寝室がミニシアターに!? 子どもも釘付けになる、絵本読み聞かせアイテム

1日の終わり、そろそろおやすみタイムだというのに、子どもは寝る気配ナシ…。そんなときは、スマホ専用プロジェクターを使って、寝室を絵本の世界にしちゃいましょう! 子どもも釘付け間違いナシですよ。

夜ごはんを食べて、お風呂に入って、さあそろそろおやすみタイム…となっても、遊びたい盛りの子どもたちは元気いっぱい。

一方パパ・ママにとっては、1日中がんばって、そろそろゆっくりしたい時間帯。
子どもたちがなかなか寝てくれないと、つい声を荒げてしまったり、イライラしたりすることもありがちです。

「おそらの絵本」は、おうちの寝室をミニシアターに変えて読み聞かせを楽しく演出する、新しい寝かしつけグッズ。昨年の発売以降、たくさんのパパ・ママたちを手助けしてきた人気者に、このたび新しいおはなしが加わりました。

なかなか寝付いてくれない元気キッズも、きっとおやすみタイムが待ちきれなくなる。その秘密と、気になる新作の内容をご紹介します。

おうちの寝室がスマホで絵本シアターに!



おそらの絵本は、スマホに装着するクリップ型のプロジェクター。そこに専用のおはなしカートリッジをさして使用します。
スマホのLEDライトを利用して絵本を投影すれば、おうちの寝室がミニシアターに大変身。



暗くした部屋で開かれるスペシャルな読み聞かせに、子どもたちの興味は釘付け。
遊んでばかりでなかなか寝ない、暗いのが苦手、そんなお子様も、これならすんなりベッドに入ってくれそうです。

<使い方はとってもシンプル>



準備するのはスマホと本体(プロジェクター)、専用のカートリッジとアプリの4つ。
専用アプリは無料でダウンロードできるので、スマホに入れておいてくださいね。
あとはアプリから絵本を選び、カートリッジをセットすれば、おはなしスタート!



スマホ画面に文章が表示されるので、カートリッジの映像を操作しながら読み聞かせを行います。
本体を装着する際、はじめはレンズの位置やピントを合わせるのに戸惑うかもしれないので、お子さまに見せる前に簡単なリハーサルをしておくと本番がスムーズですよ。

ECサイト

アンジェ web shop

日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。 アンジェ 日々コラム

この記事のキーワード

注目記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします