物語の世界へ連れて行ってくれそう…! 寝かしつけタイムに大活躍の「えほんライト」

寝かしつけタイムに大活躍の「えほんライト」をご紹介。星型のライトが発するあたたかな光は、すぐに物語の世界に連れて行ってくれそう…! 寝かしつけの良きお供になってくれますよ。

ぐりとぐら、こぐまちゃん、あおくんときいろちゃん…。

わが家にある絵本の多くは、わたしが幼い頃に好きだったもの。当時感じたドキドキやワクワクは、大人になった今もしっかり心に残っています。

おやすみ前に特別なふれあいを。あたたかく親子をつなぐ「えほんライト」

そして好きな絵本を開く時、もうひとつよみがえるのが、寝る前に読み聞かせをしてくれた母との時間。

ひとつの布団に入ってぬくぬくになったこと。
一緒に笑ったり、甘えたりしたこと。

5歳上の姉はとっくに寝かしつけを卒業していたから、この時ばかりは母をひとり占め。満ち足りた気持ちで毎晩安心して眠りにつけたものです。

月日が流れ、母となり、今度はわたしが読み聞かせをしてあげる番。MARNA(マーナ)のえほんライトが、おやすみ前の娘との時間を特別なものにしてくれています。

娘のお気に入りのぬいぐるみに想いを託して

マーナのえほんライトは、ふんわり優しいお星さまの灯り。お気に入りのぬいぐるみの首元にクルッと巻き付けて使える、読み聞かせのための照明です。

おやすみ前に特別なふれあいを。あたたかく親子をつなぐ「えほんライト」

わが家ではそれを、娘の無二の親友である「うさこちゃん」に装着。

おやすみ前に特別なふれあいを。あたたかく親子をつなぐ「えほんライト」
▲娘が赤ちゃんの時から仲良しのうさこちゃん。約30cmサイズのぬいぐるみです。

えほんライトの10〜30ルクスという光は、眠りを妨げない明るさなんだとか。だから読み聞かせだけでなく、夜のオムツ替えや授乳の時も活躍。パッケージが絵本のモチーフになっていて、そのまま出産祝いのギフトとして贈っても◎です。

おやすみ前に特別なふれあいを。あたたかく親子をつなぐ「えほんライト」

おやすみ前の薄暗い部屋で点けると、自分たちの周りだけポワッと明るくなり、いかにも素敵なことがはじまりそうな雰囲気に。

「今日はどの絵本にしよっか?」
娘と一緒におはなしを選べば、読み聞かせタイムのはじまり、はじまり。

おやすみ前に特別なふれあいを。あたたかく親子をつなぐ「えほんライト」

ページを開けばたちまち絵本の世界へ

夜の部屋で、ライトを頼りに読む絵本。日中や明るいリビングでは、おもちゃに目移りしたり外の音に反応したりして、読み聞かせが中断することがありますが、このライトを使うと目の前の絵本にしっかり集中でき、おはなしの中にスッと入っていけます。

おやすみ前に特別なふれあいを。あたたかく親子をつなぐ「えほんライト」

布団の中には、ママと、娘と、うさこちゃん。窮屈だけど温かくて、なんだか秘密基地みたい。
お姉さんぶってうさこちゃんに説明してあげたり、ドキドキする場面で思わず抱き着いたり、何度も読んでいる絵本でもいつもより楽しめている様子でした。

おやすみ前に特別なふれあいを。あたたかく親子をつなぐ「えほんライト」

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします