子どもも楽しめる「梅シロップ」レシピ 早く仕上がる簡単テクニックも!

今年も梅仕事の季節がやってきました! そこで今回は、子どもも楽しめる「梅シロップ」レシピをご紹介。昨年仕込んだときの様子や、早く仕上がる目からウロコのテクニックもご紹介します!

「梅と保存瓶買ったから今年こそ漬けたい!」
「昨年漬けた梅酒がまだあるから今年は梅シロップに挑戦してみようかな。」

あちこちでもそんな声が聞こえる今日この頃。今年こそ、梅仕事に挑戦してみませんか?

そこで今回は、お子さまもきっと喜んでくれる梅シロップのレシピをご紹介しましょう。基本のものから、簡単テクニックまで、昨年アンジェスタッフが漬けてみた3種類の梅シロップとともにご紹介します。

■ 子どもたちも喜ぶ「梅シロップ」レシピ基本のき

焼酎や日本酒などお砂糖やお酒にこだわって漬ける梅酒もいいけれど、小さなお子さまがいるご家庭や、お酒はちょっと苦手という方におすすめしたいのは「梅シロップ」。

青梅をたっぷり使って氷砂糖だけでシンプルに作り上げる梅シロップは、爽やかな梅の香りがふんわりと漂って、夏にぴったりの美味しいジュースになりますよ。

<材料>※3L以上の瓶がおすすめです。

青梅…1キロ
氷砂糖…1キロ



【1】
なるべく傷がなく、綺麗で、大きな青梅を選んだら、洗ってアクをぬくためにたっぷりの水に1時間ほどつけておきます。
南高梅の場合は皮が薄いので、綺麗に洗うだけでOKです。

【2】
梅の水気をクロスなどでふき取り、梅のヘタを楊枝などでひとつひとつ丁寧にとっていきます。
このヘタを丁寧にとることが、雑味の少ない美味しい梅酒に仕上がるポイントなんだそう。

【3】
同時に保存瓶をアルコール消毒しておきます。
重くて大きな瓶をわざわざ煮沸消毒しなくても、この方法なら手軽に消毒できますよ。
水気はカビの原因にもなるので、しっかり拭き取ってくださいね。

▼ご紹介したアイテム
ジェームズマーティンJAMES MARTIN除菌用アルコール


【4】
保存瓶をしっかりと消毒したら、梅と氷砂糖を交互にいれていきます。
あとは蓋をして、冷暗所で保存するだけ!

梅のエキスが上がってくるのに1週間ほど。梅が常に濡れた状態になるように小まめに揺すってあげましょう。2週間〜1ヶ月ほどで美味しく飲めるようになりますよ。
2ヶ月以上保存したい場合は梅を取り除き、シロップのみ冷蔵庫で保管しましょう。1年間は美味しく頂けます。

ECサイト

アンジェ web shop

日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。 アンジェ 日々コラム

この記事のキーワード

注目記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします