスによって肌荒れを起こす敏感な肌向けに作られたポーラ・オリビアグループのブランドです。

ポーラ研究所との共同作業によって、ストレスによる肌荒れのメカニズムを解明するところから開発が始まり、さまざまな実験や調査の結果、メカニズムを解明することに成功しました。

その結果生まれたスキンケア用品は、エイジングケア、美白*ケア、うるおいケアなど、コンセプトによってシリーズがわかれています。エイジングに特化した「ayanasu」シリーズは、敏感肌特有のエイジングケアに着目して作られていることが特徴です。

美白*(*メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ)

3.ファンケル

1980年、不安や不満など、世の中の「不」を解消したいという一心で、「無添加化粧品」からスタートしたファンケル。その思いは、原点であり、今後も続いていく挑戦でもあります。

そのため、ひとつひとつの意見に耳を傾け、安心安全はもちろん、満足できるスキンケア用品の研究・開発を続けているメーカーです。

今回の商品の比較ポイント

商品を比較するには、共通の比較ポイントが必要ですよね。そこで今回は、ハリ化粧水を選ぶうえで大切にしたい次の7つの項目を比較ポイントにしました。

*エイジングケア成分
*保湿成分
*無香料
*無着色
*無鉱物油
*アルコールフリー
*パラベンフリー

今、編集部がおすすめするハリ化粧水はコレ!

さまざまあるハリ化粧水の中で、自信を持っておすすめしたいのが、こちら。

敏感肌のために作られているので、誰でも安心して使えます。もちろん、アンチエイジング成分やうるおい成分もたっぷり含まれているので、毎日のハリ対策にピッタリの一品です。

DECENCIA(ディセンシア)「アヤナス ローション コンセントレート」

DECENCIA(ディセンシア)「アヤナス ローション コンセントレート」


濃密なうるおいがハリのある肌へと導く!

DECENCIA(ディセンシア)の「アヤナス ローション コンセントレート」の特徴は、「セラミドナノスフィア」です。

ナノサイズにしたヒト型セラミドをカプセル化することで、一般的なセラミドの4倍もの浸透力を実現!セラミドが角層のすみずみにまで浸透して、肌の保湿力を高めます。

また、「CVアルギネート」が含まれていることもおすすめ理由のひとつ。真皮の中の繊維芽細胞の働きを促し、コラーゲンの産生をサポートするので、肌にハリとツヤを与えます。

敏感肌のために開発された商品なだけあって、デリケートな肌の人でも安心して使えるほど肌にやさしいことも特徴のひとつ。

現代人に多いストレスによる肌荒れを防ぐために、パルマリン、ジンセンX、ビルベリー葉エキスといった成分が配合されているので、敏感肌の人でも安心して使えるのがうれしいですね。

さらに、香料や着色料が使われていないのもうれしいポイント!天然香料として、リラックス効果を持つゼラニウムやラベンダーの天然植物エキスが使われているので、スキンケアをするのが楽しみになるかもしれませんよ。

アヤナス ローション コンセントレートには、鉱物油やアルコール、パラベンなども配合されていますが、これらは、保湿や抗菌効果を高めたり、雑菌の繁殖を防いだりするために配合されているものです。

成分表の下位にあることからもわかるとおり、配合量はそれほど多くありません。敏感肌の愛用者から安心して使えるという声が多いので、心配するほどではありませんが、気になる場合には、パッチテストを行ってから使用すると安心ですね。

ハリやシワに効果の期待あり!ハリ成分配合のハリ化粧水のオススメ3選

肌のハリがなくなると、気になるのが小じわ。そんなときには、レチノールやヒトオリゴペプチドなど、ハリ成分が配合されている化粧水がおすすめです。

ハリ対策に特化したおすすめのハリ化粧水を3つ紹介します。

1.ファンケル「無添加 アクティブ コンディショニング EX 化粧液II」

ファンケル「無添加 アクティブ コンディショニング EX 化粧液II」


3つの底上げ成分がふっくらとしたハリ肌を呼び戻す!

ファンケルの「無添加 アクティブ コンディショニング EX 化粧液II」には、乱れた角層を底上げしてハリをアップさせる3つの成分が含まれています。

中でも注目したいのが、ファンケルの独自成分「アクティブセラミド」。肌自らが持つセラミドを産生する力をアップして、美容成分を肌のすみずみにまで届けるので、キメが整ったハリ肌へと導きます。

さらに、30種類ほど存在しているコラーゲンのうち、自分に足りないコラーゲン型に変化する「適応型コラーゲン」が含まれているので、効率よく肌のハリや弾力を取り戻すことができるのです。

また、防腐剤や香料などの添加物が含まれていないこともおすすめポイント!原料から無添加を貫くほど徹底しているので、安心して使い続けられるのもうれしいですね。愛用者からも少量でよくなじむ、安心して使える、しっかりうるおうなどの声が多く見られます。

2.アスタリフト「モイストローション」


独自の成分がピンッと弾む肌へと導く!

アスタリフトは、美しく年齢を重ねたい女性を応援する富士FILMのスキンケアブランド。そんなアスタリフトの「モイストローション」は、年齢や紫外線などによってダメージを受けたコラーゲンに着目して開発されました。

独自技術で組み合わせたビタミンAとアスタキサンチンをナノ化したものに、独自成分「コラーゲンペプチド」をプラスしたうるおい成分「CLリフレッシャーR」が含まれているので、肌のすみずみにまで浸透して、ハリとうるおいのある肌へと導きます。

さらに、水溶性コラーゲン、浸透性コラーゲン、ピココラーゲンの3つのコラーゲンが含まれているので、保湿力も言うことなし!しっとりなのにベタつかず、なじみやすい使用感もおすすめポイントです。

効果の実感には個人差がありますが、実際に愛用している人の声を見ると、肌がやわらかくなった、ほうれい線が目立たなくなった、もっちりと吸いつくような肌になったといった効果を実感しているようです。

3.エリクシール「エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション W II」

情報が取得できなかったよ・・・


みずみずしく湧き上がるようなハリ肌へと導く!

エリクシールの「エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション W II」は、角質のすみずみまでしっかりとうるおいを満たす薬用化粧水。メラニンの生成を抑えて、シミやソバカスを防ぎ、ハリと透明感のある肌へと導きます。

さらに、抗炎症作用を持つm-トラネキサム酸が配合されているので、肌荒れを改善する効果も期待できます。

また、エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション Wは、

  • I:さっぱり
  • II:しっとり
  • III:とてもしっとり

と、3種類用意されているので、好みの使用感に合わせて選べることも特徴です。

実際に使っている人は、肌のうるおいを実感している人が多く、毛穴が目立たなくなった、化粧のノリが良くなったといったなどの声も見られます。

プチプラなのに高品質!プチプラハリ化粧水のオススメ3選

ハリ化粧水を使って、肌のハリを維持するには、使い続けることが大切です。そのためには、無理のない金額で購入できる価格のものを選びたいですよね。

ここでは、お手頃価格なのに、価格以上の品質を誇るプチプラのハリ化粧水を紹介します。

1.無印良品「エイジングケア化粧水・高保湿タイプ」


10種類の天然美肌成分が肌にハリとツヤを与える!

無印良品の「エイジングケア化粧水・高保湿タイプ」は、水からこだわったスキンケアシリーズのひとつ。肌にハリとツヤを与えるザクロ果実エキスや、肌を引き締めるアルニカ花エキスなど、10種類の天然美肌成分がたっぷり含まれていることが特徴です。

さらに、ヒアルロン酸やリピジュアなど5つのうるおい機能成分が含まれているので、年齢が気になる肌にハリとうるおいを与えます。

香料やアルコールなど、肌に刺激を与えやすい成分が含まれていないこともうれしいポイント。プチプラとは思えない品質の高さから、長年愛用している人も多いようです。

2.菊正宗「日本酒の化粧水 高保湿」


1升ビン1本分のアミノ酸を凝縮!

かつて、基礎化粧品がなかった時代から、化粧水代わりとして使われてきた日本酒。そんな知恵から生まれたのが、菊正宗の「日本酒の化粧水 高保湿」です。

最大の特徴は、1升ビン1本分(1,800mL)のアミノ酸が含まれていること。アミノ酸は、コラーゲンを作る主成分で、分子がとても小さいため角層にしっかり浸透して肌にハリやうるおいを与えます。

さらに、プラセンタエキスやアルブチンといった保湿成分が配合されているので、保湿力も言うことなし!かさつきが気になる部分にスーッと浸透して、しっとりもちもち肌へと導きます。

プラセンタエキスやアルブチンには美白効果もあるので、くすみ肌に悩んでいる人にもおすすめですよ。

愛用者の中には、お酒の匂いが気になるという声も見られるため、日本酒の香りが苦手な人は注意が必要ですが、プチプラなのにしっかりうるおうと愛用者の評価は高いようです。

3.肌ラボ「極潤αハリ化粧水しっとりタイプ」


ハリ肌ネットが弾むような肌へと導く!

肌ラボは、ロート製薬がヒアルロン酸と無駄をそぎ落とすことにこだわったヘルスケアブランドです。そんな肌ラボの「極潤αハリ化粧水しっとりタイプ」は、エイジングケアにこだわって開発されました。

最大の特徴は、肌のハリを形成する3Dヒアルロン酸が肌の上でうるおいネットを形成する「ハリ肌ネット」。加えて、低分子化エラスチンや低分子化コラーゲンが肌にハリや弾力を与えるので、細胞レベルからピンと弾むような肌へと導きます。

さらに、マカデミアナッツ油誘導体や豆乳発酵液など、年齢とともに低下する保水機能をカバーする成分も含まれているのでうるおいケアにもピッタリです。

30代・40代向け!アンチエイジングなハリ化粧水のオススメ3選

30代から40代は、シミやたるみ、ほうれい線などのエイジングサインが気になり始める年齢。肌のちょっとした変化に気づいたら、手遅れになる前に年齢を重ねた肌へのケアを始めましょう。

年齢を重ねた肌へのケアの基本は保湿。適切な水分を与え、しっかりと保持できる化粧水がおすすめです。

1.ビーグレン「QuSomeローション」

情報が取得できなかったよ・・・


理想の肌水分量を17時間も維持し続ける!

ビーグレンの「QuSomeローション」の特徴は、肌細胞の再生能力を高める「EDP3」や肌をなめらかにする「ホメオシールド」など、厳選された4つの成分が、最適なバランスで配合された超極小の複合成分「QuSomeアクティベートコンプレックス」。

美容液のような濃厚な成分が、角層の奥に17時間もとどまり続けて、理想の肌水分量をキープし続けるので、角層のコンディションが整います。

同時に、肌に浸透した成分が、さまざまなエイジングサインに直接はたらきかけ、ハリやうるおいのあるなめらか肌へと導きます。

実際に使っている人からも、長時間肌がうるおっている、さらっとしているのに保湿力が高いなど、保湿力の高さを実感している声が多く見られます。

2.エトヴォス「バイタライジングローション」


アルガン幹細胞エキス+ヒト型セラミドが肌にハリを与える!

エトヴォスの「バイタライジングローション」に含まれるアルガン幹細胞エキスは、肌を引き締めたり、肌のキメを整えたりするはたらきがあるので、エイジングサインが出ている肌に、弾力のあるみずみずしいハリを与えます。

また、5種類のヒト型セラミドが配合されているので、保湿力もバッチリ!人の肌のセラミドと同じラメラ構造なので、効率よく肌のコンディションを整えて、うるおいをしっかり守ります。

パラベンや鉱物油などを使用していないので、低刺激。敏感肌の人でも安心して使えるのもおすすめポイントです。

実際に愛用している人の声を見ると、肌の内部からうるおいを感じる、毛穴が気にならなくなったなどの声が多く見られます。

3.米肌(MAIHADA)「活潤リフト化粧水」


厳選した10種類の美容成分が若々しい肌へと導く!

米肌(MAIHADA)の「活潤リフト化粧水」には、米ぬか・大豆発酵液や発酵ヒアルロン酸など、5種類のエイジングケア成分に加え、ライスパワーNo.11やショウブ根エキスなど、5種類の保湿成分が惜しみなく配合されています。

厳選された10種類もの美容成分が、溶け込むように角層へ浸透して、キメのひとつひとつをうるおいで満たし、肌表面をうるおいヴェールで包み込むので、つけた瞬間から弾力のあるハリを実感できることが特徴です。

愛用者の声を見ると、翌朝の肌がほどよくしっとりしている、乾燥が気にならなくなった、肌の水分量がアップしたなど、肌のうるおいを実感している声が多く見られます。

ハリ化粧水を購入時の気になる疑問・質問

せっかくハリ化粧水を試すのですから、買ってから後悔したくないですよね。最後に、ハリ化粧水を購入するときによくある疑問を解決しておきましょう。

Q1:高い化粧水と安い化粧水は何が違うの?

成分の配合量や肌への浸透力に大きな違いがあることがあります。

まったく同じ成分を配合しているハリ化粧水でも、高いものは含有量が多く、安いものは含有量が少ない。高いものは肌の真皮層まで浸透するのに、安いものは肌表面の表皮層までしか浸透しないというような違いが見られます。

もちろん、高ければ高いほど良いというわけではありませんが、高価なハリ化粧水ほど独自成分や独自技術・独自製法などが使われていて、成分の含有量が多いことが特徴です。

Q2:ハリUPのために化粧水パックをするのは効果あり?

結論から言えば、やり方によります。

ハリ化粧水を使うと、最大限の効果を期待したいと思いますよね。そのために、化粧水パックをする人もいますが、やり方によっては逆効果…。

化粧水に含まれている成分の分子が大きかったり、保湿力が弱かったりする場合には化粧水パックの意味がありません。

また、化粧水はつければつけるほど高い効果が期待できると思っている人もいますが、これもNG!肌に取り込める水分量には限りがあるだけでなく、長時間パックすることで水分が蒸発して肌の乾燥を引き起こすこともあるので、長時間の化粧水パックも厳禁です。

化粧水パックをするときには、長くても2~3分。週に1~2回が目安です。化粧水パックにより肌が柔らかくなった状態は、刺激を受けやすい状態でもあるのでパックが終わったら乳液やクリームなどで肌を保護することもお忘れなく。

まとめ

年齢を重ねるごとに気になる肌のハリ。若いころのような肌を取り戻すべく、ハリ化粧水を使っている人やこれからハリ化粧水を試そうと思っている人も少なくないですよね。

でも、ハリ化粧水と謳われていれば、どれも同じ効果が得られるわけではありません。製品によっては、エイジングケアに必要な成分がほとんど含まれていなかったり、肌に刺激を与えやすい成分が使われていたりするものもあるのです。

効率よく効果的にハリを取り戻すためにも、エイジングケア成分やうるおいを守る保湿成分がしっかり含まれているものを選びたいですね。

今回紹介したハリ化粧水は、ハリの改善に欠かせない成分をしっかり含み、愛用者の評価も高いものばかり。ぜひ、お気に入りのハリ化粧水探しに役立ててみてくださいね。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします