座りっぱなしはNG! 肥満になる危険な行動

 

本格的に寒くなってきたこの季節、暖かいこたつでついじっとしていませんか?

食べたいものを我慢しても太ってしまうのは、もしかしたらそれが原因かもしれません。

机の上に伏せている女性

(c)Syda Productions - Fotolia.com



体をあまり動かさないライフスタイルが肥満と深く関係しているということが、最近明らかになってきました。

■「動かない」生活が肥満を招く

肥満が大きな社会問題になっている、アメリカでの直近20年間の肥満の増加は、過食による摂取カロリーよりも、体を動かさないライフスタイルと関係があると、近年考えられるようになってきました。

太る原因としては、「食べ過ぎ」と「運動不足」がよく挙げられますが、カロリーのとり過ぎよりも、体を動かさない生活のほうが、肥満や生活習慣病への関わりが深いということが分かってきたのです。

日本の状況はアメリカとは異なりますが、似た傾向を示す可能性は十分あります。

■運動習慣があっても座る時間が長いと太りやすい

注目すべきは、ジョギングやウォーキングなど定期的に運動している人でも、座っている時間が長ければ長いほど、肥満や生活習慣病のリスクが高くなるということです。

「週に1回ジョギングしているから、他の日は座りっぱなしでOK」というわけではないのです。

では、どうしたらいいのでしょうか。

おすすめは、日常生活の中で、運動しているとき以外での活動量を増やすこと。

こまめに動くことが肥満防止につながる、ということが既に分かってきています。

「なかなか運動が習慣にならなくて・・」という人は、日常生活の中で座りっぱなしの時間を減らし、こまめに動くようにしてみましょう。…


新着ビューティまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.