整理収納アドバイザーの「ワークスペース収納術」  働きやすい空間づくりとは? 

自宅での仕事、はかどっていますか? そこで今回は整理収納アドバイザーの「ワークスペース」をご紹介!仕事の効率を高める、収納のヒントが満載です。

朝、夫と子供たちを送り出して家事をひと通り済ませたら、コーヒーを淹れ直して仕事につきます。

私の仕事場は、自宅のダイニングの一角。

夫や子供たちがいない間に、執筆や撮影、オンラインセミナーをしています。

自分で作った空間と時間内で好きなだけ仕事をする。

とても贅沢なように聞こえますが、逆にいうと、散らかったままだと集中できず、だらだらと時間だけが過ぎてしまい、最初は悪戦苦闘の日々でした。

このままじゃ非効率でもったいない!

そう思い立って、忙しくなっていく自分のために、収納に特化した“自宅の傍らオフィス”をつくりました。
思い描いたのは、短い時間で集中して仕事ができる空間。

今回は、快適になった自宅のワークスペースの収納の一部をご紹介。収納で仕事の効率化を図るための、何かのヒントになればうれしいです。

作業スペースにもなる収納棚

ワークスペースのために購入したのは、腰高のオープン収納棚。たくさんのモノを収納しつつ、棚の上は空きスペースを保つことにより、作業台としても機能させています。

右利きなので、棚の右隅には筆記用具。

そこからペンを取り、ちょっとした書きものはここで。アイデアを思いついたらいつでも書き込めるように、メモも置いてあります。

alt

日常的な作業はこの棚の上でできるよう、よく使う文房具はひとまとめに収納。作業スペースを確保しているおかげで、何事もスムーズに処理。流れるように暮らしの作業がはかどります。

alt

引き出しにも、文房具。

文房具はストックを多く持ちすぎないことをルールにし、心地よい収納をキープ。

引き出しがパンクしてしまわないように、適度な量を保ちます。

整った引き出しは気持ちがいいもので、一つ一つの動きにも無駄をなくしてくれますよ。

ECサイト

アンジェ web shop

日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。 アンジェ 日々コラム

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします