新生児から使えるチャイルドシートは? 選び方のコツと人気商品&口コミをチェック!

新生児から使えるチャイルドシート(ベビーシート)の選び方について、マタニティ情報サイト「ニンプス」編集長のロコさんにお聞きしました。

退院時、自宅まで自家用車で帰る人は必ず必要になるのが、新生児から使えるチャイルドシート(ベビーシート)。妊娠中にチャイルドシートだけは買っておいた、という声も聞きます。

今回は、新生児から使えるチャイルドシート(ベビーシート)の選び方について、マタニティ情報サイト「ニンプス」編集長のロコさんにお聞きしてみました!

新生児から使えるチャイルドシート(ベビーシート)、選び方のコツは?

チャイルドシート(ベビーシート)は安全第一。ほとんどの商品は安全面(ECE基準)をクリアしていますが、中には未認証のものも。Eマーク(ECE基準適合)か自マーク(旧基準適合)のついたものを選びましょう。

基本的な安全面をおさえた上で選ぶポイントとなると、大事なことはやはり、ライフスタイルに合ったものかどうか。

カーアイテムのひとつなのでパパの希望もあると思いますが、ママが運転することが多いなら、ママの考えも大事ですよ。

子育てシーンの中で、自分がどんなカーライフをおくりたいか、しっかりイメージしていきましょう。

とにかく安く済ませたい!

チャイルドシート着用義務のある6歳まで1台で済ませたい、車を複数台持っていてそれぞれに装着したい、第2子以降も予定しているので1台あたりなるべく安い方がいい、など価格重視派は0〜7歳前後まで使える【新生児/幼児/学童兼用タイプ】がおすすめです。

今回のアンケートでは口コミがなかったのですが、コンビのママロンやカトージのジョイーバリアントがこのタイプです。

▼コンビ ママロン

商品情報を取得しています……


▼カトージ ジョイー バリアント

商品情報を取得しています……



ベビーカー兼用など多機能タイプがいい!

チャイルドシートとしてだけでなく、ベビーカー、キャリー、ラック&チェアなど1台で何役もこなすタイプは、車での移動が多い人や活動的なママにぴったり。

街で見かけてそのスマートさに憧れた、という人もいるかもしれませんね。

詳しくは「人気のベビーカー兼用チャイルドシート、メリットとデメリットは? 口コミ満足度も紹介!」で要チェック。

▼カトージ ジョイー トラベルシステム(軽量ベビーカーaire pebbles+ベビーシートJuva pebbles)

商品情報を取得しています……

帰省時は持ち運びができて親の車にも設置できるので本当に便利! ただ、日に日に赤ちゃんが重くなっていくので、キャリーとして長距離持ち運ぶのは大変です。(20代・0歳児のママ)


▼エアバギー ココ+マキシコシ ペブルプラス

商品情報を取得しています……


商品情報を取得しています……

ネットの口コミ評価が高く、取り付けが簡単そうだったのが決め手。車から降ろせばバウンサーになること、外食に行った際にはマキシコシごと連れて行けるのが良いです。デメリットはすぐサイズアウトすること。 (20代・0歳児のママ)


▼コンビ F2plus AF+F2用トラベルシステムキット

商品情報を取得しています……


また、今回のアンケートでは使用口コミがなかったのですが、昨年登場したばかりのコンビのF2PLUSは要チェックです! 軽くておしゃれ、横に2台ジョイントさせることもできます。

編集/ライター

山口彩

インターネットプロバイダ、旅行会社、編集プロダクションなどを経てフリーに。子育てと旅を中心に編集・執筆中。旅メディア「TABIZINE」編集長。記事を通じて世の中を楽しむ視点や、心が自由になるひとときを伝えられたら、と思っている。マイペースな子ども2人と一緒に0歳から人生やり直し中。いつか家族で宇宙旅行に行きたい。 ・TABIZINEウェブサイト

この記事のキーワード

注目記事

キーワードから記事を探す

ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします