はじめて【味噌づくり】に挑戦! 初心者がキットで作ってみた感想は…?

味噌を作ってみたいと思いながらも、なかなか重い腰が上がらない方も多いのでは? そこで材料も道具もセットになった「自宅でカンタンMISOKIT」をご紹介。初心者が実際に作ってみた感想をまとめました!

以前友人が振る舞ってくれた手作り味噌のおいしさが忘れられず、「いつかわたしも」と思い続けて、はや数年。作ってみたい気持ちはあるものの、準備や手間の大変さにしり込みして、なかなか踏み切れませんでした。

そんな時にアンジェで登場したのが、「自宅でカンタンMISOKIT」。

「材料も道具もセットになっていて、仕込み時間は最短30分?!」

ここまでお膳立てされているのなら、初心者のわたしでもなんとかなりそう。
2020年最初のチャレンジとして、味噌作り、やってみます!

MISOKITが初心者に優しい3つのワケ

自宅でカンタンMISOKITには、初めて味噌作りをする人でも作りやすく、失敗しにくい工夫がいっぱい。

一度やってみたかった!初心者がキットで挑戦、はじめての味噌作り

<その1.大豆を煮なくていい>
通常1〜2日かかる工程も、水煮大豆を使えば手間いらず。初心者にありがちなゆで加減で失敗するリスクもありません。
あ〜、これは気がラク。

一度やってみたかった!初心者がキットで挑戦、はじめての味噌作り

<その2.材料が必要な分だけ入っている>
1回使い切りの大豆、米麹、塩がセットになっているので計量不要で、材料を余らせて持て余すこともナシ。
出来上がりが約2.2kgというのも、お試しで作るにはちょうどいい量。

一度やってみたかった!初心者がキットで挑戦、はじめての味噌作り

<その3.自分で用意するのはたったこれだけ>
□4Lサイズのフタ付き容器
□飲料水200ml
□1kgほどの重石(塩袋や水入りペットボトルでOK)

作業は基本的に付属のビニール袋で行います。
使い捨ての手袋もセットされているので、手荒れが気になる方やネイルをしている方でも安心。

一度やってみたかった!初心者がキットで挑戦、はじめての味噌作り

いよいよ、味噌作りスタート!

味噌作りの工程はこの通り。

【1】下ごしらえ
【2】大豆をつぶす
【3】味噌玉を作る
【4】仕上げ


あれ?たったこれだけ?思ったより作業がシンプル。
ではさっそく始めてみます。

【1】まずは下ごしらえ
水煮大豆を軽く水洗いしてから水気をよく切ります。そして水気を切っているあいだに、塩と米麹を混ぜて「塩切り麹」の用意を。
甘い香りがフワ〜ッと漂ってきて「これが麹のニオイか!」と小さく感動。

一度やってみたかった!初心者がキットで挑戦、はじめての味噌作り

【2】大豆をつぶす
量が多いので、まずめん棒で大雑把につぶしてから、残った粒を手のひらで押し込むようにつぶしました。
無心で黙々と。緩衝材をプチプチをつぶすような感覚。

一度やってみたかった!初心者がキットで挑戦、はじめての味噌作り

最終的にはこのくらいのペースト状に。

一度やってみたかった!初心者がキットで挑戦、はじめての味噌作り

【3】味噌玉を作る
塩麹と仕込み水を数回に分けて混ぜ込み、耳たぶくらいの固さに仕上げます。

一度やってみたかった!初心者がキットで挑戦、はじめての味噌作り

できたものをおにぎりサイズに丸め、しっかり空気を抜きます。
これが噂の味噌玉かあ〜!とテンションが上がる瞬間。
周囲に飛び散りやすいのでご注意を。

一度やってみたかった!初心者がキットで挑戦、はじめての味噌作り

【4】仕上げ
詰めた味噌玉を、空気を抜くように手で押し込みます。
表面をならしてカビ防止の塩をふりかけたら、ラップをぴったり敷いて空気をシャットアウト。

一度やってみたかった!初心者がキットで挑戦、はじめての味噌作り

容器についた余分な味噌の素を拭き取り、重石(塩袋)をのせてフタをすれば完成。
このまま風通しの良い涼しい場所で約6ヵ月寝かせます。

一度やってみたかった!初心者がキットで挑戦、はじめての味噌作り

ECサイト

アンジェ web shop

日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。 アンジェ 日々コラム

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします