洗濯ソムリエに聞いた、ワイシャツの襟袖汚れを自宅で簡単に落とす方法

新しい形のコインランドリーを運営する「フレディ・レック ウォッシュサロン」。毎日の洗濯の時間や空間をもっと魅力的なものにする、遊び心に満ち溢れたブランドです。実は、このフレディ・レック ウォッシュサロンを取りまとめる松延友記(まつのぶともき)さんは、洗濯ソムリエとしてもご活躍中。

大切なお洋服を永く愛用するための、汚れの落とし方やアイロンの仕方などの知識を幅広くお持ちです。今日はその洗濯ソムリエ・松延友記さんに、明日からでもマネできる洗濯のコツについてお伺いしましょう!

自分のシャツやご主人のシャツ。白いシャツこそ爽やかに着こなしたいのに、襟や袖の汚れが気になるということはありませんか?

今日はフレディ・レック ウォッシュサロンの人気アイテムでもある「洗濯用石けん ガルザイフェ」と、「ウォッシュサロン ランドリーブラシ」を使って、気になるワイシャツの襟や袖の汚れを自宅でスッキリ洗うコツをお伺いしました。


【1】人肌ほどのぬるま湯に汚れたワイシャツを浸けます。

繊維の奥にお湯が浸透するまで約1分ほど。そうすることで皮脂が浮いてくるそうです。汚れたシャツはできれば放置することなく、早め早めに洗う方がいいそうですよ。

【2】ガルザイフェを回すようにして直接塗りこみます。ガルザイフェはヨーロッパで130年も愛され続けている石鹸。動物のたんぱく質汚れに強いから、皮脂にもしっかりと効きますよ。

塗りこんだ後は、お湯につかないようにして1分ほどそのままに。繊維の奥までガルザイフェの成分が浸透するのを待ちましょう。

【3】その後はランドリーブラシでブラッシングを。馬より硬いと言われる豚毛の弾力で、汚れをかき出すようにします。こすると生地を傷めてしまうので要注意!

【4】汚れをかき出したら、そのまま畳んでネットに入れて洗濯機で洗ってしまいましょう。

ガシガシと洗ってもいいような綿のシャツなどは粗い目のネットでも大丈夫ですが、繊細なドレスシャツなどは細かい目のネットがおすすめ。洗濯機の中で洗剤がまざってしまっても問題ありません!

クリーニングだけではなかなか落ちないワイシャツの襟や袖の汚れも、こうしたひと手間だけで自宅でもすっきり落とすことができますよ。


目からウロコのお洗濯のコツ。今回教えてもらった汚れの効果的な落とし方は、どなたでもご自宅でできる簡単なものです。

洗濯ソムリエ・松延友記さんから教わったこんな方法で、大切なお洋服を永く愛用してみませんか?

▼使用アイテム
>>フレディ・レック ウォッシュサロン 洗濯用石けん ガルザイフェ
>>フレディ・レック ウォッシュサロン ランドリーブラシ

フレディレック・ウォッシュサロントーキョーって? 


洗濯ソムリエである松延さんがディレクションする「FREDDY LECK sein WASCHSALON TOKYO(フレディレック・ウォッシュサロントーキョー)」。この夏、東京・学芸大学にオープンしたコインランドリーです。

ベルリンから来たこのちょっぴり変わっているコインランドリーは、洗練されているようでいてどこか懐かしいその街にもうすっかり馴染んでいる様子。

愛らしいご老人からトレンドに敏感な若者まで、近所の人たちのコミュニケーションが生まれるフレディレック・ウォッシュサロントーキョーでぜひ新しいランドリー体験をしてみてくださいね。


= フレディレック・ウォッシュサロン トーキョー =
〒152-0001 東京都目黒区中央町1-3-13
TEL:03-6412-8671(9:00-21:00)
※コインランドリー 24H
※ほかサービス 9:00-21:00

ECサイト

アンジェ web shop

日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。 アンジェ 日々コラム

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします