もっと早く買えばよかった! サンドウィッチもキレイに切れる「シャープブレッドナイフ」

スタッフ内で密かに注目されている「シャープブレッドナイフ」。パリパリバゲットもふわふわ食パンも見事に切れる優れもの。パンをはじめ、いろんな食材を試しに切ってみました!

アンジェには「世間では大きく知られていないけれど、スタッフ内で存在感をはなっている」アイテムがいくつかあります。

「シャープブレッドナイフ」も、そのひとつ。

これまでずっと、何を切るのも手持ちの包丁1本でやりくりしてきたわたしですが、自分の身近なところにユーザーがいて、

「焼き立てパンがつぶれないんだよ」
「フワフワの高級食パンもスーッと切れた!」

元よりパンが好きなわたし。そんな口コミを聞かされては、心が揺らいでしまいます。みんなの声に後押しされ、遅ればせながらわたしも使いはじめました。

普通の包丁でも、パンを切ることはできるけれど

今まで使っていたのは、よくある三徳包丁と呼ばれるもの。

ただこれでパンを切ろうとすると、バゲットのような硬いものだと刃が滑って入らない。かといって力で押し切ると、せっかくのパリパリ部分は砕け、中のフワフワもつぶれてしまいます。

柔らかいパンやサンドイッチにしたって、切る時にどうしても力が入るので、つぶれたり崩れたりすることがほとんど。

あれ?こうやって思い返してみると、包丁では全然やりくりできていない…。

シャープブレッドナイフが支持される理由とは?

このブレッドナイフのいちばんの魅力は、切りやすさ。2種類のギザギザのおかげで、硬いパンも柔らかいパンもスパッと切ることができるんです。

もっと早く使えばよかった。心地よすぎる切れ味「シャープブレッドナイフ」
▲硬いパンを切る時は大きいギザギザ、柔らかいパンを切る時は小さいギザギザが活躍。

さらに人気の理由には、こんなところも。

・巻きずしやロールケーキなど、パン以外にも使える
・キッチンに馴染むナチュラルなルックス
・確かな切れ味、だけどお財布に優しいプライス

ブレッドナイフといってもパン専用じゃなく、使えるシーンは多彩。持ち手が木なので軽くて扱いやすいのも◎です。

切れ味をチェック!いろんなパンで試してみました

はじめてのブレッドナイフ。キレイにカットするには「刃を前後に動かす」のがコツなんだとか。それを心に留めて、では、切ってみます。

<焼きたてパリッパリのバゲット>

もっと早く使えばよかった。心地よすぎる切れ味「シャープブレッドナイフ」焼きたてを狙った買ってきたバゲット。また温かさが残る状態でも、この通りスパッと切ることができました。表面のパリパリもまったく砕けていません。

<フワフワがウリの柔らか食パン>

もっと早く使えばよかった。心地よすぎる切れ味「シャープブレッドナイフ」

食パンの中でもあえて柔らかな部類のものをセレクトしてみました。
サンドイッチ用に薄めのスライスを試しましたが、押しつぶれることなく刃がスッと入っていきました。

<繊細なクロワッサン>

もっと早く使えばよかった。心地よすぎる切れ味「シャープブレッドナイフ」

多少パンくずが出たものの、見た目は十分合格レベル。今まではお店で買うしかできなかったクロワッサンサンドも、これからは家で作れます。

憧れのボリュームサンドもスパーーーッ

そして最も切れ味に感動したのが、ボリュームサンド。

もっと早く使えばよかった。心地よすぎる切れ味「シャープブレッドナイフ」

ちょっと乗せすぎ?と思うくらい具材を乗せても、

もっと早く使えばよかった。心地よすぎる切れ味「シャープブレッドナイフ」

この通り!
何のコツも工夫もいらず、あっさり切ることができたんです。
この切れ味が心地よすぎて、もう一種類作ってしまいました。

もっと早く使えばよかった。心地よすぎる切れ味「シャープブレッドナイフ」

今度は思い切って人参1本分を丸ごとのせましたが、

もっと早く使えばよかった。心地よすぎる切れ味「シャープブレッドナイフ」

やっぱり難なくクリア。
今までの苦労は何だったんだというくらい簡単に切れることにビックリ。

ECサイト

アンジェ web shop

日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。 アンジェ 日々コラム

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします