ネガティブな癖や生活習慣は、あなたを「守る」ためのものだから… 【心屋仁之助 塾】

2015年10月27日 12:00
 

話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える「凍えたココロが ほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。今回は「過食症です」という、みんみんさん(35歳・会社員)へ心屋塾上級認定講師の小林威之さんからアドバイスをいただきました。

関連リンク

・家で野外で活躍!アウトドア料理研究家の愛用品
・「ぶっちゃけ俺の方がうまいし!」と夫が思う家事…屈辱的な1位は
・美輪明宏「人間関係をより良く、良好に保つには」
ネガティブはあなたを守ってくれている・心屋仁之助塾

(c)ctvvelve - Fotolia.com



■みんみんさんのお悩み

約20年過食症です。心屋さんは、自分を愛し、自分の素晴らしさを認めろとおっしゃいますが過食症もそれで克服できますか? 

過食をするたびに自分を責めもう二度としないと後悔ばかりの日々です。好きな人ができてうまくいきそうになっても過食がひどくなったり、自分が幸せになりそうな時にいつも邪魔されてしまいます。

これって自分のことを幸せになる価値がない、と心の中で思っているからなのでしょうか? 顕在意識では幸せになりたいと願っています。ヒントを下さい。よろしくお願いいたします。

■心屋塾上級認定講師の小林威之さんより

みんみんさん、こんにちは。心屋流カウンセラーの小林威之です。過食症を20年抱えていらっしゃるとのことで、過食される度に自分自身をつい責めてしまい、なかなかハッピーな気分にはなれないかと存じます。過食を毎回繰り返してしまう自分に、うんざりしてしまうと思います。

今も過食をついしてしまいますか? そんなときに心がラクになる魔法の言葉があります。

それは「私は過食をしてもいい」とつぶやいてみてください。そしてそのまま美味しく食べ物を頂いてみてください。思う存分たくさん食べてください。

みんみんさん自身が過食を本当は止めたいのに、それを止めなくていいなんて、なんだか矛盾しているようですが、実は過食はみんみんさんを守ってくれているのです。みんみんさんの過食は自分の幸せを邪魔するものではなくて、みんみんさんを大切に守ろうとしてくれているのです。

みんみんさんの何を守ろうとしているかといいますと、心です。

心のバランスが取れなくなってしまったときに過食をして、みんみんさんを守ろうとしてくれています。過食をしてしまう大きな原因の一つは我慢です。

例えば、つい「いい人」をしてしまったり、周りの期待に応えようとしてしまったり、怒りや悲しみの感情を表に出さないようにしたり、本当は伝えたいことがあるのにそれを飲み込んでしまったり、欲しいものややりたいことがあるのにそれを我慢したり…。


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.