「わかって欲しい、行動して欲しい」とイラついてしまう妻たちへ【ダンナのトリセツ 第6回】

2016年6月16日 23:00
 

こんにちは。心理カウンセラーの小高千枝です。

数年前までは、カップルカウンセリングに関しては奥さまからお申し込みがあり、ご主人がずるずると引きずられるように、嫌々ながらカウンセリングに連れて来られる。そんな場面が多く見られました。

© WavebreakmediaMicro - Fotolia.com


しかし、ここ最近は男性サイドからのお申し込みが増えて来ているということ。とても嬉しい傾向だと感じます。

女性の感情論がわからない論理的思考傾向が強い男性だからでしょうか。

専門的なことは専門家と向き合い、客観的な見解を理解した上で、大切に思う妻の感情論や価値観との向き合いをしようとする。そういった男性の思いを、女性だからこその“母性”で汲み取っていただきたいと思います。

別の生き物だと思うこと

「何でうちのダンナは女心がわからないの?」
「わざわざ(妻から)お願いしなくても行動で示して欲しい」

奥さまたちからの不平不満は常につきまとうものです。そして、そういった言葉をカウンセリング開始に何度も耳にしています。そうですよね。「何で?」と渦中に入ってしまうとイライラは募ります。

しかし、「仕方ないわ。だって性別が違う別の生き物だから」そう思うとラクになりますよ。

同性同士であっても価値観や感覚の違い、常識の違いは多々あると思いますが、異性になるとその範囲は更に広くなります。ご主人からみても全く同じことを思っているのです。

お互いさまであり、別の生き物だからこそ、なかなか理解し合えない。でも、一緒にいることに意味があると捉えてみてはいかがでしょう。


新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

シンちゃん