リュックやランドセルの定位置を作れる便利アイテムとは?

リュックやランドセル、直置きしていると意外とかさばる…。そこでご紹介したいのが、towerの「カラーボックス横ランドセル&リュックハンガー」。取り付けの様子をご紹介します!

ちょっとしたDIY好き。お休みの日に家の中をあちこちいじっては、暮らしを便利にしていくのが趣味です。

日曜大工とまではいかないけれど、休日の楽しみにトンカチと釘はいつも常備。
便利そうな収納グッズや雑貨に目を付けては「これをあの場所に付けたら、暮らしはどう変わるだろう?」と妄想に浸っています。

今回目を付けたのは、towerの「カラーボックス横ランドセル&リュックハンガー」。
子ども部屋に取り付けた様子をご紹介いたしますね。

カラーボックス横にも、壁付けにも、リュック収納を

この商品、実はカラーボックスの側面のネジを利用して、ネジをちょっと浮かせることで取り付けられるという優秀な収納アイテム。

新商品として登場し、はじめて見た時から、ビビビッ!ときたアイテムでした。カラーボックスは手軽に取り入れやすい収納家具ですし、教科書などの収納にも持ってこいのアイテム。

ランドセルもカラーボックスの横に引っ掛けて一緒に収納することができたら、子どもの学習スペースが能率的なものになりそうですよね。

alt

ランドセルやリュックの肩ベルトを掛ける構造になっています。ハンドルのようなしっかりとしたポールに掛けるので、耐荷重5kgと力持ち。荷物をしっかり詰めるランドセルやリュックでも、安心して任せることができるアイテムです。

ランドセルと一緒に、体操袋や帽子などを引っ掛けるためのフックも2つ。さすがtower!
小学校のお支度がスムーズになること間違いナシ。

alt

カラーボックスがないわが家は、壁付けに挑戦! 壁付けは穴を開けるというリスクがありますが、カラーボックスよりさらに安定感があります。

まるで最初から家に付いていたかのような、建具のようなデザイン。わが家は壁の色に合わせてホワイトを選びました。

子どものお支度の動線に合わせて、ご自宅に合った取り付け方法を選んでみてくださいね。

女性一人でも取り付け簡単! DIYのおもしろさ。

用意するのは、下地探しとドライバー。取り付けに必要なものが一緒に付属されているので、買い出しの必要もなく、私一人で取り付けることができました。石膏ボード用のアンカーボルトも付いているので、取り付けたい場所が石膏ボードであっても対応可能。

alt

まず、取り付けたい場所の下地探しをします。下地にしっかりした柱がなくても、アンカーボトルがあるので安心。わが家は敢えて下地のない場所を探して、そこに設置することに。

alt

ネジを差し込む場所を決めたら、ドライバーでアンカーボルトをねじ込みます。

alt

アンカーボルトが入りました。これで石膏ボードの壁が補強され、重さをしっかり支えられるように。ここに木ネジを差すという仕組みです。

alt

towerの「カラーボックス横ランドセル&リュックハンガー」を当てて、木ネジを差し込んで固定します。

alt

設置完了!

alt

スポーツリュックの肩ベルトをしっかり支える、壁面リュック収納の完成! 妄想していた便利さが現実になるDIYのおもしろさ。

DIYは使いやすい場所、使いやすい高さにカスタマイズできる自由度も。暮らしを便利にしてくれるのです。

ECサイト

アンジェ web shop

日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。 アンジェ 日々コラム

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします