電車や交差点の待ち合わせで意外と見られてる あそこの黒ずみ&くすみの解消法

2015年8月4日 11:00
 

半袖になるこの時期、まわりから意外と見られているのがひじ。ひじが黒ずんでいたりくすんでいたりすると、せっかくのおしゃれをしていても魅力半減です。

関連リンク

・「チェアヨガ」で椅子に座ったままリフレッシュ!簡単ポーズ3選
・たんぱく質とペプチドが豊富な「馬肉」の生ステーキを829円で食べられる!
・家で野外で活躍!アウトドア料理研究家の愛用品 [PR]
実はかなり見られてる…ひじの黒ずみ&くすみを解消する方法

(c) milatas - Fotolia.com



普段お手入れを見逃しがちな場所だけに、しっかりケアをしておきたいですね。

■ひじの黒ずみ&くすみの原因とは?

ひじは皮脂腺が少ないため、体の中でも汗や皮脂が出にくい部分です。

ただでさえ乾燥しやすいのに加えて、頬杖をついたり、ゴシゴシと洗ったり、といった刺激により黒ずんだりくすんだりしてしまうのです。

ひじへの刺激は日常生活での何気ないクセによって起こることが多いため、知らず知らずのうちに角質が厚くなってしまうことに。

その結果色素沈着を起こし、なかなか黒ずみが落ちなくなってしまうのです。

■保湿&角質ケアで黒ずみを解消

ひじは乾燥しやすいので、黒ずみを解消するにはまず保湿ケアが大切です。入浴後にはボディクリームやオイルを塗って、カサつきを防ぐようにしましょう。

クリームなどを塗った上からラップで10分ほどパックをすると、保湿成分を効率よく浸透させることができます。

また、入浴時の角質ケアもおすすめです。湯船につかってひじの皮膚をやわらかくしたら、ボディスクラブを使って優しくマッサージを。

このとき、強くこすりすぎると、かえって色素沈着を悪化させることがあるため注意してください。また、角質ケアはやりすぎると逆効果になることもあるので、月2回程度にとどめましょう。


新着ビューティまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.