かさばる「イベントグッズの収納」どうしてる? 出し入れがラクになる収納のコツ

クリスマスやお正月飾り、家族の誕生日など、家を飾りつける機会は意外と多いもの。出し入れするのが大変だと、飾りつけもだんだん億劫に…。そこで、出し入れがラクになる収納のコツをご紹介します。

“丁寧な暮らし”。
私にとってそれは、子どもたちと季節を感じながら、暮らしを楽しむこと。

大人も子どもも毎日忙しく日常を繰り返す中、たまには家族でお散歩して、一歩立ち止まって季節を感じたり、おうちの中のいつものインテリアが冬の装いになったり。
そんなふうに、子どもたちとたくさんの行事を楽みながら一年を過ごすことを大切にしています。

そのため、持っているイベント用品はたくさん。
この時期、10月のハロウィンを終え、クリスマス、年末、お正月…とイベント尽くし。収納の出し入れがしにくいと、イベントの度におうちの中はごった返しになってしまいます。

今日は、そんな作業がちょっとラクに、楽しくなるお話。

クリスマスツリーはどう収める?

子どもが生まれたら、大きなクリスマスツリーを飾るのが憧れでした。

買った時は大きな段ボールに収まっていたツリー。
紙製ですぐにボロボロになりがちなこの箱、ずっと取っておかなきゃ…って思っていませんか?

alt

もともと入っていた箱は処分し、収めやすい収納ボックスに入れ替えるのがおすすめ。何かを購入した時は、それに合わせた収納ボックスをセットで一緒に用意するように心がけています。そうすると、そのものの定位置が必然的にスペース化され、出し入れする作業自体もラクになるから。

alt

大きなツリーには、無印の頑丈ボックスを用意しました。一度出すと、段ボールにぎゅうぎゅうに詰めても入らなかったツリーが、少し余白を持って、ゆったりと収まります。その方が、大切に思っている気持ちが現れますよね。

ツリーは大きくて重いので、リビングに近い収納に収めていますが、オーナメントなどの小物は「季節もの収納庫」に。

alt

ここを開けるのが一年に一度のお楽しみ。

小さくて上質なお正月飾り

クリスマスが終わると、同時に出すのがお正月用品。お正月用品も飾り付けはお気に入りのものを定番化させています。

alt
コンパクトな鏡餅。ニッチや玄関の棚の上など、「場所を選ばず置けるもの」という条件でえらびました。これからずっとお正月はこれを出すのが定番と考え、小さくても、少し上質なものを。

ずっと使えるお気に入りのものを選べば、毎年あれこれ買い替えなくてもいいし、お気に入りのものは、季節のイベントを大切に思って暮らしている気持ちになります。

alt

箱に入れて、他のものとぶつからないように、大切に保管。たくさんのイベントを楽しみたいからこそ、おうちの収納に合わせて一つ一つをコンパクトなものに。

買う時には、収めることも考えて。これがすっきり収めるための秘訣なのかもしれません。

ECサイト

アンジェ web shop

日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。 アンジェ 日々コラム

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします