時間の使い方が学べる? 子どもが自分で予定を組み立てられる「やることボード」

友達と遊ぶ、ゲーム、宿題…。子どもが「やりたいこと」と「やらなければいけないこと」をうまくできるようになるには? 今回は、子どもが自分で予定を組み立てられる「やることボード」をご紹介します!


突然ですが、わが家にはかなり手強い小学一年生の男の子がいます。好奇心旺盛、遊びたい盛り。そして何より、彼はマイペース。目についた興味のあることに次から次へと手を付けて、やりたくないことはどんどん後回し。

「先に宿題した?」
「やることやってからだよ!」

そんなママの言葉も見事に交わす、スルースキルさえも身に付けてしまった次男。

さて、そんなわが家の次男坊に届いたのが、整理収納アドバイザーのEmiさん主催のOURHOME × Gakkenの「やることボード」。子どもが自分で楽しく予定を組み立てられるような工夫がたっぷり組み込まれた、お支度を助けてくれるアイテムです。

じぶんで予定をくみたてられる「やることボード」

01じぶんだけの「やることボード」をつくってみよう!

用意するものは、
・じぶんで予定をくみたてられる「やることボード」
・ホワイトボード用のマーカー

「やることボード」は、シールとホワイトボード用のマーカーだけで予定を組み立てられるから、子どもが間違えても消せて安心。変更だって、いつでもできるんです。



まず、いつの予定をつくるか考えます。

わが家の次男は、家に帰ってからの時間のやりくりが苦手。お友達と遊びたいのに、のんびりして宿題が進まない…。約束したから、宿題ができてないまま出かけて行っちゃう…。ということが、くり返し起こっていました。

まだ一年生ですもの。仕方ないですよね。ママも理解してあげたい気持ちと反面、ついつい先回りして怒ってしまい反省…。

「学校から帰ってきてからの時間を上手に使えるようになろう!」

テーマはママから提案しました。

ECサイト

アンジェ web shop

日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。 アンジェ 日々コラム

この記事のキーワード

注目記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします