おいしく痩せられる? 噂のバターコーヒーダイエット

2015年12月30日 22:00
 

毎朝の習慣として飲んでいる人も多いコーヒー。そのコーヒーにバターを加えた「バターコーヒー」が、ダイエットに効果的だとじわじわと人気を集めています。

関連リンク

・憧れのフィギュアスケーターボディーへ! (2) 鈴木明子のようなしなやかな脚を座りながら目指すポーズ
・冬に甘い物を食べたくなるのはなぜ? 女性の「冬太り」を防ぐコツとは
・コレなら食いしん坊さんも続けられる!「ゆる食事制限」コツ4つ
コーヒーを飲む女性

(c)Alena Ozerova - Fotolia.com



混ぜて飲むだけという手軽なバターコーヒーダイエット。「油分が多くて太りやすい」というイメージのあるバターが、なぜダイエットに効くのでしょうか。

■バターコーヒーで痩せられる理由とは

「脂肪分が多い」「カロリーが高い」と、ダイエット中は避けがちなバター。しかし、良質なバターには、魚や大豆などと同じ不飽和脂肪酸が含まれています。

この不飽和脂肪酸には、中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させる働きが。炭水化物を含まないため、血糖値の上昇をおさえる効果も期待できます。

また、コーヒーに含まれるカフェインは脂肪の分解を促してくれるほか、食欲の抑制や代謝アップにも効果的。

バターとコーヒーの相乗効果で、痩せやすい体に変えていくことができるといわれています。

■ダイエット成功のコツはバター選び

バターコーヒーをダイエットに取り入れるときに注意すべきなのがバター選びです。

コーヒーに入れるバターは、グラスフェッドの無塩バターを使用するようにしましょう。

グラスフェッドバターというのは、牧草だけで育てられた牛の乳から作られたバターのこと。

一般的なバターとは違い、グラスフェッドバターには、ダイエットにも有効な不飽和脂肪酸が多く含まれているのです。

グラスフェッドバターは一般的なスーパーなどでは売られていませんが、海外の食品を扱っているショップや、通販などで探してみてください。

■混ぜて飲むだけ! バターコーヒーダイエットの方法とは

バターコーヒーの作り方はとても簡単。カップ1杯のホットコーヒーに大さじ1杯のバターを加え、よく混ぜたら出来上がりです。砂糖やミルクは入れないようにしてください。

このときのポイントは、しっかりと撹拌(かくはん)してバターとコーヒーを混ぜ合わせること。

撹拌(かくはん)することによりバターが分解され、脂肪をエネルギーに変えやすくなるのだそう。

ブレンダーを使うのがベストですが、ない場合は、100円均一ショップでも売っているミルクホイッパーなどで代用してみてください。


新着ビューティまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.