マスクのおすすめ11選!種類と枚数で選ぶ【2019年最新版】

おすすめのマスクや最新マスクが販売される中で、あなたはどうやってマスクを選んでいますか?風邪・インフルエンザ予防や花粉・PM2.5対策として、また女性の場合はス...

おすすめのマスクや最新マスクが販売される中で、あなたはどうやってマスクを選んでいますか?風邪・インフルエンザ予防や花粉・PM2.5対策として、また女性の場合はスッピン隠し役としてまでも、幅広い用途で大活躍してくれるマスク。とても便利なマスクですが適当に選んでいると、実際着用した時に不快な思いをすることも。今回はデザインや素材、枚数などに焦点を置きながらそれぞれのマスクの特徴を紹介していきます。コスト面でも精神的な面でもストレスを感じずマスクライフを送れるよう、自分に最適のマスク選びの参考にしてください。 

ママアイテム編集部

マスクのおすすめな選び方3つ

どれも同じように見えてしまうマスクですが、実は見た目も付け心地も全く違います。以下のポイントを確認して、自分に最も合うマスクを選びましょう!

1.マスクはフィット感が大事!サイズをチェック

マスクを選ぶ際、とても重要なのがサイズ感。せっかくマスクをしてウイルスなどの侵入を予防しているのに、間違ったサイズのマスクをつけてしまうと、マスクの効果が軽減してしまうことに!

一般的にマスクは「大きめ」(14cm以上)・「普通」(12cm~14.5cm)・「小さめ」(10.5cm~12.5cm)・「キッズ」(9cm~11cm)に分けられます。数センチの差とは言え、顔の上での数センチ差は大きな差。

しっかりとサイズを確認して、自分の顔にぴったりの大きさのマスクを選びましょう。

2.シーンによって使い分けよう!素材をチェック

ガーゼ素材と不織布の二種類あり、それぞれ特徴が異なります。ガーゼは保湿や保温効果に優れていて、日本では昔から使われてきた素材。その名の通り、ガーゼという綿素材を重ねた構造です。天然素材で肌に優しい使い心地。

従来のガーゼマスクから特殊フィルタを含むガーゼマスクへと進化したものも最近は多く見かけるようになりました。花粉対策にも適しています。一方、不織布は何種もの原料を絡み合わせることで作られたマスクです。

花粉予防、風邪やインフルエンザ対策にも効果を発揮するタイプ。値段も安いために最近ではこちらのマスクが普及していますが、子供には柔らかいガーゼマスクが定評があるようです。

3.息苦しくないマスクがいい!形状をチェック

主流となっているのは、平型タイプ・プリーツタイプ・立体型タイプの3種類で、メリットもデメリットもそれぞれ。ガーゼマスクは平型タイプをしています。平面的なので顔にくっつき喋りにくくなるのがデメリット。

しかし、保湿性に優れているため喉を優しく守ります。プリーツタイプは、横方向にひだが入っているデザインで、口の動きに合わせてひだも動いてくれるため、ずれにくく喋りやすい、また呼吸がしやすいのが特徴。

顔の形に沿って作られている立体型タイプは、フィット感の点で考えるとピカイチ。顔にぴったりするのに適度の空間も口元にできるので、快適な付け心地です。そのため、口紅をつけたままでも気軽に着用できます。

マスクのおすすめブランド・メーカー

自分の健康問題と密着している存在のマスクだからこそ、安心感のあるブランドのものを選びたい!信頼度の高いマスクを発売しているブランドをいくつか紹介します。

1.日本マスク

昭和33年創業の横井定株式会社のブランドのひとつで、日本のマスク界の発展と深く関わっています。マスクの使用方法の多様化に合わせ、常に最新のマスクを製造。付け心地の良さと高品質さが特徴の、定評あるマスク専門ブランドです。

2.興和

1894年繊維問屋として名古屋で創業されたブランド。繊維系商品から医薬品、また照明器具に至る商品を販売しています。機能性と快適性が追求されている三次元マスクシリーズが有名。デザインや香りにこだわった個性的なマスクも人気です。

3.大正製薬

現在、東京に本社を構える1928年に創業された製薬会社。社章のワシマークに見覚えのある人も多いはず。商品の性能や効果はもちろんのこと、消費者への思いやりに溢れた商品作りをしています。快適で高機能のマスクも人気商品のひとつ。

今回の商品の比較ポイント

マスクの効果を最大限に引き出しつつ、自分自身も快適に過ごすためには、以下のポイントをクリアしたマスクを選ぶ必要があります。マスクをつける回数が多い人は、いかにコストを削減できるかも見逃せない点。
*サイズ
*素材
*形状
*枚数

今、編集部がおすすめするマスクはコレ!

毎年、風邪や花粉の時期に大ヒットするアイテム。ヒットの秘密は、性能に優れたマスクの三層構造にあります。ウイルスやほこりなど、私たちの身近にいる天敵から高確率で健康を守ってくれる、強い味方です!

日本マスク「不織布マスク」

情報が取得できなかったよ・・・


三層構造でバクテリアや花粉を徹底遮断!

花粉阻止率、バクテリア遮断率共に99%を誇る、とても優秀なマスク。チリ・ホコリ・バクテリア・微生物・ハウスダスト・花粉・ダニ・雑菌・ペットの毛など、さまざまな種類の天敵からガードしてくれます。

その素晴らしい機能性の高さは、三層のマスク構造だからこそ成しえること。一層目から三層目まですべて、ポリプロピレンというプラスチックの一種が100%使用されてできているマスクです。

通気性が良いので呼吸もしやすい素材で、従来のマスク独特の息苦しさや圧迫感がありません。また、プリーツタイプなのでより一層快適さが増しているため、長時間着用にも向いています。

マスクをつけていてよくありがちなのが、出っ張っている鼻の部分とマスクの間に隙間ができてしまうこと。これだと本来のマスクの機能が落ちてしまいます。しかし、こちらのマスクは鼻にフィットするよう工夫が施されています。

一箱60枚入りですが、10枚ずつ包装されているため持ち歩きの際にも非常に便利。そのうえ、一度箱を開けた後でも衛生的で安心!長期保存する場合にも適しているマスクです。

家に一箱常備しておくだけで、さまざまな用途で使えるので安心感が得るれるでしょう。

大容量で売られているセット用マスク5選

マスクは家庭の常備品!と言っても多言ではないほど、私たちの生活にマスクは欠かせません。インフルエンザや風邪、花粉症予防といった健康を保護する目的から、スッピン隠しやニキビ隠しという美容的な目的でも使用可能。

そのように、日頃から登場する回数が多いマスクを、必要があるごとに購入するのは時間もコストも余分にかかります。そんな時、大容量のセットマスクを一箱でも購入して家庭に保存しておくだけで、とても重宝します。

1.白元アース「快適ガードさわやかマスク」

情報が取得できなかったよ・・・


最高の付け心地

こちらは60枚ものマスクがセットになっている大容量の商品です。たくさん販売されている「快適ガード」シリーズの中のレギュラーサイズで、一般的な成人の顔にぴったりのサイズ感。プリーツ型なので呼吸も楽チンです。

また、マスクを長時間付けているとよく感じてしまう耳の痛みの問題も、こちらのマスクでは解決されています。幅が広く、柔らかい素材の紐が使用されているため、マスクを引っ張っている耳の負担を軽減してくれるのです。

そのように付け心地が良いマスクですが、マスクとしての機能も優れています特殊な静電フィルターのおかげで、0.1μmという極小の微粒子や花粉、ウイルスから守ってくれるのですが、その防御率99%!

マスクの生地が、サラサラッとしているのもこちらのマスクの質を上げている要因のひとつ。唇や敏感な肌に触れても安心です。

コストパフォーマンスとクオリティの高い大容量のマスクセットですが、箱を開けた時に少し気になる匂いがする、と感じる人もいる様子。しかし、マスク自体からはそのような異臭はないので、大した問題ではないかもしれません。

2.小津産業「息らくらく不織布マスク」

情報が取得できなかったよ・・・


メイクが崩れにくいデザイン

ウイルスや花粉対策を快適に、かつ徹底的にしたい人にぴったりの、三層構造のマスクです。バリア機能に優れているうえ、よく見かける中国製ではなく日本製なので、安心して着用できます。

三層構造のマスクは通常苦しくなりがちなのが難点として挙げられますが、このマスクは日本製の薄型フィルターが使用されているため、呼吸を楽にすることができます。通気性が良いので眼鏡曇りにもなりにくく快適。

ノーズワイヤーが入っている点も、全体的に柔らかいマスクの付け心地をさらにアップさせています。ノーズワイヤーがないとどうしても鼻の部分が浮きやすくなりますが、そのストレスもないので気分良く使えますね。

バリア機能が高い薄いマスクとして知られていますが、もし寒さ対策として使用するなら不向き。とても薄いうえに通気性が良いので、マスクの中に外気の冷たさが伝わってしまいます。しかし、ウイルスなどの対策として使うならおすすめ!

このように、日本製の高品質なマスクがたくさん入っているのでコストパフォーマンスは抜群。コストを抑えたいけど、顔に触れるものだから日本製にこだわりたい!という人に最適の商品です。

3.ピップ「プリーツガードplus」

情報が取得できなかったよ・・・


風邪や花粉、PM2.5にも使える

年中私たちを困らせる風邪・花粉。PM2.5・ウイルスを99%カットしてくれるマスク。三段プリーツになっているので、顎のあたりまでしっかりとカバーしてくれます。立体的なマスクだからこそ感じられる、呼吸のしやすさが魅力。

低価格なマスクを着用していると、薬品のような匂いがマスクからしたり、肌にあたる部分がゴワゴワしてしまうことも。このマスクでは、そういった悩みの種を感じることがありません。

1枚ずつ個装放送されてはいないので、一度箱を開けてしまうと中へのホコリの混入などが少し気になる人もいるかも。また、外へ持って行きたい時はマスクケースを用意する必要があるでしょう。

普通サイズのマスクではあるものの、実際に着用した時の付け心地は少し大きめ。そのため、顔が小さな人が付けると少しずれてしまう可能性もありますが、締め付けられる感覚が苦手な人には最適。

4.アイリスオーヤマ「サージカルマスク SGK-60PM」

情報が取得できなかったよ・・・


長時間でも付けられるマスク

こちらは、その名の通り実際に医療現場でも使用されている本格的なマスクです。医療関係者をも納得させる三層構造の高性能なマスクで、細菌やウイルス、ほこりや花粉をブロックし私たちを守ってくれます。

普通サイズですが、少し小ぶりの付け心地なので多くの女性からも支持されています。マスクの両端に入れられているVカットのおかげで、立体的、かつ伸縮しやすくなり、最大で顎を包みこむほどのサイズです。

また、紐の部分が比較的長いために、耳が痛くなりにくいとの評価も。耳に優しそうな柔らかい紐が使用されているだけあって、耳に紐が食い込むこともなく、優れた付け心地を感じられるでしょう。

特に、化粧をしている女性や肌の敏感な人に喜ばれる理由が、フィット感があるのに肌に接触するマスクの面積が小さいこと。ファンデーションが剥げてしまったり口紅がつくことが少なく、敏感な肌にも嬉しい構造と言えます。

マスク独特の異様な臭いもないので、長時間気持ちよく着用できるアイテムです。

5.BMC 「フィットマスク」

情報が取得できなかったよ・・・


唯一無二の顔へのフィット感

「くせになるフィット感!」というキャッチフレーズに惹かれ、思わず試したくなる魅力的なマスク。顔の凹凸に合うように施されたガードステッチ加工のおかげで、マスクもとても立体的な構造に仕上がり、フィット感は抜群。

いくらマスクのフィルターや構造が頑丈であっても、顔とマスクの間に隙間があると効果が激減することに。そのような理由で、マスクを選ぶ際のフィット感は非常に重要なポイントになります。

マスクをつけていると、眼鏡が曇り不快なだけでなく、視界が悪くなり危険なことも。しかし、このマスクではノーズフィッターが使われているため、そのような眼鏡の曇りのストレスからも解放されます。

また、マスクを着用して時間が経過すると、マスクの中が湿ってべとべとした嫌な感覚になることがありますが、このマスクはその悩みにも着目しています。吸水性の高い素材を採用しているため、長時間着用してもクリアな付け心地をキープ。

柔らかい平ゴムを使用しているので品質は良いのですが、紐の部分が少し短く感じ耳の裏に痛みを感じる人もいるようです。着用する前に紐を少し引っ張ってあげると、少し改善されるそうなので自分で工夫してみると良いかも。

必要分買う!10枚以下のおすすめマスクセット5選

家の中でマスクを常に着用していたり、家を出る時からすでにマスクをしている場合は問題ありませんが、外出先にマスクを持って行きたい時もありますよね。そんな時には、10枚以下の枚数ごとでセットになっているマスクがおすすめ。

外出先で必要な時にすぐマスクを取り出せるので、とても便利!マスクを持ち歩く際によく使用されているマスクケースも必要なし。箱の中でも、袋に包装されて入っているため、衛生面でも安心です。

1.興和「ガーゼマスク」

情報が取得できなかったよ・・・


敏感肌の人でも安心のマスク

低価格のマスクに比べると、明らかに厚みや頑丈さなどの違いを感じさせられる特別なマスクです。5枚入りですが、個別包装になっているため、常に清潔な状態を保っていますし、特に持ち歩くのにとても便利。

品質の高いガーゼを使用しているため、敏感肌の人にもおすすめです。肌に触れても炎症やかゆみを起こしにくい作りになっています。今まで普通のマスクを使用して肌が荒れてしまった人に、ぜひ一度試してもらいたい商品です。

肌に優しいだけではなく、保湿性に優れているため喉も同時に守ってくれるのも嬉しいポイント。風邪やインフルエンザが流行しやすい季節は乾燥している時季が多いので、喉を潤してくれる機能はとても効果があり高く評価されています。

不織布のマスクと比べると、もちろん機能性が劣ってしまうのは確かです。しかし、肌触りや保湿の点を考慮するとこちらのガーゼマスクが優勢。シーンに合わせて使い分けて使用すると良いでしょう。

2.興和「三次元高密着マスクナノ」

情報が取得できなかったよ・・・


気になるPM2.5の対策にぴったり

最近なにかと話題に上っているPM2.5対策を目的とするなら、こちらのマスクがおすすめです。ナノフィルターと帯電フィルターと呼ばれる、強力な二種類のフィルターのダブル効果でPM2.5などの微粒子をカットしてくれます。

顎の部分とマスクの両端のあたりに、サイド&アンダーブロッカーという工夫が施されている点も注目ポイント。ノーズフィッターを含む、新型4方向プロテクト構造という特殊な形をしています。

顔とマスクのフィット感を考えるうえで、そのブロッカーやフィルターが大活躍!顔のくっついて欲しくない部分には接触せず、部分的にそのブロッカーが顔の端に密着するので、菌などの侵入をしっかりと防御してくれます。

PM2.5だけでなく、花粉やウイルスにももちろん対応している機能性の高いマスクなので、年中多くの人から重宝されているアイテム。

3.3M 「ネクスケアマスク プロ仕様」

情報が取得できなかったよ・・・


花粉だけでなくウイルスや微粒子もカットする優れもの

医療現場で使用されているマスクと同様の技術を用いて開発されたプロ仕様のマスクです。そのうえ、1枚ずつ個装包装されているために一般的なマスクに比べると比較的高価ですが、その価格に見合う程高い機能性が期待できます。

医療現場で評価されている高密度フィルターが採用されているマスクで、ウイルスや花粉から99%防御してくれます。鼻の部分はぴったりとフィットするにも関わらず、口元には適度な空間ができているため非常に快適。

さらには、くもりガードシートのおかげで眼鏡をかけている人でも視界が曇らないように、しっかりと工夫されています。また、アレルギーを持っていて他のマスクが使えないけれど、このマスクなら使用できたという人もいるようです、

このマスクに関してm唯一挙げられている欠点としては、幅が広い紐を使っているものの、微妙なサイズ感の違いによって長時間使用した時に耳の痛みを感じてしまう場合もあるということです。

しかし、その点を除いては総合的に高く評価されているマスクと言えます。

4.大正製薬「パブロンマスク365」

大正製薬「パブロンマスク365」


花粉や雑菌を分解する驚きのパワー

こちらは、従来のマスクの形から進化を遂げた、最新型のマスクです。今まで慣れ親しんでいる通常のマスクに、研究の末開発された光触媒を湿布することで、マスクが空気に触れている表面にあるウイルスや花粉などを分解!

太陽光に反応するだけでなく、室内の蛍光灯にも反応して分解除去を開始してくれます。それだけでなく、気になる臭いまでもを分解除去してくれるため、いつでも心地よくマスクを着用できるというわけです。

そのような優れた機能性を持っているうえに、さらに通気性までも備わっています。従来の商品に比べて13%も通気性が上がっているため、呼吸や会話をするときでも、まるでマスクをつけていない時と同じような感覚が得られます。

また、立体的なマスク構造になっているので、口紅が落ちてしまうこともあまりありません。マスクを取った後も化粧直しがいらないので、気楽に着用できるでしょう。

5.小林製薬「のどぬ~るぬれマスク 立体タイプ」

情報が取得できなかったよ・・・


10時間もの加湿効果が大人気

マスクをする理由はさまざまですが、通常のマスクの働きに加え咽のうるおい効果を求めたい人はこのアイテムがおすすめ。マスクのフィルターに含まれる水分が呼吸と触れ合うことで水蒸気になるため、喉をしっかりと保湿してくれます。

しかも、その保湿効果は10時間継続するということは驚きです!朝出勤と同時に着用しても会社にいる時間帯は持ちますし、喉が乾燥しやすい睡眠時に着用しても朝までばっちり効果をキープ。

水分を含んだフィルターが、口元両側に採用されているからこそできる長時間の保湿効果と言えるでしょう。マスク自体は立体的な作りなので、喋る時や呼吸時の負担を感じることはあまりないと評価されています。

ただし、眼鏡をかけながらマスクをすると、眼鏡がすぐに曇ってしまうように感じる人もいる様子。その場合は、自転車や車の運転中など危険を伴う際にはマスクを外しているのが無難かもしれません。

咽の潤いは、喉の健康を守るうえでも、また全身の免疫力を低下させないためにも重要なこと。花粉やウイルス対策をしたい人だけでなく、喉をしっかり保湿して過ごしたい人にも試してもらいたいマスクです。

マスクを購入時の気になる疑問・質問

マスクを購入する前に、ふと聞きたくなってしまう質問がこちら。多くの人が感じている疑問なので、解決してしまいましょう!

Q1:コンビニで買うことができる安価なものと高価なマスクはなにが違う?

低価格なマスクでも、もちろんマスクとしてのある一定の機能を果たしています。しかし、やはり高価なマスクと比べるとなると、同等のレベルではないことは間違いありません。

マスクは花粉やPM2.5などの極小の存在から私たちを守ってくれるものですが、安価なマスクとなるとマスクの作り方が少し荒く工夫もあまり施されていないため、花粉などをカットする力が弱いです。

一方、高価なマスクは縫い目などが細かく、さらには外的異物のマスクへの侵入を防ぐ働きが付随されている場合が多いので、マスクとしての機能性は断然高価なマスクのほうが勝っています。

まとめ

誰もがお世話になったことがあるであろうマスク。私たちの生活の身近にあるものなので、改めてマスクの存在について考える機会はあまりないでしょう。さまざまなシーンで使えるマスクと言えども、種類が異なれば機能も異なります。

今までマスクを購入する際は、どれも大差ないということで適当に購入していた人も多いかもしれません。しかし、それでは自分に最適のマスクとは出会えませんし、マスクの真のパワーを発揮させてあげれていないかも。

マスクの機能性や作り、目的や枚数などをじっくり見直してみることでやっと自分が本当に求めているマスクを選ぶことができるようになるのです。しっかりとマスクを見極めて、マスクの良さを最大限に活かしてあげると良いでしょう!

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします