噂の「つっぱり棒」でできる、おしゃれな模様替え

収納は増やしたいけど、生活感は出したくない。インテリアはできれば妥協せずこだわりたいですよね。
デッドスペースをおしゃれに有効活用できるアイテムとして注目されている、噂の「つっぱり棒」のご紹介です。

空間に線を描いて、思いのままに自分らしい住まいを作ることができる、つっぱり棒「DRAW A LINE」。
使われていないデッドスペースを活かしながら、おしゃれな空間を作ることができるアイテムとして今注目されているアイテムです。

リビングや寝室にあると便利なDRAW A LINEの使い方についてご紹介しましょう。

■ 噂の「つっぱり棒」でできる、おしゃれな模様替え ~リビングや寝室~

財布や時計といった貴重品の住所作りもしたいし、お客さまの上着をさっとかける場所も欲しい。
普段よく使うバッグもすっきりまとめておきたいし、着替える時にはポケットから小物たちも出しておかなくちゃ。

リビングや寝室など部屋の片隅に欲しいのは、暮らしの中で感じるちょっとしたお悩みを解決してくれるスペース。
DRAW A LINEは自由に複数のパーツを組み合わせて、スペースの大きさや用途に応じた空間を作り出すことができますよ。

<アイデア1・来客時の上着かけにも>



縦型使い専用の「DRAWALINEテンションロッドC」に「フックB」をつければ、自分の上着やストールなどをかけられるハンガー代わりに。玄関に置くほどでもないけれど、クローゼットにかけるほどでもないアイテムの、とりあえずの置き場所として活躍します。
来客時には、お客さまの上着をさっとお預かりしてかけて。こんなフックがあればお客さまに上着のシワを気にすることなくくつろいでいただけますよ。

▼ご紹介したアイテム
DRAWALINEフックB(縦専用)

<アイデア2・トレイはお財布や時計などの置き場所に>



毎日出かける時には必要なものだけど、玄関に置いておくにはちょっと心配なお財布などの貴重品たち。
そういったものは、いつだって目の届く、リビングの片隅のこんなトレイにひとまとめにして。ポケットやバッグから出してトレイにひとまとめにしておくだけで、「あ!あれ忘れた!」なんてこともなくなります。

ECサイト

アンジェ web shop

日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。 アンジェ 日々コラム

この記事のキーワード

注目記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします