白ネイルのおすすめ6選!速乾性ネイルと好みの色で商品を厳選

白ネイルはどんな色とも会う万能カラーなので1本持っていると重宝します。しかしブランドによって色合いはさまざまで、特徴も違います。
この記事では白ネイルの選び方やアレンジ方法、おすすめ商品6選をご紹介します。

白ネイルは難しいと思って避けていませんか?白はどんな色とも合う万能な色なので、ネイルデザインの幅をぐっと広げてくれます。

シンプルでオフィスワークにもぴったりな白グラデーションネイルや定番のフレンチネイルも作ることができるので重宝しますよ。一本持っていて損はないネイルカラーです!白ネイルといってもさまざまな色合いがあり、ブランドによって特徴もあります。

この記事では選び方やアレンジの仕方、多くの白ネイルの中でも特におすすめの白ネイルをいくつか厳選していますので参考にしてみてくださいね。

ママアイテム編集部

白ネイルのおすすめな選び方4つ

白ネイルというと、「上級者向け」というイメージで、試したことがない人もたくさんいると思います。難しそうに見える白ネイルですが、ちょっとしたポイントを押さえるだけで、簡単に取り入れることができます。


それでは早速、白ネイルやネイル全般を選ぶ上でのポイントを説明します。

1.忙しくても安心!速乾性で選ぶ

セルフネイルをする場合に、一番大切といっても良いポイントは「速乾性」。マニキュアを塗って完全に乾くまでは、日常の作業がほとんどできなくなるので、乾燥の時間をいかに短くするかが重要です。


子育ての合間のちょっとした時間や、仕事から帰ってきて寝るまでに少しだけ時間がある時にネイルをしたいと思ったとします。もし、乾くのに数時間もかかるとしたら、どうでしょう?


なかなか何もしない時間を数時間取るのは難しいでしょう。完全に乾ききっていない状態で、もしネイルに触れてしまったら、修正も難しくネイルを落としていちからやり直すしかなくなってしまいます。


しかし、忙しい人はやり直す暇など残っていないはずです。速乾性のネイルなら、そんな問題もカバーできます。少し待つだけできれいに乾いてくれるので、ちょっとした時間に気軽にセルフネイルをすることができます。

2.爪もお肌と同じ!美容成分入りで選ぶ

ほとんどの人は、毎日顔にお化粧水、美容液、クリームなどをつけて念入りにお手入れしていますよね。しかし、爪のお手入れをしっかりする人は少ないのではないでしょうか?


爪も肌と同じように、栄養分が必要です。栄養不足になると爪は乾燥し、二枚爪になってしまうことや割れることもあります。


そのため、マニキュアも美容成分が含まれているものを選びましょう。例えば、良質のオリーブオイルやホホバオイルが含まれている商品があります。

3.一塗りで簡単!塗りやすさで選ぶ

塗りやすさは速乾性の次に大事なネイル選定ポイントです。塗りやすいネイルであれば、1〜3回筆を滑らせるだけできれいにネイルを塗ることができます。


失敗がないということは、時間を節約できることになるので、「塗りやすい」というポイントは忙しい現代人には必須です。


とくにワンカラーネイルは、塗り方の上手下手がわかりやすいデザインですが、塗りやすいネイルならダマにもならず、初心者でもきれいにネイルを仕上げることができます。

4.デザインもしたい!白系カラーで選ぶ

白ネイルというと、真っ白のネイルを想像する人が多いですが、ひとくちに白ネイルと言ってもさまざまな「白具合」があります。黄みがかった白、青みがかった白、ベージュよりの白、ピンクよりの白などです。


それらを組み合わせれば単調にならず、おしゃれなデザインやオフィスワークにも馴染むデザインを作ることができます。


また、自分が持っているネイルカラーに合う色味の白ネイルを選ぶことで、今あるネイルを無駄にすることなく白ネイルを楽しむことができます。

白ネイルのおすすめメーカー・ブランド

白ネイルを買うのにおすすめのブランドを3つ紹介します。どのブランドのネイルも使いやすいですが、ブランドごとに微妙に違いがあったり、成分にこだわりがあるので、好みによって選び分けてみてください。

1.O・P・I(オーピーアイ)

マニキュア、ネイルといえば、「O・P・I」といって良いほど、世界中で愛されている有名ブランドです。白以外にもカラーが豊富で選びきれないほどです。


数百円のネイルを使用した後に、「O・P・I」を使用すると、塗りやすさの違いに驚くでしょう。塗り心地はなめらかでひっかかりがなく、一度塗りでもある程度の色味がでます。


乾きも早く、重ね塗りをしたい時にも、一度塗りが終わったあとにすぐ2度目を開始することができます。


さらに、ネイルの持ちもとても良いので、何日かに一度トップコートを塗るだけで、長くて数週間ネイルをきれいに維持することができます。


ネイルサロンでマニキュアを使用する際も「O・P・I」がよく使用されており、プロも認める高品質のネイルです。

2.ZOYA(ゾーヤ)

ZOYAは、ロシアのクラシックピアニストであったゾーヤ・レイシスと優秀な科学者であったマイケル・レイシス夫妻が作ったブランド。レイシス夫妻の「すべての女性が健康で幸せであるように」という願いから始まりました。


その理念のとおり、ZOYAのネイルは「体に優しい」ということに力を入れています。トルエン、ホルマリン、DBP(フタル酸ジブチル)、カンフルなど人体に有害とされる成分は取り除いて作られており、数々の賞を受賞しています。


また、ZOYAのネイルは爪の動きにフィットするので、ひび割れたり欠けたりしづらく長持ちします。速乾性もあるので、忙しいママにもおすすめのネイルです。


色も400色以上という豊富なカラーバリエーション。白ネイルだけも多くの種類があるので、きっと好みの白ネイルが見つかりますよ。

3.アディクション

アディクションは、クリエイティブ・ディレクターである「AYAKO」さんのこだわりであるスキンケアの発想で生まれたネイルブランド。


AYAKOさんは、ニューヨークを拠点に、海外ファッション誌や大手ブランドの広告に携わるメイクアップアーティストです。


色は47色と多くはありませんが、メイクアップアーティストならではの微妙な色合いに虜になる人が多くいます。


成分には、オーガニックオリーブオイル、オーガニックホホバオイル、オーガニックセサミオイルという3種類のオイルを配合しており、ネイルをすることで起こる乾燥から爪を守ります。

今回の商品の比較ポイント

白ネイルを選ぶ上で、ポイントにしたのは、以下の3つの点です。速乾性と美容成分が入っていることは必須ですが、パールやラメ入りは好みで選びましょう。
*速乾性
*美容成分
*パールorラメ入り

今、編集部がおすすめする白ネイルはコレ!

おすすめの白ネイルはたくさんありますが、その中でもイチオシの白ネイルを紹介します。白ネイル上級者にも初心者にも、おすすめの商品です!

O・P・I「NL L00」

マットでピュアな白ネイル

白ネイルといえば、「マットで混じり気のない白!」。この商品の「Alpine Snow」という名前のとおり、雪のようなきれいな白です。


真っ白なワンカラーネイルには抵抗があるという人は、まず「フレンチネイル」を試してみましょう。マットな白のフレンチネイルは誰にでも似合い、手をきれいに見せる定番のネイルデザインです。2度塗りでマットな質感と白色がきれいにでます。


また、マットな白はさまざまなネイルデザインと相性が良いため、とても重宝します。一本持っていて損はない万能な白ネイルです。

ネイルデザインは白ゴールド・金!白ネイルのおすすめ4選

OPI以外にもおすすめな白ネイルはたくさんあります。ここでは、ネイルデザインもしやすい4つの白ネイルを紹介します。

1.アディクション「ミルクホール 081SS」

爪のケアをしながらカラーも楽しめる

アディクションは、美容オイルがたっぷり含まれているため、爪のケアをしながらネイルもできる商品です。


ミルクホールの色は黄味がかったアイボリー系。ミルクのような優しい風合いは、主張しすぎることがなく、シアーな白ネイルを楽しむことができます。


淡い色あいがミルクホールの良いところなのですが、色ははっきりでません。はっきり色を出したければ2-3度色を重ねて塗る必要があります。


もし、はっきりした白が良ければ、同じアディクションの「MILKBREAK(ミルクブレイク)」がおすすめです。こちらもシアー系なのですが、ミルクホールより発色が良い色になります。


2度塗りで白をしっかり強調できますが、マット系ではないので、透明感はあってみずみずしい雰囲気のネイルが作れます。

2.エッシー「ネイル ポリッシュ 10」

情報が取得できなかったよ・・・

カラーをしながらうるおいもプラスするネイル

エッシーは、ネイルカラーをしながら、ケアも同時にできる優れもの。カメリアエキスやコラーゲンなどの美容成分が含まれているため、爪の傷みにも優しく働きかけてくれます。


爪が弱い人や爪が傷むのが気になる人にもおすすめのネイルブランドです。


「ネイルポリッシュ10」は、雪のようなピュアな白。定番のフレンチネイルもこれを使えば、よりきれいに見えます。

3.ZOYA「スノーホワイト ZP114」

情報が取得できなかったよ・・・

人体に有害なものが含まれていないネイル

ZOYAは、体に優しいネイルを作り続けている世界的ネイルブランドです。特筆すべき美容成分は含まれていませんが、素晴らしいのは、「人体に有害なものが含まれていない」ということ。


いくら美容成分が含まれていても、同時に爪や体に悪いものを取り込むのは避けたいところです。有害なものを取り込まなければ体は自然と美しくなるもの。アレルギー体質や肌や爪が弱い人も試してみる価値のあるネイルです。


スノーホワイトZP114は、その名の通り雪のように純粋な白色です。ただ、マットな白ではないので、重くなり過ぎず透明感のある仕上がりになります。

4.シャネル「548 ヴェルニ ロング トゥニュ」

情報が取得できなかったよ・・・

発色が良くて使いやすい!

言わずと知れた有名ファッションブランド「シャネル」の白ネイルです。シャネルのネイルは、発色がとても良く、時間が経った後も塗りたてのようなツヤと輝きが持続します。


ロングラスティングタイプで、持ちが非常に良いので、何度も塗り替えて爪を痛めることもありません。また、爪に負担がかかりにくい処方にしてあり、保湿の効果もあるので、爪を健康的に保つことができます。


シャネルのネイルはベースコート(ラ・バーズ)とトップコート(ル・ジェル・コート)との併用がおすすめです。よりネイルを長持ちさせることができます。


ヴェルニ ロング トゥニュは、ベージュよりの白で、肌とも自然に馴染む色合いです。普段のオフィスでも浮くことなくつけていくことができます。


主張し過ぎないカラーなので、この色をベースにしていろいろなネイルデザインに挑戦してみましょう。

セルフで白ラメグラデーションもできる!白に合うラメのおすすめ

グラデーションというと、プロの技と思うかもしれませんが、ネイルの種類を選べば以外と簡単にできてしまうものです。


どんな種類かといえば、「ラメが入っているネイル」です。ラメのキラキラで、多少のズレはごまかせ、誰でもきれいにグラデーションネイルを作ることができます。


それでは早速、白ネイルに合うラメ入りネイルを紹介していきます。

ZOYA「アマル イーサ ZP662」

情報が取得できなかったよ・・・

ゴージャスなゴールドラメ

ZOYAは400種類以上のカラーを取りそろえていて、目移りしますが、白ネイルに合うラメネイルはやっぱり「ゴールドラメ」です。


アマル イーサZP662は、大きすぎず小さ過ぎないラメで鮮やかなゴールドカラーです。白だけでは少しさみしい爪も、一気にゴージャスになります。


このネイルだけだと、ゴージャスになりすぎるので、白と合わせてみましょう。

白ネイルを購入時の気になる疑問・質問

白ネイルを買ったことのない人は、白ネイルに関する疑問もあると思います。ここでは、多くの人が疑問に思っている質問について答えます。

Q1:白グラデネイルのやり方は?

フレンチネイルと同様にシンプルで上品なデザインと人気がある「白グラデネイル」。作るのは難しそうにみえますが、実は自分でも簡単に作れます。


まずは、一番基本となる白グラデの作り方を説明し、その他2種類の白グラデの作り方を説明します。

白グラデの作り方1

  1. ベースコートを塗る

  2. クリアカラーのネイルを塗る

  3. クリアネイルがある程度乾いたら、グラデーションを作る幅を決め、そこから爪先まで白ネイルを薄く塗る。(※1)

  4. 白ネイルを塗ったところの一番端を少しあけ、白ネイルを重ね塗りする。

  5. 爪先まで、少しづつズラしながら白ネイルを重ねていく。好みの濃さになるまで重ね塗りをしていきましょう。

  6. 白ネイルがしっかり乾いてから、トップコートを塗って完成です。

※1だいたい爪先から半分〜3分の1あたりからはじめると良いでしょう。

これが一番基本の白グラデの作り方ですが、他にもいくつかの方法があるので、紹介します。

白グラデの作り方2

  1. ベースコートを塗る

  2. クリアカラーのネイルを塗る

  3. クリアネイルがある程度乾いたら、グラデーションを作る幅を決め、そこから爪先まで白ネイルを薄く塗る。

  4. 白ネイルが乾かないうちに白ネイルの端をクリアネイルでぼかす。ネイル筆が汚れるので、別の筆を使うのがおすすめです。

  5. 白ネイルがしっかり乾いてから、トップコートを塗って完成です。

白グラデ作り方3

  1. ベースコートを塗る

  2. クリアカラーのネイルを塗る

  3. クリアネイルがある程度乾いたら、グラデーションを作る幅を決める。

  4. 次にパレットに白ネイルを出し、少しクリアネイルを足して混ぜ合わせる。それを爪の半分くらいから爪先まで塗る。

  5. 同じ手順で白ネイルとクリアネイルをだんだん濃くなるように混ぜ合わせ、重ねて塗る。好みのグラデになるまで重ねる。

  6. 白ネイルがしっかり乾いてから、トップコートを塗って完成です。

注意点とコツ

◆1回につける白ネイルは薄くしましょう。濃くつけてしまうと調整が効かず、きれいなグラデーションができません。

◆グラデーションを作る際は、「グラデーション筆」という専用の筆を使うとよりきれいにグラデーションが作れます。

◆筆を使うのが難しいという人は、スポンジで挑戦してみましょう。白ネイルを塗った後に、クリアネイルとの境目をスポンジでポンポン叩いて、ぼかすだけです。

◆白だけのグラデで慣れたら、白以外のカラーも使用してグラデーションを作ると、ほぼ無限の組み合わせを作ることができ、より楽しめます。

まとめ

白という色はどんな色とでも合うので、無限の組み合わせを作っていくことができます。白ネイルを一本持っておくことで、ネイルデザインの幅が広がるのでおすすです。


選ぶポイントは、「速乾性」と「爪に優しいか」ということ。さらに好みによって、ラメやパールが入っているかマットかを選びましょう。


この記事では、使いやすく口コミでも評判の良い白ネイルばかりを集めていますので、白ネイルを買う際の参考にしてみてくださいね。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします