抱っこ紐使用中でも羽織れる「ママポンチョ」 通常アウターとしても使えて便利

抱っこひもを付けたまま羽織れるママ用ボアポンチョ。マタニティから抱っこ紐卒業まで長く使えるのでコスパも◎ 幼稚園・保育園の送迎やちょっとしたお出かけに重宝するアイテムです。

今年出産したママとベビーにとって、冬のお出かけデビューとなるこの季節。

コロナ禍で遠出する機会がグンと減ったものの、「ちょっとしたお出かけ」は生活する上で欠かせません。
近所への買い物、上の子どもの送り迎え、ゴミ捨て。
そんな時、抱っこひものベビーと自分がサッと防寒できて、オシャレ見えするアイテムがあればとても便利。

防寒ケープは取り外しなどの手間がかかるけれど、「ママ用ボアポンチョ」なら抱っこひもの上からさっと羽織るだけでOK。
ベビーもママもぬくぬくなのに、オシャレ見えするルックスも嬉しいポイント。

ゆったりシルエットでマタニティ期から、産後まで長く使えるママポンチョ。
実際の愛用者の声とシーンをご紹介します。

リモートワーク中の保育園送り迎えにベスト!(1歳2ヶ月ママ)



ゆとりのある大き目サイズなので、抱っこひもの上からでも楽々着られます。
肩こり持ちで、子どもを抱っこするときは荷物も多いので、軽い着心地なのも嬉しいポイントでした。




カジュアル服装のリモートワークの日は、これをさっと羽織って保育園のお迎えに行っています。

ゆるっとしたシルエットのカジュアルなデザインなので、送り終えた後はこのまま通常のアウターとして帰宅。
あたたかい日中やちょっとご近所なら一枚で十分。
真冬は厚手のニットと重ね着した方が安心して暖かく着れそうです。


ふわっと羽織れる軽さが◎(4ヶ月ママ)



抱っこしているとただでさえ肩がこるので、ボリュームの割にとっても軽いことがお気に入りです。
ずっと着てても疲れないのでお家の中ではんてん感覚で着られるし、暖かいお昼に公園へお散歩するときにもぴったり。

ゆったりしてるので手持ちの防寒用のアウターの上から羽織れば真冬のお出かけにも重宝しそう。




ママになるとベビーグッズにお金を使いがちですが、洋服感覚で着られるから自分のおしゃれも楽しめて一石二鳥。
いかにもママポンチョという感じがしないから、コーデの邪魔をしないのも嬉しいです。


マタニティから長く使える



ゆったりとしたシルエットなので、お腹が大きくなってきたマタニティ時期から産後まで長く使えることも特徴。

ポケットもついているので、スマホに鍵を入れて、さっとお出かけが可能です。
朝の慌ただしい時間に、さっと羽織って上の子の幼稚園、保育園の送迎などにピッタリ。ベビーもママも寒い思いをすることなく過ごせます。

思わぬことに時間が取られることが多いベビーとの生活。
こんなポンチョがあれば日常のちょっとお出かけが身軽になりそうです。

▼詳しくはこちら
抱っこひももOK ボアポンチョ ママコート/kukka ja puu Aiti

アンジェ web shop

日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。

アンジェ web shop:www.angers-web.com

ECサイト

アンジェ web shop

日々の暮らしに「幸せ」を添えるお手伝い。 アンジェ 日々コラム

この記事のキーワード

関連記事

キーワードから記事を探す

女性向けの情報サービスサイト「ウーマンエキサイト」で、ママに必要な育児アイテムや生活雑貨を紹介しているクマのキャラクター「シンちゃん」のスタンプです。 ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします