香水アトマイザーのおすすめ8選!持ち運びやすいサイズと機能性で選ぶ

香水のアトマイザーはどのようなものを使用していますか?どのアトマイザーも同じように見えますが、こだわりを持って作られているものは使い心地が違います。この記事では...

香水のアトマイザーはどのようなものを使用していますか?どのアトマイザーも同じように見えますが、こだわりを持って作られているものは使い心地が違います。この記事では持ち運びやすいサイズのアトマイザーを中心に、こだわりの作り方をしている商品や面白い機能がある商品を一挙公開します。また、香水アトマイザーを購入する際に押さえておくべきポイント、アトマイザーに対して多くの人が持つ疑問にも答えます。香水好きやアトマイザー好き、またおしゃれにこだわっている人は必見です!

ママアイテム編集部

香水アトマイザーのおすすめな選び方4つ

香水アトマイザーを購入するときは、以下の4つの点に注意して選びましょう。

1.持ち運びに便利!香水アトマイザーのサイズで選ぶ

香水アトマイザーを持ち運ぶ目的で購入するときは、コンパクトサイズやにミニサイズを選びましょう。たくさん入るからといって大きなものを購入すると、持ち運びに不便でだんだん使用しなくなってしまうかもしれません。例外は長期旅行に出かける時。少し大きめのアトマイザーとコンパクトの2つ持ちがおすすめです。

2.頻繁に詰替えなくても大丈夫!香水アトマイザーの容量で選ぶ

香水アトマイザーを自宅で使う場合は、大容量のものがおすすめ。小さいと何度も詰め替える必要が出てきます。ただ、小さいものでも秒速で詰め替えができる機能性を持っている商品もあるので、詰め替えが面倒な人におすすめです。

3.香水も劣化する!香水アトマイザーの素材で選ぶ

香水はボトルの素材選びが重要。大きく分けてガラスタイプとプラスチックタイプがありますが、プラスチックタイプは香水が変質しやすく、劣化が早まる可能性があります。長く良い香りを楽しみたい人にはガラスがおすすめです。

4.香りの強さに合わせて!香水アトマイザーのタイプで選ぶ

アトマイザーは、スプレータイプとロールオンタイプがあります。スプレータイプは量の調整がしにくいため、香りが強い香水を移し替える場合は、ロールオンタイプがおすすめです。

今回の商品の選定ポイント

香水アトマイザーの選定ポイントは以下の4つ。これらに注目しながら各メーカーのアトマイザーをチェックしていきましょう。

*サイズ
*容量
*素材
*タイプ

今、編集部がおすすめする香水アトマイザーはコレ!

香水のアトマイザーで一番重要なのは持ち運びやすさ。コンパクトサイズでさまざまな色から選べるので、男女問わず人気の商品を紹介します!

ShopXJ「アトマイザー」

情報が取得できなかったよ・・・

*サイズ:4.5cm×1.5cm
*容量:3ml
*素材:ガラス製
*タイプ:ロールオンタイプ

コンパクトサイズで持ち運びが便利!

先端のロールを転がして香水をつけるロールオンタイプのアトマイザー。外観はアルミですが、中はガラス製の商品です。ロールオンタイプは、スプレーのように飛び散ることもないので、周りに人がいても迷惑をかけません。また、微妙な量の調整ができるので、つけ過ぎ予防にも。また、サイズがともてコンパクトなので、化粧ポーチやポケットの中に入れても邪魔にならないところが◎。カラーバリエーションが多いので、何種類かの香水を色ごとに入れると分かりやすいですよ!色はブラックもあるので男性にもおすすめの商品です。

コレクションしたくなる!デザインがかわいい女性向け香水アトマイザー3選

香水をつけると嗅覚が刺激され気分が上がりますが、もしその香水を入れているアトマイザーがかわいくないデザインだった場合、気分が上がる前に一気に下がってしまいますよね。嗅覚の刺激同様、視覚からの刺激も女性の気分を上げる大切な要素です。

1.Gotofine「アトマイザー」

*サイズ:10.3cm×2.3cm
*容量:10ml
*素材:ガラス製
*タイプ:スプレータイプ

高級感があって上品なデザイン!

金属の容器にまるで彫ってあるかのような花柄模様が施されているおしゃれな香水アトマイザー。高級感のある質感で、魅力的な美しさです。ミニサイズなので、外出時もバックやポーチに入れて便利に持ち運ぶことができるのがポイント。スプレータイプなので1プッシュで手首などにつけることができます。もしあまり香水の匂いを強くしたくないときは、空中にスプレーしてすぐにその下を通れば、全体にうっすらと香水の香りがつき、きつすぎる匂いにならないのでおすすめです!Gotofineのアトマイザーにはセットでジョーゴとドロッパーがついています。ドロッパーは香水本体のスプレーボタンを外し、そこにセットすることで簡単に香水ボトルから香水アトマイザーへの詰め替えができるツールです。ジョーゴは、ドロッパーが使えないタイプの香水の移し替えに使えるので、どんなタイプの香水瓶でも対応できるということですね!色は、ゴールド、シルバー、ブラック、ピンク、ラベンダーの5色展開です。

2.ヒロミチ「パースメタルアトマイザー」

*サイズ:直径15mm×長さ79mm
*容量:3ml
*素材:ビン:ガラス、ポンプ:樹脂とアルミニウム、金属ケース:アルミニウム
*タイプ:スプレータイプ

丸窓から香水の残量が確認できる!

高級感がありながら軽量なアルミ素材に星や月のデザインが施してある香水アトマイザー。コンパクトなので、パーティーバックのような小さなバックにもすんなり入ります。色は月明かりがさす夜空を思わせる「ブルー」と、真っ暗な夜空を思わせる「ブラック」の2色展開。それぞれのアトマイザーに別の香りを入れて持ち歩くのも素敵です。アトマイザーの底部には「丸窓」がついているので、香水の残量を確認するのに便利。この丸窓は「実用新案登録」されているので、他の香水アトマイザーにはない仕様です!

3.ヤマダアトマイザー「グラスアトマイザー」

*サイズ:高さ76mmx外径15mm
*容量:4ml
*素材:ガラス、樹脂
*タイプ:スプレー

色や柄が豊富!こだわって作られたアトマイザー

香水容器メーカーのヤマダアトマイザーが販売している商品。ヤマダアトマイザーのポンプ(スプレー部分)は、押しやすさ、出てくる霧の細かさ、一度にたくさん香水が出過ぎないこと、など細かいところまで意識して作られています。また、香水が変質しないように本体部分にはガラスを使用。こだわりを持って作られているため、信用できるメーカーです。使い勝手が良いので、外出時だけでなく自宅でもこのアトマイザーに香水を移して使用している人もいるほど。色や柄は何十種類もありバラエティー豊かなので、どんな好みの人でもお気に入りのデザインが見つかります!

おしゃれなメンズにもおすすめ!シンプルなデザインの香水アトマイザー3選

香水アトマイザーはおしゃれな男性にも必需品。しかし、あまり派手なアトマイザーは使いにくいですよね。ここでは、男性でも違和感なく使用できるシンプルな香水アトマイザーを紹介します。

1.無印良品「アルミアトマイザー」

*サイズ:外径約17×75mm
*容量:4.8ml
*素材:ガラス、アルミ、樹脂
*タイプ:スプレータイプ

シンプルでセンスが良い!

シンプルでセンスが良い商品として定評がある「無印良品」が作った香水アトマイザーです。無印良品らしく無地シルバーのアルミを使ったすっきりとしたデザインなので、男性にもぴったり。中はガラス製になっているので、香水が変質する心配もありません。香水の移し替えに利用できるポリエチレン製のスポイトが付属しています。

2.卓仕朗「メアトマイザー」

*サイズ:高さ8.5cmx直径1.85cm/高さ10.8cmx直径3cm
*容量:6ml、20ml
*素材:アルミ、ガラス、樹脂
*タイプ:スプレータイプ

キャップが必要ないアトマイザー!

無地のアルミボディーが高級感があり、大人の男性にもおすすめの香水アトマイザー。中のガラス部分はしっかりと密閉されているため、香りを長持ちさせることができ、外側のアルミで光を遮ることにより、変質を防いでくれます。卓仕朗のアトマイザーの面白いところは20mlバージョンにはキャップがないこと。上部を半回転させることでスプレー口がでてくるので、キャップをなくす心配もないというアイデア商品です。サイズはコンパクトは6mlと大きめの20ml。6mlは普段使いに、20mlは長めの旅行に行く時におすすめです。色はシルバー、ブラック、ブルー、ピンク、オレンジの5色展開。素敵なアトマイザーにステキな香りを入れて持ち歩きませんか?

3.ShopXJ「アトマイザー」

*サイズ:10cm×2.7cm
*容量:15ml
*素材:アルミ、ガラス、樹脂
*タイプ:スプレータイプ

15mlのたっぷり容量!

シックでシンプルなデザインの香水アトマイザー。本体上部をねじるだけでスプレー部分が出てくるので、さっと香水をつけたい時やキャップを外して置く場所がない時にも便利な仕様です。カラーは、ホワイト、ゴールド、ブラック、ブルーの4色から選べます。どれも落ち着いた色合いなので、大人の男性にもぴったり。容量はたっぷりサイズの15mlなので、外出先で何回も香水をつけ直したい人や長期出張に出かける人にもおすすめな商品です。

残量がすぐわかる!機能性を兼ね備えた香水アトマイザー2選

香水をせっかくアトマイザーに入れて持ち歩いていても、「気づいたらなくなっていて使えなかった」となれば悲しいですよね。そうならないために、簡単に香水の残量をチェックできる香水アトマイザーを選びましょう!

1.Spirtan「パフュームアトマイザー」

*サイズ:高さ90×幅15mm
*容量:5ml
*素材:プラスチック製カバー、PET製ボディ
*タイプ:スプレータイプ

のぞき窓付きで香水の残量が一目で確かめられる

4色のアトマイザーがセットになった商品。4本それぞれに好きな香水を入れて、シチュエーション別に使い分けることができます。プラスチックカバーの側面には大きなのぞき窓がついているので、香水がどの程度減ったかを一目で確認することが可能。この商品のすごいところは、詰め替えにツールが必要ないところ。アトマイザーの底面に穴が空いていて、その部分にスプレーボタンを外した香水瓶のノズル部分を押し当てるだけで、素早く香水を移し替えることができます!

2.Travalo Classic(トラヴァーロ クラシック)「香水アトマイザー」

*サイズ:幅50mm×奥行き20mm×高さ150mm
*容量:5ml
*素材:アルミニウム、プラスチック
*タイプ:スプレータイプ

10秒で香水をチャージできる!

トラヴァーロクラシックは、ラグジュアリーな香水アトマイザー。アルミカバーの側面の一部にのぞき穴が開いているため、残量を簡単に確認することができます。しかもたった10秒で香水をチャージできるので、お出かけ直前に香水の残量が減っていることに気付いても問題ありません!チャージの方法はとても簡単。香水ボトルのスプレー部分のボタンを取り外し、アトマイザーの底面をノズルペグに刺してポンプするだけ。見た目だけでなく、香水のチャージもスマートにできるアトマイザーです。

香水アトマイザーを購入時の気になる疑問・質問

香水アトマイザーを購入する前に、気になる疑問は解消しておきましょう!

Q1:一度使用した香水アトマイザーを洗浄して別の香水を使っても大丈夫?

あまりおすすめしません。香水は強い香りがあるので、洗っても瓶に香りが残ります。そこに他の香水を入れると、香りが混じってしまうためです。香水は調香師が完璧なバランスで配合して出来上がった香り。そこに他の香りが混じると台無しになってしまうので気をつけましょう。

Q2:半年前に使用した香水アトマイザーに同じ香水を入れて使用しても大丈夫?

あまりおすすめしません。半年前のものは香りが飛んでしまっている可能性があります。いったんアトマイザーを空にして、アルコールをつけた綿棒やティッシュできれいに拭き取った後に新しい香水を入れるようにしましょう。

まとめ

香水ボトルは形状によっては運んでいる間に香水がこぼれてしまったり、容量が多すぎて飛行機に乗せられず没収されてしまうこともあるので、コンパクトで液漏れすることもない香水アトマイザーに移し替えておくと安心です。持ち運びがしやすいだけでなく、香水の量を調整しやすいなど使いやすさも増すので、ぜひ今回紹介した商品を使ってみてくださいね。

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします