2023年10月20日 09:00|ウーマンエキサイト

すみだ水族館に新常設展示「オガサワラベース」が誕生! さかなクンの推しは?【編集部の「これ、気になる!」 Vol.11】

東京スカイツリータウン内にある「すみだ水族館」に、東京都で唯一の世界自然遺産である小笠原諸島をテーマにした新エリア「小笠原」がオープン! 先日、新常設展示「オガサワラベース」が初公開され、子どもたちに大人気のさかなクンもお祝いに駆けつけました。

すみだ水族館に新常設展示「オガサワラベース」が誕生! さかなクンの推しは?【編集部の「これ、気になる!」  Vol.11】
左)国立大学法人 東京海洋大学名誉博士・客員教授/さかなクン
右)すみだ水族館 展示飼育チーム長 柿崎智広さん

新常設展示「オガサワラベース」はどんなエリア?

新たな展示「オガサワラベース」があるのはペンギンエリアと右手の小笠原大水槽のあいだ。2012年の開業時から提携していたという小笠原の海や川の生き物が、入江のようなU字型のスペースに複数の水槽によって展示されています。


すみだ水族館に新常設展示「オガサワラベース」が誕生! さかなクンの推しは?【編集部の「これ、気になる!」  Vol.11】
これに、もともとあった「小笠原大水槽」と大水槽の裏を小窓から覗ける「アクアスコープ」の2つを合わせて、“ひとつながり”をコンセプトとした新エリア「小笠原」となりました。

都心から南へ約1000kmという遠く離れた小笠原諸島は、これまで一度も大陸と陸続きになったことがない、多くの固有種・希少種が生息している世界的にも貴重でかけがえのない場所。

そんな自然の宝庫である小笠原の“人と人”や“小笠原諸島とすみだ水族館”のつながり、“美しい自然を未来へつなぐ”海を守る活動をつなぐ“といった体験がより身近にできるようになりました。

絶滅危惧種アオウミガメの赤ちゃんがやって来た!

そのひとつが、オガサワラベースの水槽に迎え入れられた2頭のアオウミガメの赤ちゃん。

じつは、小笠原諸島は絶滅危惧種であるアオウミガメの国内最大の産卵地で、開業当初から小笠原村と提携していたすみだ水族館では、アオウミガメの保全活動をおこなってきました。

すみだ水族館に新常設展示「オガサワラベース」が誕生! さかなクンの推しは?【編集部の「これ、気になる!」  Vol.11】
公開記念イベントでは、アオウミガメの赤ちゃんの名前が“ボニン”と“ブルー”に決まったと発表。これは、小笠原の透き通る青い海を意味するボニンブルーという言葉からきているのだそう。2頭は、外敵に襲われにくい大きさに成長するまで約1年間大切に育てられたのちに、小笠原の海に放流されるのだとか。


すみだ水族館に新常設展示「オガサワラベース」が誕生! さかなクンの推しは?【編集部の「これ、気になる!」  Vol.11】
1日3回のごはんタイム(時間非公開)があり、成長する姿は水槽に設置されたボードでも確認することができるので、どのくらい大きくなったか会いに行くのが楽しみになりそうですね。

珍しい魚も! さかなクンの推しは?

そのほかにも、ユウゼンやオガサワラクロベンケイガニなど、小笠原の海にいる生き物たちを間近に見ることができます。

イベントに参加していたすみだ子どもPR大使から “小笠原にしかいない魚をひとつ教えてください!”という質問に対して、ゲストのさかなクンは “オガサワラヨリノボリ”と回答。お腹に吸盤がついていてヨシに登ることから名付けられた、ハゼの仲間であるヨシノボリの小笠原の固有種なのだそう。実際にオガサワラベースで観察できます。


すみだ水族館に新常設展示「オガサワラベース」が誕生! さかなクンの推しは?【編集部の「これ、気になる!」  Vol.11】
さらにさかなクンはもうひとつ、小笠原大水槽にいる“カッポレ”を推しの魚として紹介。熱帯域に生息する大型の黒っぽいアジなのですが、水族館での展示は珍しいのだとか。

カッポレがいる小笠原大水槽は2フロア吹き抜けで、日本では小笠原諸島でしか見られないうえに絶滅が危惧されているシロワニなど、約45種450点を見ることができます。小笠原の海の特長であるボニンブルーの透きとおった深く青い海を再現している巨大水槽を色鮮やかな魚たちが泳ぐ姿は圧巻です。

小笠原を五感で味わうアイテムやフードも

ミュージアムショップでは、すみだ水族館がおこなっている “貴重な自然を未来に伝え、未来に残すこと”を目指した「AQTION!」の新たな取り組みとして、購入することが自然を守る行動につながる「AQTION!グッズ」を製作・販売

第一弾として、小笠原現地での6月の海浜清掃で回収したものを使ったアップサイクルアクセサリーと、ヘリーハンセンのTシャツが販売されます。売上の一部は、次年度の小笠原諸島での海浜清掃などをはじめとするサステナブルな活動の資金として還元されます。‌

すみだ水族館に新常設展示「オガサワラベース」が誕生! さかなクンの推しは?【編集部の「これ、気になる!」  Vol.11】
写真上段:「シツラエ アップサイクルアクセサリー」
ピアス・イヤリング・ネックレス 各3,850円(税込)

写真下段:カプセルトイ「さわれるオガサワラ」各500円(税込)‌

すみだ水族館に新常設展示「オガサワラベース」が誕生! さかなクンの推しは?【編集部の「これ、気になる!」  Vol.11】
ヘリーハンセン ショートスリーブ オガサワラ ティー XS・S・M・L・XL 各6,930円(税込)‌


また、カプセルトイ「さわれるオガサワラ※1」も登場
小笠原の希少な生き物の触り心地をαGEL※2で再現。小笠原を“触感で楽しむ”ことができるアイテムです。

さらに、5階の「ペンギンカフェ」では小笠原産の食材を使用した記念フード&ドリンクも。

すみだ水族館に新常設展示「オガサワラベース」が誕生! さかなクンの推しは?【編集部の「これ、気になる!」  Vol.11】
小笠原サンデー680円(税込)

すみだ水族館に新常設展示「オガサワラベース」が誕生! さかなクンの推しは?【編集部の「これ、気になる!」  Vol.11】
小笠原カクテル各700円(税込)

小笠原産塩使用のバニラソフトに、小笠原産パッションフルーツ使用のソース、小笠原産カカオ使用の東京カカオウエハース、シロワニ型のクッキーをトッピングした小笠原サンデー(680円)や、小笠原の父島にあるジョンビーチとコぺぺ海岸をイメージした小笠原カクテル(各700円)が楽しめます。

公園みたいな水族館で小笠原を体感しよう!

“公園みたいな水族館”であって欲しいという想いから、ベンチやイスがあちこちに並べられていたり、決められた順路がなかったり、いままでの水族館とはちょっと違うすみだ水族館。生き物やスタッフさんたちとの距離が近く、自由気ままにいろいろな過ごし方ができるので、子連れでもゆっくり満喫することができます。

遠く離れた世界自然遺産を身近に感じられる新エリア「小笠原」もぜひ家族でじっくり楽しんでみてはいかがでしょうか。

すみだ水族館
〒131-0045
東京都墨田区押上一丁目1番2号
東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F
TEL : 03-5619-1821(開館時間~18:00)


※1:CCCMKホールディングス株式会社と一般社団法人 東京諸島観光連盟 小笠原村観光局が取り組む「おがさわラボ」のオリジナルグッズ。
※2:株式会社タイカが独自に開発したシリコーンを主原料とする非常に柔らかいゲル状素材。
この記事もおすすめ
編集部の「これ、気になる!」

京阪沿線魅力再発見2024を開催


新着くらしまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.