もっと“話し上手”になれる「テンプレップの法則」を活用しよう! 

 

次から次へと話題が変わったり、同じ話が何度も出てきたり。そして結局、オチがない。そんな女友達とのおしゃべりにちょっぴり疲れてしまったこと、ありませんか? 

もっと“話し上手”になれる「テンプレップの法則」、知っている? 

(c) Andrey_Arkusha - Fotolia.com



他愛のないおしゃべりなら苦笑いですむけれど、ビジネスシーンではそうはいかないもの。社内会議やプレゼンなど人前で話をする場面だけでなく、日々の仕事を円滑に進めるには上司や部下に言いたいことをわかりやすく伝えることがとても大切です。

もし、自分の話がわかりやすいか不安なら、「テンプレップの法則」を参考にしてみてください。

話の“型”、「テンプレップの法則」を身につけよう! 

伝わりやすい、わかりやすい話し方にはコツがあります。話をある“型”に当てはめていくだけで、要点がぶれることなくロジカルに話すことができるのだそう。

それが、『伝え方の教科書』著者である木暮太一さん考案の、「テンプレップの法則」です。

TNPREPとは6つの要素の頭文字で

  1. Theme(話のテーマ)
  2. Number(言いたいことの数)
  3. Point(結論・要点)
  4. Reason(理由)
  5. Example(具体的な話)
  6. Point(結論・まとめ)
です。

少し具体的にしてみましょう。

  1. 「これから○○について話をします」
  2. 「お伝えしたいことは○個あります」
  3. 「結論から言いますと、お伝えしたいことは○○ということです」
  4. 「その理由は○○だからです」
  5. 「たとえば、こういうことがあります」
  6. 「つまりは○○ということです」
※「TENPREPの法則(テンプレップの法則)」は教育コミュニケーション協会が商標登録をしています。…


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.