人気のベビーカー兼用チャイルドシート、メリットとデメリットは? 口コミ満足度も紹介!

数あるチャイルドシートの中で、ここ数年ぐっと人気が高まっているのは、ベビーカーやラック&チェアとしても活躍する5wayのトラベルシステムタイプ。気になっている方も多いだろうこちらのメリットデメリットをご紹介します。

数あるチャイルドシートの中で、ここ数年ぐっと人気が高まっているのは、ベビーカーやラック&チェアとしても活躍する5wayのトラベルシステムタイプ。

今回は、このトラベルシステムタイプのベビーカー兼用チャイルドシートについて、マタニティ情報サイト「ニンプス」編集長のロコさんにお聞きしてみました!

トラベルシステムタイプのベビーカー兼用チャイルドシートとは?

(C) yurkophoto1990 - Fotolia.com



ベビーシート(チャイルドシート)、対面式ベビーカー、背面式ベビーカー、キャリー、ラック&チェアとあらゆるシーンで5つの使い方ができるのがトラベルシステム。子育て中は何かと出費がかさみ、物も増えるので、兼用できるとお得感があり省スペースになりますよね。

ロコさん自身もトラベルシステムタイプの愛用者。赤ちゃんの貴重な眠りを妨げない、“寝たまま移動できる” というメリットにとにかく感激したそう。

お出かけの多いアクティブなママ、自宅から駐車場まで距離のあるママには特におすすめです。

イギリス王室のウィリアム王子とキャサリン妃の息子であるジョージ王子が退院したとき使用していたのもこのタイプで、感度の高いママにも人気。

チャイルドシートをいちいちシートベルトで固定させるのが面倒、という人はISOFIX(アイソフィックス)という別売りのベースを設置することで、ワンタッチ装着が可能になります。

トラベルシステムタイプのベビーカー兼用チャイルドシートのメリットは?

・赤ちゃんを寝かせたまま移動できる

何と言っても最大のメリットは眠った赤ちゃんを起こさずスマートに移動できること。使用感は、持ち運びできる簡易ベビーベッドという感じです。

子育てをしていると、ママにとっても赤ちゃんがいい子で眠っていてくれる時間は本当に貴重。なるべく起こしたくない! その気持ちに寄り添ってくれます。

・家事をしているときも近くにいられる

ラック&チェアとしても使えるので、料理や洗濯など家事をするときも目の届く場所に赤ちゃんを寝かせておくことができます。

ハイ&ローチェア、クーファン、バウンサー代わりにもなり、結果的に経済的&省スペースかもしれません。

・飲食店や公園に連れて行きやすい

ベビーカー、またはラック&チェアにもなるので飲食店や公園でずっと抱っこしている必要がありません。

ドライブ先で外食するとき、ピクニックのときなどは特にメリットを感じそう。

・車内温度に左右されない

チャイルドシートを車内に付けっ放しの場合、夏はシートが熱くなります。

乗るときに装着するトラベルシステムなら、温度差のある季節も赤ちゃんが不快な思いをせずにすみそうです。

・他の人の車にも乗せやすい

祖父母や友人の車など、自家用車以外でドライブしたいときに便利です。

トラベルシステムタイプのベビーカー兼用チャイルドシートのデメリットは?

・使用できる期間が短い

ベビーシート(チャイルドシート)としては、1歳〜1歳半頃までが対象。4歳頃まで使える幼児兼用タイプや7歳頃までの学童兼用タイプと比べると長くは使えません。

・シートベルトで固定するのが面倒

車とベビーカーを行き来するたび、毎回シートベルトで固定するのは面倒、と感じる人もいるでしょう。

ISOFIX(アイソフィックス)を搭載すると劇的に装着は簡単になりますが、その分予算がかかります。

・たたんで持ち運ぶのが大変

ベビーカーとしては重いものが多く、たたむときはラック部分を取り外す必要があります。

エレベーターのない建物の2階に住んでいたり、駅にエレベーターがなかったり、ベビーカーをたたんで運ばなければいけないシーンの多い人にはちょっと大変かもしれません。

・リクライニングができないタイプも

メーカーにもよりますが、リクライニングの角度が小さいものも。水平に寝かせられるタイプのものはありません。

・前向き装着ができない

国土交通省のサイトでは、体重10kg未満(身長70cm以下、新生児~1歳くらい)までは後ろ向きを推奨。それ以降であれば前向きもOKです。

ただし、トラベルシステムタイプは前向き装着ができません。

トラベルシステムタイプのベビーカー兼用チャイルドシート、人気商品と口コミ評価は?

ウーマンエキサイト独自アンケートによると、トラベルシステムタイプのベビーカー兼用チャイルドシートを使ったことがある人は全体の約11%でした。

選んだ商品にはばらつきがありましたが、価格帯の安いジョイーのトラベルシステムと、エアバギーに装着できるおしゃれなマキシコシが比較的人気のようです。

※アンケート実施期間2017年3月14日〜3月23日/日本在住の子育て中のパパママ188人が回答



■ママの口コミ:ジョイー トラベルシステム

選んだチャイルドシート:
ジョイー トラベルシステム(軽量ベビーカーaire pebbles+ベビーシートJuva pebbles)/20代・0歳児のママ
評価:★★★★★(5)
口コミ:帰省時は持ち運びができて親の車にも設置できるので本当に便利! ただ、日に日に赤ちゃんが重くなっていくので、キャリーとして長距離持ち運ぶのは大変です。
選んだチャイルドシート:
ジョイー トラベルシステム(軽量ベビーカーaire pebbles+ベビーシートJuva pebbles)/20代・0歳児と1歳児のママ
評価:★★★★☆(4)
口コミ:デザインが気に入っています! チャイルドシートとベビーカーを兼ね備えているところが魅力です。車に設置するとき、赤ちゃんを寝かせるときはちょっとやりにくさを感じることがあります。

・ジョイー トラベルシステム

商品情報を取得しています……

商品情報を取得しています……



■ママの口コミ:マキシコシ ペブルプラス

選んだチャイルドシート:
エアバギー ココ+マキシコシ ペブルプラス/20代・0歳児のママ
評価:★★★★★(5)
口コミ:ネットの口コミ評価が高く、取り付けが簡単そうだったのが決め手。車から降ろせばバウンサーになること、外食に行った際にはマキシコシごと連れて行けるのが良いです。デメリットはすぐサイズアウトすること。

選んだチャイルドシート:
エアバギー ココ+マキシコシ ペブルプラス/30代・1歳児と4歳児のママ
評価:★★★★☆(4)
口コミ:子供が楽に座れるところがとてもよかったと思っています。価格は高いのですが、やはりデザインがいいですよね。乗り心地もよさそうです。

・マキシコシ ペブルプラス 単品

商品情報を取得しています……


・エアバギー ココ+マキシコシ ペブルプラス 3点セット

商品情報を取得しています……

商品情報を取得しています……


■コンビ F2PLUS

また、今回のアンケートでは使用口コミがなかったのですが、昨年登場したばかりのコンビのF2PLUSは要チェックです! 軽くておしゃれ、横に2台ジョイントさせることもできます。

・コンビ F2plus AF(F2プラスAF)+F2用トラベルシステムキット

商品情報を取得しています……


トラベルシステムの使用者の満足度は高い

トラベルシステムは、使用経験者からの評価が高く、それだけママにとって「買ってよかった!」を実感できるタイプだと言えます。

活動的でスマートなママライフを望む人にぴったりです。赤ちゃんにとっても、馴染んだラックに包まれたまま移動できるのは、安心できそうですよね。

■今回お話をお聞きしたのは…
マタニティ情報サイト「ニンプス」 編集長 ロコさん
育休明けの2013年より、ニンプス編集長に就任。小学生男児と保育園女児の母。日々のコンテンツづくりでマタニティ&ベビーアイテムをたくさんチェックしています。妊娠線ケアコスメは自らのお腹で100個近く試しました。妊娠中や赤ちゃんとの暮らしに不安を減らし、よりハッピーに過ごしていただくコンテンツづくりをしています。


アプリならサクサク記事が読める!

編集/ライター

山口彩

インターネットプロバイダ、旅行会社、編集プロダクションなどを経てフリーに。子育てと旅を中心に編集・執筆中。旅メディア「TABIZINE」編集長。記事を通じて世の中を楽しむ視点や、心が自由になるひとときを伝えられたら、と思っている。マイペースな子ども2人と一緒に0歳から人生やり直し中。いつか家族で宇宙旅行に行きたい。 ・TABIZINEウェブサイト

この記事のキーワード

注目記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします