子育て情報『ひと言物申したい!公園で出会った親子。一緒にいたおばあちゃんは娘と孫をおとしめる発言ばかりで…』

2022年7月1日 22:20

ひと言物申したい!公園で出会った親子。一緒にいたおばあちゃんは娘と孫をおとしめる発言ばかりで…

息子が1歳のころ、公園である親子とおばあちゃんに出会いました。近くで遊んでいたところ聞こえてきたのは、おばあちゃんが放ったネガティブな言葉でした。孫とそのお母さんへ向けられたその言葉は私なら言われたくないことばかり。どうしても気になり、口を挟みたくなってしまったのですが……。

目次

・男の子が転んだだけで…
・おばあちゃんの言葉にモヤモヤ
・ひと言物申したい!けど…
・著者:斉藤 ひかり


ひと言物申したい!公園で出会った親子。一緒にいたおばあちゃんは娘と孫をおとしめる発言ばかりで…


ひと言物申したい!公園で出会った親子。一緒にいたおばあちゃんは娘と孫をおとしめる発言ばかりで…


男の子が転んだだけで…

息子が1歳半を過ぎたある日、私は息子と2人で近所の公園へ出かけました。ブランコに乗って遊んでいると、息子と同じくらいの男の子が近付いてきました。一緒に来ていたのは、男の子のお母さんとおばあちゃんらしき年配の女性。「お子さん何歳ですか? 同じくらいですね」などと話しながら、しばらく一緒に遊んでいました。

楽しく遊んでいたところ、芝生の上を歩いていた男の子が転倒。するとおばあちゃんが、「ほら、あんたがちゃんと見てないから」とその子のお母さんに向かって言ったのです。私はそれを聞いて、え? ちょっと転んだだけなのに、なんでお母さんが責められているの?とびっくりしました。

おばあちゃんの言葉にモヤモヤ

「ちゃんと見てないから」と言われ、そのお母さんは無言で男の子を抱き起こしました。思い切り転んだわけではなく、しかもやわらかい芝生の上。男の子はけろっとしていて泣いていません。それなのに、おばあちゃんはさらに「もう、しっかりして」などと言っていました。私は心の中で、いやいや、全然痛くなさそうだし、歩いていてちょっと転ぶくらいよくあることだよ……とモヤモヤ。

その後もそのおばあちゃんは、私の息子が走っているのを見て「活発でいいわね、うちの子は全然走ろうとしないのよ」と言い、「うちも男の子なのにおとなしすぎて。もっと外に連れ出さないとだめね」など、目の前にいる自分の娘や孫をおとしめるようなことばかり話していました。

ひと言物申したい!けど…

私はそのおばあちゃんの言葉を聞いて、どうしてこの人は自分の娘や孫を悪く言うんだろう、活発かどうかはもともとの性格もあるし、おとなしいのが悪いなんて私は思わない! 少しくらい転んでも男の子は笑顔で楽しそうだし、お母さんは一生懸命子育てしているように感じるのに……。お母さんは何も悪くないです! 頑張ってますよ!と口を挟みたくて仕方ありませんでした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.