嫉妬は無用! 夫の義理チョコをおいしくいただくアレンジ術

2017年2月15日 21:00
 

バレンタインデーに夫がチョコレートをもらってきた! でも心配ご無用、その実情は「義理チョコ」ということがほとんど。くれた相手もお付き合いの一環としか考えていないので、嫉妬の余地はありません。

しかし、その量が多いと消費するのもひと苦労。子どもたちのおやつにするには多すぎるし、もらってきた本人が甘いものが苦手だったりすると、なかなか減りません。かといって、いかにもなラッピングではおすそ分けもしにくい…。それなら、形をかえて楽しんでみませんか?

目次

・おしゃれなスイーツに変身!
・保存は温度管理に気をつけて
・夫の株を上げて、家庭円満

© arybickii - Fotolia.com


■おしゃれなスイーツに変身!

バレンタイン用のチョコレートは、ハートなどのかわいらしい形をしていますが、その中身は一般的なものと変わらないことも。それなら、きざんで溶かしてお菓子作りに使いましょう! ナッツなどが入っていても、シンプルなものなら材料として活用できます。

手っ取り早いのは、牛乳と混ぜ合わせたホットチョコレート。牛乳を鍋で温めて、そこにチョコレートを入れて混ぜれば完成です。

分量はお好みですが、マグカップ1杯分の牛乳に対し、一口大のチョコ2~3個が目安。ホイップやマシュマロを浮かべれば、寒い時期のおもてなしにもぴったりです。

チョコレートを原料と考えれば、ケーキやクッキーの材料としてもアレンジできます。また、市販のクッキーに溶かしたチョコレートをかけるだけでおしゃれな一品に。これだけで、ママ友会で喜ばれるお茶うけに変身してしまうのです。

家族や学生時代の友だち相手なら、もらったチョコレートをそのままお茶うけに使えますが、相手がママ友では「夫がモテるアピールをしている」などとうわさされてしまう可能性が。とくにブランドチョコレートは、時期が時期だけに嫌味だと感じる人もいるようです。

面倒なトラブルを防ぐためにも、元の形がバレないようにアレンジしましょう。


新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

シンちゃん