周囲と比較し、私はダメだと思ってしまう方に試してほしいこと 【心屋仁之助 塾】

 

メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える「凍えたココロがほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。今回は、「他人と自分を比較して落ち込んでしまう」という、まーちんさん(32歳、会社員)のお悩みに心屋塾上級認定講師の高橋かのんさんがアドバイスしてくれました。


■まーちんさん(32歳、会社員)のお悩み私はいつも他人と自分を比較して落ち込んでしまいます。例えば友人が多くて、誰とでも直ぐ打ち解けられ、面白い性格の友達がとても羨ましいのです。

それに比べて私は面白い事は言えないし、つまらない人間だから友達も少ないんだ。私はダメだ。私は独りだ…と。 何かにつけて常に人と比べてしまい、こんな思考の繰り返しで毎日がとても苦しいです。

自分は自分! そう思いたいけどうまくいきません。人と比較しないようにするにはどうしたらいいでしょうか?

■心屋塾上級認定講師の高橋かのんさんよりまーちんさん、こんにちは。ついつい人と比較して、自分のダメな部分を思い知るって辛いですね。私たちは、誰もが完璧ではないですから、誰にだって自分より素敵な部分を持った人はたくさんいますよ。

そして私たちは、自我が生まれる際、人と比べることを通して自分を認識し始めます。ですから、比較することそのものが悪いことではないのです。ですが、それを「自分がダメだ」と思うための材料にしてしまうのはもったいないですね。

更に、人と比較する自分すら「ダメだ」と思う材料にしているのだとしたら、「もしかして、私、自分を何かにつけて、ダメだと思いたいのかしら?」と疑ってみてもいいかもしれません。

さて、今日は、人と比較して自分をイジめなくなる2つの方法をお伝えしますね。まず、ひとつめです。まーちんさんからいただいたご相談から、以下に価値を置いていらっしゃることがわかります。

・友人の数
・誰とでもすぐ打ち解けられること
・面白いことが言えること

つまり、人の価値を測るものさしです。他にも、人と比較してダメだと思っている部分があるのでしたら、そのものさしを書き出してみてくださいね。

書き出したものは、「自分にはない」あるいは「少ない」と思い込んでいるものです。そして、あなた自身が、自分をそういう人間だと思ってしまっている。だから、落ち込んでしまうのではないでしょうか。



新着くらしまとめ


オススメコンテンツ

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.