鍋料理からスイーツまで! 話題の調理できる電気ケトル「ちょいなべ」を使ってみた

お料理できる電気ケトルとして話題の「ちょいなべ」、気になる家電を徹底レポ! 忙しいママがササッとご飯を用意するのにもぴったりのサイズ。おすすめメニューや使い方アレンジなど、必見です!

ちょっと自慢したくなるルックスのこの調理家電。

「あ、〇〇で見たことある」という方も多いのでは?

巷で注目度が非常に高く、アンジェでも登場後にアッと言う間に品薄状態となった、噂の人気ナベです。

本日は、この「ちょいなべ」を使ってみた!レポートをお送りします。

■ 調理できるケトル「ちょいなべ」とは?

alt

まずは、サクッと10秒で説明。

★ 調理できる、電気ケトル=1台2役。
★ 温度調整/保温/丸洗いできます。
★ 食卓に置けるスタイリッシュデザイン。

“ちょっとした飲みものも、お料理も、これでよくない?” (メーカーHPより)

なるほど。でもそれ、
「小鍋でもよくない?普通の電気ケトルとどこが違うの?」 素朴な疑問ですよね〜。

■ 普通のケトルとどこが違うの?

alt

・ 電気ケトルとの違いは?
一般的な湯沸しケトルとの違いは、底まで丸洗いできる・つまみで温度調整できる。

・ 小鍋との違いは?
保温できる(60分)・キッチンに出し置き・そのまま食卓に出せる・コンロを使わずに電気調理できる。

・ 卓上調理器との違いは?
注ぎ口があるので、スープやドリンク類に使いやすい。コンパクトなサイズ感。

そうなんです、それぞれ代用できないポイントをギュッと凝縮した技アリな家電なんです。この1台があれば、アイデア次第で用途の多さが倍々になる予感!

■ 出番の多さランキング発表

では、実際どんなメニューに使えるのか。

家で約1ヶ月使ってみて、そして(これからの季節に)どんな風に使おうかな~と、出番の多さをランキングにしてみました。

alt

第3位 麺類、雑炊。
ラーメン、うどん、リゾット、おじや、牛丼の具作り・・・、材料を入れて温度設定するだけ。洗い物はコレ1つ。(※破損の原因になるので揚げ物・炒め物はNGです。)

第2位 スープ作り、温め。
火を使わずに、汁物が作れます。水+顆粒スープ+レンチンした野菜類で、野菜不足解消スープもお手の物。シチューやカレーの温め直しもシッカリ加熱できます。

第1位 鍋料理。
これからの季節に、ピッタリ〜!種類豊富な市販の鍋の素、すき焼き風の肉豆腐、キムチ鍋、アクアパッツァなどお好みの鍋どうぞ。土鍋要らずで、ラクラク鍋料理が作れます。

ECサイト

アンジェ web shop

日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。 アンジェ 日々コラム

この記事のキーワード

注目記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします