お手入れしやすい! 人気の敷きパッドで夏のベッドルームを快適に

1日の疲れをとるベッドルームは、いつでも快適にしておきたいもの。そこで見た目もよく、着脱もしやすい「ボックスシーツ型敷パッド」をご紹介! コットン100%で素材にもこだわり満載です。


家事の負担も減らす。カンタン着脱!

子どもたちの二段ベッドには「敷きパッド」タイプを。
二段ベッド用のマットレスは、大人用のシングルベッドよりもひと回り小さく、それ専用のベッドカバーは売られていないのですよね。
そこで、「敷きパッド」タイプを小さなマットレスにかぶさるよう、折り込んで使っています。

alt

わが家では、来客用の敷き布団にもこのタイプを愛用。
薄型マットレスや、敷き布団タイプさんには、この「敷きパッド」がおすすめです。
ワンタッチで着脱できるので、「ボックスシーツ型敷きパッド」よりもさらに簡単!
急な来客にも、お布団の準備が大掛かりにならず簡単にセットできるので、お互い気を遣うことなくおもてなしができますよ。
お洗濯する際も、ワンタッチで取り外せるからラクチン。
家事が時短になった効果を実感しています。

alt

子どもたちがファミリーベッドルームから巣立ち、自分の部屋を持つようになっても、これなら洗濯頻度を落とさずがんばれそう。
むしろ、「子どもが自分でベッドメイキングできるのでは?」と思っているほど。
ベッドシーツをお洗濯した日は、子どもたちにもベッドメイキングのお手伝いをしてもらっています。

お肌にもお財布にもやさしい。

家族全員分揃えた決め手は、素材にもこだわったコットン100%のベッドシーツだから。
化学繊維が苦手なわが家の子どもたちは、パジャマも寝具も肌に触れるものは素材重視。
コットン100%のベッドシーツは、お肌に優しいだけでなく、自宅でいつも通りのお洗濯で清潔さを保てるところもありがたいですよね。

alt

熱を溜めない強撚糸を使っているから、触るとひんやり冷たくて気持ちがいい。
秋〜冬はマイクロファイバーのモフモフ素材を愛用しているわが家は、春になって温かくなると、接触冷感のこちらの素材に布団カバーを模様替えします。掛布団で調整しながら、一年を二種類のベッドシーツで乗り切っています。

ECサイト

アンジェ web shop

日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。 アンジェ 日々コラム

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします