【東京おもちゃ美術館おすすめ】繰り返し長く遊べる、1歳半〜3歳のおもちゃ5選

おもちゃは月齢に合ったもの、親子で一緒に夢中になれるものを選びたいですよね。このシリーズでは、東京おもちゃ美術館副館長の石井さんにお聞きした、月齢別のおすすめおもちゃと遊び方のコツをご紹介します。今回は1歳半、2歳、3歳向けのおもちゃ5選。

子どもは遊びを通じて成長していくもの。おもちゃは月齢に合ったもの、親子で一緒に夢中になれるものを選びたいですよね。

このシリーズでは、東京おもちゃ美術館副館長の石井さんにお聞きした、月齢別のおすすめおもちゃと遊び方のコツをご紹介していきます!

グッド・トイとは

記事内に登場する「グッド・トイ」とは、東京おもちゃ美術館を運営する認定NPO法人日本グッド・トイ委員会が、おもちゃ選びの指針となるよう、1985年から毎年選定している「遊び力を引き出すよいおもちゃ」です。

納得がいくまでとことん遊び倒せるおもちゃ

一人歩きやおしゃべりを始めるようになると、「自分はこうしたい!」という気持ちも強くなります。2歳前後はイヤイヤ期もありますね。

でも実はこの時期、子どもたちは“繰り返しの天才”なんですよ。納得がいくまでとことん遊び倒せる、そんなおもちゃを選んであげましょう。

Tuminy(ツミニー)|グッド・トイ2011年選定

【東京おもちゃ美術館おすすめ】繰り返し長く遊べる、1歳半〜3歳のおもちゃ5選

2歳児がハマる! お父さんたちも大好き! トラックをバックで車庫に入れてから出発すると、積み木がひとつだけトラックに乗るおもちゃです。

その仕掛けは一度見ると誰もが驚嘆します。余った積み木を家に見立て、宅急便ごっこも楽しいもの。「お届け物でーす」「ハンコください」そんなやりとりをしながら、何度も何度も繰り返し車庫に戻っては荷物を載せて出発する。

そのたびに、「ほらね」「ぼくってすごい!」その気持ちを反芻します。ママは「ほんとだね」「すごいね」と受け止めましょう。

そんな細かなやりとりが、失敗してももう1回がんばろうと思う気持ちにもつながっていくのです。

商品情報を取得しています……



大工さん|グッド・トイ2000年選定

【東京おもちゃ美術館おすすめ】繰り返し長く遊べる、1歳半〜3歳のおもちゃ5選

トントントン。黄色い穴にペグを木槌で打つと、クニクニっと側面からひとつ、ペグが飛び出します。

ペグを打つ感触があまりにも気持ちよく、木槌を打つ手が止まらなくなるおもちゃ。男女問わず人気です。繰り返しの天才たちは、とことん遊び続けることでおもちゃを自在に扱い、ものの仕組みがわかるようになります。

もちろん取り合いになることも。でも、それくらい集中できるものがあることはむしろ喜ばしいことです。

無理に「かして」「いいよ」の練習をさせて気持ちに蓋をするより、悔しい気持ち、やりたい気持ちを受け止めてあげたい場面です。

商品情報を取得しています……



モンキー(ハンドパペット)|グッド・トイ2003年選定

【東京おもちゃ美術館おすすめ】繰り返し長く遊べる、1歳半〜3歳のおもちゃ5選

ママと子ども二人だけで向き合っていると、2歳前後のイヤイヤ期はまともにぶつかり合うことになります。

そんなとき、第三者になれるパペットは強い味方。「本当はまだ遊びたかったんだよね」「アンパンマンの靴下がよかったんだよね〜でも今洗濯中なんだって」そんな風に、ママと子どもの間をパペットが取り持ってくれます。

ママもパペットの声色を使うことで、客観的になれて気持ちが落ち着くことでしょう。

パペットは「お友達」なので、他のおもちゃと一緒におもちゃ箱に放り込んだりせずに、その子の居場所を必ず作ってあげましょう。大事にすることで、つらいときも一緒に乗り越えられる、いい相棒になってくれます。

商品情報を取得しています……



グライフパズル・動物

【東京おもちゃ美術館おすすめ】繰り返し長く遊べる、1歳半〜3歳のおもちゃ5選

パズルはできるかできないか、結果が一目瞭然。ある意味、正解がある遊びです。好きか嫌いか好みが分かれがちのおもちゃとも言えます。

このパズルのいいところは、ピースが立つところ。積み木と組み合わせて動物園を作ったり、お話ごっこをしたり、遊びを展開していけるのがおすすめの理由です。

つまみがついているのも、子どもにとって楽しいポイントなんですよ。

商品情報を取得しています……



ビリボ|グッド・トイ2006年選定

【東京おもちゃ美術館おすすめ】繰り返し長く遊べる、1歳半〜3歳のおもちゃ5選

座ってクルクル回ったり、逆さにして椅子にしたり、かぶって遊んだり。部屋ではおもちゃ箱、外ではバケツ代わりにもなります。

雪が降ったらそりにしてみる? そんな風に自分で考えて自由に遊びたいおもちゃです。丈夫なので長く愛用できます。

商品情報を取得しています……



おもちゃで好奇心とやる気を育む

やってみたい! というワクワク感は、心と体を活性化させるエネルギーです。

気持ちのままにやりたいことが存分にできたとき、それはその子の自信につながっていきます。怒られないいい子より、好きなものを自分で見つけられる子へ。

そんな視点で、おもちゃと共に、子どもたちのワクワクを見守っていきたいですね。

今回ご紹介したおもちゃで遊べる「東京おもちゃ美術館」は、元小学校の校舎を活用して作られたおもちゃと遊びのミュージアム。

木の温もりを五感で感じられる「おもちゃのもり」や、国内外の優れたおもちゃを揃えた「グッド・トイてんじしつ」、0~2歳までの親子専用の「赤ちゃん木育ひろば」などで、世代を越えて楽しむことができます。

遊び方や楽しみ方がわからないときには、赤いエプロンのボランティアスタッフ「おもちゃ学芸員」がサポートしてくれます。

▼施設情報
住所:東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば内
営業時間:10:00~16:00(最終入館15:30)
※毎週木曜日休館日(2月・9月、年末年始に特別休館日あり)
入館料:こども(6ヶ月~小学生)/500円 おとな(中学生以上)/800円 おとなこどもペア券/1,200円
・東京おもちゃ美術館
・日本グッド・トイ委員会

編集/ライター

山口彩

インターネットプロバイダ、旅行会社、編集プロダクションなどを経てフリーに。子育てと旅を中心に編集・執筆中。旅メディア「TABIZINE」編集長。記事を通じて世の中を楽しむ視点や、心が自由になるひとときを伝えられたら、と思っている。マイペースな子ども2人と一緒に0歳から人生やり直し中。いつか家族で宇宙旅行に行きたい。 ・TABIZINEウェブサイト

この記事のキーワード

注目記事

キーワードから記事を探す

ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします