子どものゲーム収納、片付けやすい仕組みづくりとは?【整理収納アドバイザーのお片付けノート】

ゲームで遊ぶのはいいけれど、終わったらきちんと片付けをしてほしいもの。そこで今回は「子どものゲーム収納」についてご紹介! 子どもが「片づけしやすい仕組み」を作るのがポイントです。

長引く家ごもり期間に、きちんと向き合いたい子どもたちのゲーム時間。健康のことはもちろんですが、時間と生活のメリハリも気がかり。

遊んだおもちゃを片付けて、休憩をとる。

考えてみれば当たり前のことですが、規則正しい暮らしを営むということはとっても大切なことですよね。片づけてリセットし、他のことにもしっかり集中できるリビングに。今の暮らし方には、そんなメリハリづくりのできる環境が必要とされているように思います。

今日は収納で少しだけお手伝いを。子どもたちが進んでゲーム機を片付けられる収納方法をご紹介します。

片づけやすいゲーム収納

おうち時間に、だらだらとゲームをしてしまう子どもたち。度々怒るよりも、収納で仕組みを変えて片づけやすくしてあげることで、お互いのストレスを軽減できるといいですよね。

きちんと片づけて、他のことにもしっかり集中できるようメリハリのあるリビング空間に。
ゲーム機は、テレビボードの引き出しに収納しています。

alt

ここを開けると、ゲーム機がずらり。子どもたちはゲーム時間になると、楽しそうにここに集まります(笑)

収納は、取り出しやすさ以上に、片付けやすさを意識しました。インボックスでアイテムごとに一つずつの部屋を。

alt

■コードが絡まらない収納
■1アクションで放り込める収納

引き出しの中に仕切りをつくるだけで、子どもたちは何も考えずに放り込めるし、放り込んだだけで勝手に片付いたように見えるんです。

alt

switchのコントローラーを収納するのには、仕切り付きのボックスを使用。
1つにコントローラーを6つまで収納できますよ。

alt

アイテム1つずつにお部屋を与えることで、子どもたちも片付ける時に「あれ?ピンクがない!」と、気づくように。最後まできちんとお片付けできるような仕組みが整うのです。

alt
ダウンロードよりソフト派のわが家。どんどん増えるソフトは、既製品のソフト専用ケースに頼っています。もともと入っていた箱から出してこれにひとまとめに収納することで、子どもが箱をあちこち広げることを防止。片付けのアクションを減らせます。

省スペースで収納できるので、これに頼り、箱はストックルームなどで別に保管しておくのがおすすめです。

alt

引き出しには入らないリングフィットは、テレビ裏の壁を利用してフック収納に。

alt

押ピンタイプのフックを壁に挿すだけで、リビングから隠して収納することができますよ。

ECサイト

アンジェ web shop

日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。 アンジェ 日々コラム

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします