BALMUDA(バルミューダ)のLEDランタン 味わい深い灯りが、心落ち着く時間を演出

ほっと一息つきたいとき、寝る前にゆっくり読書したいとき…、落ち着いた灯りがあると心が安らぐ気がしませんか? BALMUDA(バルミューダ)LEDランタンは、味わい深い灯りでさまざまなシーンを照らしてくれます。

「そよ風の扇風機」や「感動のトースター」で話題のBALMUDA(バルミューダ)から、LEDランタンが登場しました。

公式サイトの説明を見てみると、

「時間をたのしむLEDランタン」
「お届けしたいのは、テイスティな時間」

もうこの時点ですでに、タダモノではないことが伝わってきます。

これまでも見知ったアイテムを次々と「憧れの逸品」へと変えてきたバルミューダ。
さて今回のランタンは、一体どんな風にわたしたちを驚かせてくれるのでしょう?

暮らしのあちこちに溶け込む「小さな灯り」

暮らしの中で、メイン照明とは別に「小さな灯り」が欲しくなる場面は案外多いもの。

たとえば、

・記念日ディナーをキャンドルの灯りで演出
・夜のリラックスタイムを間接照明でムーディーに
・家族が寝静まったあとの読書は、手元だけひっそり照らして
・夜中に起きても安心の、ベッドサイドの常夜灯

これらのシーンをすべてまかなえてしまうのが、BALMUDAのランタン。

キャンドルも、間接照明も、読書灯も、常夜灯も、これひとつ。
そして何なら、もしもの時の備えにも。

普通のランタンと何が違うの?

1.本物の炎そっくりのゆらめく光
暖炉やキャンドルの炎って、ぼんやり眺めているだけで心が落ち着いてきますよね。
BALMUDAランタンがこだわったのは、そんな本物の炎。
複雑にゆらめいて、時折瞬きも交えつつ。LEDなのに温かみにあふれる光は、見飽きることがありません。

alt

2.明るさ&色を簡単調整
ダイヤルを回すだけで、ゆらめく光以外にも様々な光を生み出すことができます。

シーン1.炎のようなゆらめく光(食卓の演出に)
シーン2.暖色のナチュラルな光(ベッドサイドや常夜灯に)
シーン3.温白色の上品な光(読書灯やアウトドアに)

明るさに応じて光の色合いが変化し、微調整もラクラク。
たとえばキャンプの際、テーブルで炎の光を楽しみ、トイレへ行く時は明るく足元を照らすといった使い分けも可能です。

alt

この記事のキーワード

注目記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします