お手入れしやすい! 人気の敷きパッドで夏のベッドルームを快適に

1日の疲れをとるベッドルームは、いつでも快適にしておきたいもの。そこで見た目もよく、着脱もしやすい「ボックスシーツ型敷パッド」をご紹介! コットン100%で素材にもこだわり満載です。


家族とのんびり過ごすベッドルーム。
本を読みながらリラックスしたり、寝る前のシアタールームにしたり…
第2のリビングとして上手に使っているファミリーをよく目にしませんか?

その暮らしぶりはとても心地よさそうで魅力的。わが家もその暮らしぶりに憧れて、一年前にベッドルームの見直しをしたのでした。

まず、埃を溜めこむ装飾小物は取り除き、寝ることだけに集中できるよう、シンプルさを追求。

昼間は活動的に過ごすから、夜は家族が穏やかに疲れを癒すことができるように、心地の良い色味のものだけを厳選して置くように。

あとは、快適な状態を維持できるよう、季節によって寝具も見直しました。自分が家事で無理をすることなく、家族が快適に過ごすことができる寝具。今回は、わが家のベッドルームを快適な空間に導いてくれたベッドシーツをご紹介します。

インテリアを格上げしてくれるベッドシーツ

おしゃれなベッドルームを目にすると、
「どうしてこんなに生活感がないのだろう?」
といつも疑問に思っていました。

モデルルームのようなそのベッドルームは、すっきりとしていて、季節感がある心地よさそうな空間。
けれども肩の力を抜いた、程よく溢れる生活感。
その答えはベッドシーツの選び方にありました。

alt

マットレスタイプのベッドには「ボックスシーツ型敷パッド」タイプがベスト。
これまでマットレスにもゴム付き敷パットを使用していたわが家は、ベッドの側面からいつもゴムが丸見えで…インテリアとしても残念でした。

最初はぴったりだったサイズ感も、何度も洗濯するうちに生地が縮み、マットレスか剥き出しになってくることも。

これが、マットレスの側面もすっぽり覆ってくれる「ボックスシーツ型敷パット」にすれば、生地のヨレも気にならなくなったのです。

alt

ベッドに合ったベッドシーツを選べば、側面から見てもこんなにすっきり。
子どもたちが派手に動くことも多いわが家の寝室ですが、乱れることがなくなり、私の片付けストレスも軽減。
「せっかくベッドメイキングしたのに〜!(涙)」
と、子どもたちと揉めることもなくなり大満足。
寝室横にあるバルコニーから洗濯物を取り込んでいると、いつもジャンプしにやってくる小さな怪獣たちを怒ることもなくなったのでした。

ECサイト

アンジェ web shop

日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。 アンジェ 日々コラム

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします