2016春はこの色に注目! オフィスでOKなカジュアルメイク

 

メイクにトレンドは取り入れたいけれど、悪目立ちはお断り。今年の傾向を取り入れながらオフィスカジュアルにあわせるには、色や分量を調節するのがコツ。

花のにおいをかぐ美しい女性

(c)Oleg Gekman - Fotolia.com



オフィスでも浮かない、今春おすすめのメイクアップアイテムをご紹介します。

■アイシャドウ・マスカラ

2016年のカラーオブザイヤーは、淡いブルーのセレニティーとローズクォーツ。史上初の2色ということと、ジェンダーレスという流れが話題です。

2色以外にもやわらかで彩度の高いイエローや赤のほか、グリーン、インディゴ、パステル系など全10色が発表されました。

コスメブランド各社からそれぞれ新色が発売されていますが、今年共通する傾向は洗練されたパール感とツヤ感。

もはや定番とも言えそうなアイシャドウのパール感は、オフィスカジュアルには微細粒子のパール感がシックでおすすめ。基本ひと塗りで発色を抑えると、浮くこともありません。

疲れて顔色が悪い時や、肌の調子がよくない日のアイメイクは、明るめトーンをチョイスするとカバーしやすくなります。

華やかな色はオフィスではNG! という人は、インディゴブルーのマスカラをバッグに入れて。就業後の飲み会や食事、デートの時などにプラスするだけで、ぐっと春っぽくなります。

■フェイスカラー・チーク

今春おすすめモテメイクといえば、何と言ってもパール感のあるツヤ肌。フェイスカラ―やハイライト、チークなども同じくパール系で統一するとトレンド感満載です。

その日の体調や顔色、肌感を引きたててくれる名脇役なのでぜひ活用しましょう。

血色は見た目印象に大きく影響を与えます。心強いアイテムとして、チークが手放せない人も多いのでは? 

最近はクリームチークが大人気ですが、オフィスカジュアルにほどよくマッチする色味は、モードなコーラル系。ピンク系なら、ブルーがかった色合いが今年風。

■リップカラー・グロス

去年は鮮血のような赤が人気でしたが、今年は青みがかったピンクがトレンド。淡いパステル系やペールピンクのグロスなんかも、オフィスカジュアルに人気の注目色です。

日本人の肌には、コーラルオレンジやベージュピンクなどの色がとてもよく合います。人気のカラーを上品に取り入れれば、ワンランク上の女性を演出できます。



新着ビューティまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.