ローソファのおすすめ16選!ローソファの種類と利用可能人数で選ぶ

今人気のローソファのおすすめを厳選紹介していきます。ローソファは座面が低いので部屋全体が広く感じられることが魅力の一つです。またオットマンがなくても脚が伸ばせて...

今人気のローソファのおすすめを厳選紹介していきます。ローソファは座面が低いので部屋全体が広く感じられることが魅力の一つです。またオットマンがなくても脚が伸ばせて気持よく開放感があります。最近ではペットと一緒に過ごしやすいということで選ばれることも多いです。本記事では、どのようにして選ぶといいのか、また一人暮らしに最適、デットスペースを活かせる、お洒落など、さまざまなテーマで情報をお届けしていきます。

ママアイテム編集部

ローソファのおすすめな選び方5つ

ローソファは部屋の主役になるものなので、失敗したくはないありません。そこで、ここでは選び方の基準となるように5つのチェック項目を挙げます。

1.コーナータイプやハイバックタイプ!ローソファの種類をチェック

ローソファのカタログを見ていると、あまり馴染みのない用語が使われていますよね。これらはローソファの種類を表しています。

まずは、コーナータイプ。3人掛け以上のローソファです。部屋のコーナーを使いL字型になっています。また、座面がいくつかの部分に分かれるため、組み合わせることで幅や奥行を調整することができるタイプです。

ハイバックタイプとは、首を支えられるぐらいの背面の高さがあるタイプのことです。座り心地を重視した1人掛け、または2人掛けタイプで多く見られます。

また、ベットになるタイプのローソファもあります。一人暮らしでソファとベットの兼用として使用する、または来客用のベッドとして使うなどが可能です。

2.座り心地が変わる!ローソファの人気生地をチェック

座り心地は、中材の主流であるウレタンが良い物を使っているかがポイントになります。また、やや堅いほうが長く座っていて疲れないという人が多いです。

そして、表面の生地によっても座り心地は変わります。ファブリック(布製)は、伸縮性があり、肌触りが良いのが特徴です。ポリエステル・合成皮革は汚れにくく、お手入れは楽ですが、人肌に合わないと感じる人も多いようです。

本革は高級感もあり、座っていて満足感を感じますが、手入れを怠れないというデメリットがあります。

3.1人用?2人用?ローソファの利用可能人数をチェック

ローソファを利用する人数を想定しておくことはもちろんですが、余裕を持ったスペースという考え方もあります。例えば、1人しか使わなくても2人用を買えばごろんと寝ることができるので、昼寝などでくつろぐことができるからです。

そして、2人であっても窮屈に隣り合っているとストレスが溜まるので、3人用の場合がよいです。コーナータイプでは、将来的に拡張できるかをチェックしておくのもいいでしょう。

4.ベッドにも変身!リクライニング機能をチェック

ベッドに変身するローソファは大変便利です。6畳一間の一人暮らしではスペースが限られているので、このようなタイプを購入する人は多いですね。

この場合、リクライニング機能で簡単にベッドに変形できるかをチェックしておきましょう。ローソファによっては座面となっていたクッション部分などをはずしてベッドにするため毎日となるとやや面倒に感じる場合があるからです。

5.安い価格帯とは?価格相場と買うべき値段をチェック

1人掛け、コーナータイプなどによって値段は異なってきますが、大まかにいうと以下の価格帯に分類されます。

最安値価格帯売れ筋価格帯高級価格帯
10,000円以下50,000円~100,000円150,000円以上

最安値価格帯でも良いものはたくさんありますが、クッションがへこんだり、張地が消耗したり、耐久性が少し心配です。

売れ筋価格帯のものは、どのタイプでも競合する商品が多いので、デザインや生地など好みのものを選択することができるでしょう。

高級価格帯になると、本革のものがあったり、デザイン性に優れたりするものが多いです。しかし、ソファなのでこれぐらいの値段を出す人は多く、特に、2回目以降の買い替えでは、高級価格帯を選択する人が多いということが家具販売店の調査で明らかになっています。

ローソファのおすすめメーカー・ブランド3つ

ローソファにはどのようなメーカー・ブランドがあるのでしょうか。家具はあまり頻繁に買い替える物ではないので、お気に入りの会社がある人は少ないでしょう。そこで、ローソファの人気商品を販売している会社を紹介します。

1.ニトリ

ニトリはリーズナブルな価格が評判の会社です。そして、品揃えが豊富なことでも知られます。本記事でもニトリのローソファをいくつか紹介しました。その他にも公式オンラインショップではさまざまなタイプを扱っているので探してみましょう。

2.山善

山善は、ニトリと比較されることが多いブランドです。ニトリと同じくリーズナブルな価格が魅力と言って良いでしょう。家具全般において、耐久性が高いということが評価されていることが多いです。在庫状況にもよりますが、発送が早いことでも定評があります。

3.DORIS(ドリス)

DORISは、顧客からの要望を反映させたお洒落な製品づくりが魅力です。また、DORISのカタログでは、例えばローソファでは「セミダブルベットより大きい」「救世主降臨で幸せ独占中」のように分かりやすいキャッチ・コピーがあるので、楽しみながら製品を探すことができるでしょう。

今回の商品の比較ポイント

ローソファの基本情報としては、以下の項目を挙げます。なお、コーナータイプの場合、サイズがぴったりでなくても組み合わせを変えられる場合もあるので、チェックして見ましょう。
*サイズ
*重量
*素材
*人数

今、編集部がおすすめするローソファはコレ!

今、編集部がおすすめするローソファは「Rimo」です。大手ネットショッピングサイトでも扱われており、常に高い人気を維持しています。

Affilate「Rimo」


座り心地、お手入れ、組み合わせ自由と三拍子揃ったローソファ

本商品の魅力はまず座り心地。ウレタンとSバネとウェービングベルトという三層構造が、いつまでも座っていたい心地良い反発力を作り出しています。

そして、ハイバックタイプなので長時間座っていても疲れません。自然に脚を投げ出すことができるのがローソファの良いところですが、ハイバックに頭をゆだねればよりリラックスすることができるでしょう。

また、組み合わせに自由があるのが「Rimo」の良いところ。サイズは代表的な組み合わせで記述しています。レイアウトを組み替えることで、部屋にぴったりなローソファとすることができるでしょう。

また、背もたれを倒すことでドリンクホルダー付のテーブルにすることができる工夫も好評です。もし、飲み物をこぼしても安心です。水や汚れに強い合成皮革を使用しています。肌触りも上質で、なめらかなので快適にすごせることでしょう。

カラーは、アイボリー、ブラック、ダークの3色。いずれも落ち着いた色なので、どんなインテリアにも合わせやすいです。冬は、こたつと組み合わせることも考慮されているのが嬉しいところ。ローソファの決定版として定番の製品を検討してみてはいかがですか。

一人暮らしでも使える!小さめサイズのローソファおすすめ3選

部屋を狭く感じさせないローソファは、一部屋が多い一人暮らしにもぴったりです。座椅子ではちょっと座り心地がという人は、ローソファを探してみてはいかがですか。

1.ニトリ「Nゲート ファブリックBE」

こたつ用としても使える落ち着くローソファ

ニトリの1人掛けローソファです。座面の高さはこたつ用としても使えるようになっています。

耐久性のあるS字バネを採用しているので、長期間使っていても凹んでくることがありません。肘掛が片方だけというのもユニークです。座り方をいろいろ変えながらゆったりできるのもローチェアならではのリラックス方法です。

張地は温かみのあるファブリック。汚れた場合には中性洗剤を付けて拭くこともできます。その場合、最後に水をよくしぼった布で洗剤を拭き取っておきましょう。

2.山善「ポケットコイルフロアソファ FFS-100(DBR)」

ポケットコイルフロアソファ FFS-100(DBR)


ポケットコイルで座り心地抜群

ポケットコイルとは、らせん状にまいたコイルスプリングを一つずつ円筒形のポケットに入れたもののことです。コイルスプリングに比べて倍程度のバネの数となるので、体をしっかりと支えてくれるとともに耐久性もあります。

そんなポケットコイルを贅沢に使ったのが、この「ポケットコイルフロアソファ」です。ゆったりとくつろげる広さがあり、リクライニングの角度も調整できるので、テレビの視聴から読書までストレスレスに座ることができるでしょう。

見た目と違って意外に軽量なので、掃除をするときも簡単に移動することができます。

3.「SLEEple」

情報が取得できなかったよ・・・

シーンに合わせて変形できる新発想ソファ

シーンに合わせて変形することができる、新発想のローソファです。腰当付の座り心地のよいローソファ、そしてベッドへと変形することができます。さらに、ベッド使用時には真ん中を折り曲げて角度をつけることができるので、寝る前にゆったりくつろぐということもできるでしょう。

また、ローソファ、ベッドで腰の位置にくる部分に、「H.R.Rセル」と呼ばれる高反発素材を配置しているので座り心地が良いです。腰痛に不安がある人も、「SLEEple」なら安心して座ることができるでしょう。

また、「H.R.Rセル」は熱がこもらないので、夏場などに蒸れにくいのも嬉しいポイントです。

デッドスペースを有効活用!コーナータイプのローソファおすすめ5選

コーナータイプのローソファは豪華な印象があります。そして、デッドスペースになりがちなコーナーに配置できるので、部屋のスペースを無駄なく使えます。ただし、窓の位置などに重ならないように事前に置き場所のサイズを確認しておきましょう。

1.ニトリ「ローソファ3点セット(ノーザン2 BE)」

ローソファ3点セット(ノーザン2 BE)

デッドスペースを上手に使えるローソファ

シンプルなデザインなので、どの部屋のインテリアにもマッチします。組み合わせ自由なところもおすすめポイントです。また、連結部はしっかり固定することができるのでずれにくいように配慮されています。

ポケットコイルスプリングが採用されていることに加え、腰部のサポートがしっかりしており座り心地が良いところも好評です。家族全員でゆっくりくつろぐことができるでしょう。また、段差が苦しくなってきた愛犬がいる場合などにもおすすめできるローソファです。

デットスペースになりやすいコーナーを使って配置できるので、部屋が広く感じられるのも、このようなコーナータイプのローソファのメリットです。

2.DORIS「コロン NEWブラック」


ロングセラーが証明している使い勝手の良さ!

ローソファのなかでロングセラーを記録している商品です。本商品はウレタンの密度を増すことにより、背もたれや座面の沈み込みを改善したリニューアル版です。がっしりした背もたれのため、型崩れしにくいです。

また、ローソファは小さな子供が上に登ったり、走り回ってぶつかってしまいがちなものです。本商品は金属部品を使っていないので、この点でも安心して置くことができるでしょう。

L字のコーナータイプとしてだけでなく、ソファを1人ずつ離して置いたり、一列に並べたりとレイアウトフリーなのもおすすめポイント。来客時など簡単に配置を変えることができます。また、気軽に模様替えを楽しむこともできるでしょう。

ハイバックではないので、部屋が非常に広く感じられるのもおすすめポイントです。

3.「IORI」

情報が取得できなかったよ・・・


コーナータイプでリクライニング調整できるのは魅力的!

楽天の、家具インテリアジャンルにおいてランキング1位を獲得した非常に人気が高いローソファがこの「IORI」。3分割できるので、レフトタイプ、ライトタイプのどちらでも対応可能です。

さらにセパレートタイプにもできるので、テーブルを挟んで向かい合って話すなどとシーンによって自由にレイアウトをかえることができます。

また、このローソファがおすすめできるのは、リクライニングの角度を2種類に変えることができるというところです。このようなコーナータイプでリクライニングを変えることができるのは多くはありません。

カラーバリエーションも豊富でポップなカラーから、和室に馴染むカラーまで豊富なのも人気の秘密です。

4.「ユニゾンコーナー」

高級感と重量感があるローソファ

ローソファは日本人が続けてきた暮らしに近いので、自然にくつろぐことができます。でも、インテリアには高級感がほしいと言う場合には、「ユニゾンコーナー」をおすすめします。

ブラックやブラウンのヴィンテージレザーは、特に重量感があるのでおすすめです。天然木を使ったフレームも高級感を高めてくれます。

耐久性もあるので、ペットがいる場合でも安心です。最近では、ペットがソファから何度も飛び降りることで発症する脱臼が多いと言われます。心配に感じていた人は、ローソファを検討してみるのもひとつの方法です。

また、高級羽毛と同じ弾力があり、復元力が優れているシリコンフィルという素材をクッション部分に使っているので、座り心地がとてもいいです。シリコンフィルは空気の通り道がたくさんある素材なので通気性がいいのも嬉しいところです。

5.「Cordia 」

ハイバックで3層構造のクッションが座り心地◎

「ユニゾンコーナー」と同じく、高級感があるローソファが「Codia」です。こちらはハイバックとなっていて、首までしっかりささえてくれるタイプです。そして、肘かけがついているのでリラックスしやすいでしょう。

また、ソファの背を折りたたむと簡易テーブルになるのも使い勝手がいいところです。ドリンクホルダーを使ったり、コーヒーを飲んだり、ノートパソコンで作業を行ったり、使い道はいろいろあります。

PVCレザーなので、お手入れが楽なところもおすすめです。PVCレザーは小さなお子さんがいたり、ペットがいる場合などにもぴったりと言えるでしょう。

また、耐久性に考慮して、チップウレタン、ハードフォームウレタン、ソフトフォームウレタンの3層構造になっているので、長期間使ってもへたりにくい品質を確保しています。

部屋のインテリアにも!おしゃれなハイバックタイプのローソファおすすめ3選

とても居心地のよいローソファですが、インテリアにもこだわりたいものです。また、首までサポートしてくれるハイバックタイプを探しているならこちらをご覧ください。

1.「CROISSANT」

モコモコでキュート

1人で座るにはちょうどいい大きさです。コンパクトで圧迫感がありません。「CROISSANT」は少し発音しにくいですが、英語でクロワッサンのこと。クロワッサンのようにモコモコした張地は肌触りがよく、形状もキュートです。

カラーバリエーションも5色展開なので、好みの色がきっと見つかることでしょう。1人暮らしの部屋ではどうしてもソファが場所を取ってしまいます。そんなときにぴったりなのが本商品です。

口コミを見ると、キュートな外見や色が好評な他、何年使ってもへたれない、座り心地が変わらないと耐久性についても評価が高い商品となっています。

2.ニトリ「Nシールドノーザン BK」

Nシールドノーザン BK

シンプルで高品質

とてもシンプルなローソファなので、どんな部屋にも合わせることができるでしょう。Nシールドはニトリのローソファを代表するシリーズなので、座り心地や耐久性に定評があるので安心です。

腰部分はクッションを厚くするなど、細かい工夫があるので座り心地が良いです。またニトリの製品はポケットコイルの仕様が多いので、しっかりと支えられ、へたりにくという特徴ももっています。

水拭きができる合成皮革の張地なので、掃除も楽です。ニトリの店舗や公式オンラインショップで購入できますが、楽天などのオンラインショッピングでも扱っているので手軽に購入することができるでしょう。

3.「CARTER」

ノスタルジックなローソファ

ノスタルジックな装いで、大人の雰囲気を感じさせる魅力があるのがこの「CARTER」です。独特の色合いのカラーがラインナップしているので、画像を見ると欲しくなる人も多いのではないでしょうか。

2人以上で座ることもいいですが、シンプルなデザインとローソファならではの解放感があるので、一人用のソファとして購入するのもおすすめです。昼寝をしたり、ゆったりと足を延ばしてくつろぐことができるでしょう。

北欧テイストのシンプルなローテーブルなどと合わせて、温かみがあるインテリアにしてみてはいかがでしょうか。

ふたりでゆっくり過ごせる!ふたりがけのローソファおすすめ3選

ローソファは、部屋を広く見せてくれるのが魅力のひとつ。でも、座っていると視線が低くなり、部屋を広く感じて解放感を感じさせてくれるのと言い換えることもできます。ゆったり、ほっこり二人掛けのローソファで幸せな時間を感じましょう。

1.ニトリ「Nシールドノーザン BK」

Nシールドノーザン BK

ニトリオリジナルの合成皮革

シンプルなデザインなので、場所を選びません。シンプルに徹しているせいか、クッションの耐久性、座り心地、合成皮革など、同じ価格の他のメーカーよりワンランク上の構造、素材が採用されていることが分かります。

「Nシールド」は、実はニトリオリジナルの合成皮革のこと。公的機関の試験において、7年間の試用期間に相当する耐久試験に合格した優れものです。その優れた点の一つが傷が付きにくいこと。

このため、ふたりもいいですが、例えば猫が一匹家族になってもおすすめなのが本商品なのです。

2.DORIS「バーニーズ NEWブラック」

ローソファに少ないボリューミータイプ

ローソファはボリューム感を持つものが少ないです。部屋を広く見せて、座布団のように硬めのクッションを好む人が多いせいでしょう。しかし、ボリューム感を全面に出した商品がこの「バーニーズNEWブラック」です。

ローソファにもこもこ感を求める人には、特におすすめです。濃縮ウレタンをこれでもかと詰め込んだ厚さ20cmの極厚ボリュームが特徴の商品となっています。どこもかしこもボリューミーなので、普通に座ったり、うつ伏せになっても、どんな姿勢も優しく支えてくれるでしょう。

また、5箇所14段階のリクライニングが秀逸。女性でも楽々のトランスフォームで、読書から熟睡モードまでサポートします。

3.DORIS「ユニゾン 2人掛け ブラウン」

お洒落な純日本自認にオススメ!

DORISのローソファはいくつか紹介してきましたが、こちらの商品も本革のようなヴィンテージ感がある風合いと、天然木が魅力です。高級感はあるものの、押しつけがましい印象がなく、優しい印象となるようにバランスが考えられています。

お洒落なインテリアは譲れないけど、やはり日本人の落ち着く目線をキープしたい人にうってつけのローソファです。

また、座面が広めにとってあるのもおすすめです。ローチェアはどうしたって胡坐になってしまうもの。そんな時にしっかりお尻をサポートしてくれる広い座面は座り心地がいいです。

こたつに合うローソファのオススメ2選

日本人はこたつに限ると言う人は多いです。でも、腰が痛くなるのですぐに床にゴロリ。目が覚めてみると体の節々が痛い、そんな人もいるでしょう。ローソファがその救世主になってくれるかもしれません。

1.「SHALLOW」

二度とこたつから出れなくなるかも?なローソファ

背もたれを変形させてリクライニングさせることができるので、こたつ特有の至福のうたた寝ができます。まさに、日本人に愛されるローソファといえるのが、この「SHALLOW」です。

「SHALLOW」は、座面の高さがわずか7.5cmしかないので、こたつや、ローテーブルにぴったりです。また堅めの座面なので、ソファのように柔らかいく沈み込むタイプが苦手で、どちらかというと座布団のような座り心地が好きという人にもおすすめです。

カラーバリエーションが豊富なのもおすすめポイントです。どれも落ち着きがある色合いですが、さらりとした肌触りが特徴の均一糸で編んだプレーンタイプ、太さの違う糸で織りあげた独特の風合いがあるミックスタイプが選べます。

2.「こたつに合わせるフロアコーナーソファ」

小さなお子さんがいるご家庭に最適!

こたつに合わせるローソファでは、ハイバックタイプほどのサポートを求めないものの、腰の部分をしっかりサポートしてくれないとやはり長時間座っていると辛くなってきてしまいます。

本商品、は硬質ウレタンとチップウレタンの組み合わせで、腰の部分をしっかりサポートしてくれるので、こたつ生活を快適に楽しむことができるでしょう。

また、衛生的な配慮がされているのが本商品の良いところです。マットと背もたれ部分は取り外しができるので掃除がしやすいです。また、マットには滑り止めがついていて、お子さんがはしゃいで暴れても床から滑らないなど、ユーザー目線の配慮が感じられます。

ローソファを購入時の気になる疑問・質問

ローソファにはどんなメリットがあるのだろう、普通のソファと何が違うの?、そんなローソファ購入時に気になる疑問を紹介します。

Q1:ローソファと普通のソファは何が違うの?ローソファのメリットは何があるの?

ローソファが普通のソファと違うメリットは、次の通りです。

*圧迫感がなく部屋を広く感じられること
*小さな子供の転落がない
*ペットが上り下りするときの負担が少ない
*オットマンがなくても足が伸ばせるなど

日本人はもともと畳で生活していたので、ソファよりもローソファのほうが落ち着くという人も多いです。こたつに対応しているローソファも多いです。冬はこたつという人は、ローソファは座り心地が良いので快適に過せます。

まとめ

ローチェアがこれほど人気があるのは当たり前ですが、意外にも日本だけのようです。畳での生活にソファという快適家具を融合させたのが、ローソファといえるでしょう。

ローソファにこたつが加われば、日本人なら誰でも落ち着いてくつろげるリビングの完成です。子供もくつろげ、ペットも喜ぶ日本ならではの、ほっこり家具なのではないでしょうか。

本記事でお気に入りのローソファを見つけたならば、ぜひ検討してみてください。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします