密かなブーム! プロ並みにおいしいコーヒーを自宅で入れるコツ

 

最近、スイーツ女子の間ではお持ち帰りスイーツで「おうちカフェ」が密かなブーム。

コーヒーを飲みながら談笑している3人の女性たち

(c)Rawpixel.com - Fotolia.com



そんなスイーツ女子に紹介する、おうちでいれる本格カフェの世界。簡単に始めるおうちカフェの楽しみ方を紹介します。

■本格コーヒーのいれ方

喫茶店マスターから学んだ、直伝のおいしいコーヒーのいれ方をご紹介します。

・道具をそろえましょう
おうちカフェをするのに必要な道具は、以下の通り。
  1. 注ぎ口の細いヤカン
  2. コーヒードリッパー(上部にフィルターをセットして使います)
  3. ネルフィルター(布製のフィルター)
  4. 缶ケース(コーヒー豆をひいたものを保存する)
  5. コーヒー豆をひいたもの
・豆選び、ますは「ハワイアンコナ」
初めてで豆選びに迷ったら、おススメはハワイアンコナです。

味もしっかりしていて、コーヒーの香りがとてもいいハワイアンコナは、おうちカフェで定番になること、間違いありません。初めてでも比較的簡単においしいコーヒーがいれられます。

そのほか、「トアルコトラジャ」や「モカ」などもおススメです。

・コーヒー豆の保管方法
コーヒー豆は袋から出して、缶に入れ冷蔵庫にてしまっておくと、いつまでも引き立てのおいしい状態で保管できます。

また、布のドリッパーは使い終わった後、洗剤を使わずに軽く洗い、強く絞らず水分を含ませた状態で、食品保存用袋などに入れて冷蔵庫に保管しておきます。

・コーヒーの入れ方
  1. お湯を沸かします。その間にカップにお湯を入れて、カップを温めておきます。
  2. ネルフィルターにコーヒーの軽量スプーンで人数分(2人だと2杯)のコーヒーをいれます。
  3. お湯が沸騰したら、ネルフィルターにお湯を注ぎます。その際少量、コーヒーを流しなどに捨ててください。最初の数滴はおいしくないからです。
  4. 数滴のコーヒーを捨てたら、ネルフィルターをコーヒードリッパーにセットし、ゆっくりとお湯を注いでいきます。お湯はネルフィルターの中心からひらがなの「の」を描くようにゆっくり注ぎます。
    お湯を注ぐ際、お湯でコーヒーを蒸すようにすると、芳じゅんな香りがしっかりとでてきます。
  5. 人数分のお湯を注いだら、カップに温めていたお湯を捨てコーヒーを注ぎます。
コーヒーをいれている時から、お部屋にはコーヒーのいい香りが充満し、優しい時間を堪能できます。

また、自分でいれたコーヒーを誰かと一緒に味わう楽しみも格別です。



新着くらしまとめ


オススメコンテンツ

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.