【乳歯ケース】で抜けた歯を大切に保存 成長をかたちに残そう!

お子様の名入れもできる、アンジェオリジナル乳歯ケース。お子様の成長の証として、抜けた乳歯を箱に入れ、大切にとっておけます。

5歳ぐらいから始まる乳歯の生え変わり。
初めて歯が抜ける経験は、親にとっても子どもにとっても、少し特別な経験ですね。

気になる抜けた歯の処理。ご自身の時は、下の歯は屋根の上に、下の歯は軒下に放り投げた方も多いのでは?
良い歯が生えるための“おまじない”だそうですが、今はマンションなどの住宅事情で難しい場合もありますね。

そんな事情も相まって、乳歯ケースに大切に保管するご家庭も増えています。
自分だけの特別な乳歯ケースがあれば、成長を実感できる特別なアイテムになりそうです。

乳歯の保管は桐箱が◎

桐は防虫や防湿など、保管に適した特性をもっています。
アンジェの乳歯ケースは100%純国産の手作り品。大切な思い出になる品、ひとつひとつ丁寧に仕上げています。



一本一本大切に保存します

実際の歯の並び・大きさにあわせて、乳歯の総数、計20個の穴が用意されています。



中央の大きな穴はフリースペース。
桐箱なので、へその緒を入れたり、初めてカットした髪の毛先など、思い出になるものを自由に入れることができます。

歯が抜けるのが待ち遠しくなる?6年かけて揃えていく楽しみ

穴からの飛び出しを防げるように内蓋つき。この内蓋には抜けた日を記載できるようになっています。
歯がグラグラして抜ける時期は子どもにとっても不安なもの。ただ抜けたあとの楽しみがあれば、その成長を子ども自身が楽しめるようになりそう。



乳歯が永久歯に生え変わるのにかかる時間はおよそ6年。
「少しづつ埋まってきたね。次はどの歯が抜けるのかな?」

なんて会話をすれば、歯が抜けるのが待ち遠しくなるかもしれません。

ここでしか出会えない5柄&名入れつき

桐箱の蓋デザインはアンジェのオリジナル。ここでしか出会えない品です。



蓋には名入れもできるので「わたしだけの」特別な乳歯ケースが完成しますよ。

いかがでしたか?
乳歯も思い出も大切に保存できる桐箱の乳歯ケース。
お子さんの成長を楽しめる大切な相棒となってくれそうです。

▼ご紹介したアイテムはこちら
【アンジェオリジナル】桐箱 乳歯ケース/kukka ja puu【送料無料】

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします