我が家の「食器戸棚のお片付け」ルール 器は眺めて愉しみたい!

本棚と同じように、食器戸棚もその人となりが現れる場所かもしれません。食器棚を眺めて愉しみたい私の「食器戸棚お片付けルール」をご紹介します。

食器棚はその人の「食」生活をあらわしているよう。
一つ一つの食材や用途に合わせて、器にこだわりを持つ人。
おもてなしが好きな人。
食器棚に並ぶ風景そのものが暮らしの愉しみである人。

毎日の「食」の軸となる食器棚なのだから、すっきりと清潔感のある場所にしたいものですね。不思議なことに食器棚を整えると、ごはんを作るのがはかどり、楽しくなります。

すっきりと整った食器棚は、見た目も清々しく、気持ちがいいもの。「食」の循環を心地よく整えてくれる場所でもあります。

食器棚を整えて、おうちごはんの時間を楽しく変えてみませんか?

まず、基本は「全部出す」

お片付けの基本は、まず全部出すことから。普段は面倒でなかなか食器を全部出すなんてやらないですよね。でもこれが一番の基本なので、ぜひやってみてほしい。全部出してキレイに拭き上げると、今までなんとなくくすんで見えていた食器棚も透き通った空気が流れるようになります。

そして、今までの先入観を取り払えるというメリットも。よく使うものを使いやすい場所に変えたり、収納の区画を整えたりするためにも、一度ゼロの状態にすることは大切なことなのです。

一からつくる食器棚はきっと今までと違う景色に蘇るはず。

alt

処分にマイルールを持つ

食器棚の中身をテーブルに全部並べていくうちに、出てくる出てくる、要らないモノ。処分するのに迷って作業が進まない時は、食器の「いる・いらない」を見極めるマイルールを決めるといいですよ。

alt

例えば、これが私のマイルール。

■Rule1> 欠けているものは潔く手放す
わが家の場合は、子供にお手伝いを頼むことも多く、大人も子供も一緒に使うものばかり。割れたり、欠けてしまったり、ヒビが入ってしまったものは、危ないので潔く処分します。

ペアで買って片方だけ割れてしまったものは、捨てる前に、それ一つで別の用途がないかをまず考えます。
使い道が浮かばず、持っていて負担になるのならば手放すのも一つの手段。

例えば夫婦茶碗は、片方が割れたのなら、それをいいタイミングと捉え、新しいお茶碗に買い替える。心機一転するのもいいと思うのです。

alt

わが家ではスープ椀として使っていたこちら。片方が割れてしまったタイミングで、スープ椀として使うのをやめ、一人で飲むお抹茶の茶器として使うことに。

特別な役割を改めて与えられたスープ椀は、視点を変えてまた新たなお気に入りとしてここに佇むのです。

ECサイト

アンジェ web shop

日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。 アンジェ 日々コラム

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします