生活レベルは維持したい… 男性の経済力、どこまで求めてどこで妥協すべき?

2015年3月14日 18:00
 

将来を考えているのであれば、男性に「経済力」を求めるのは当然のこと。結婚してお金がなくては、いくら「愛」でつながっているとはいえ、生活面での不安や心配が後を絶ちませんよね。

生活レベルは維持したい… 男性の経済力、どこまで求めてどこで妥協すべき?

画像:(c)Andrey Kiselev - Fotolia.com


最近では「セレブ婚」という言葉が出回るほど、女性にとって男性の「経済力」や結婚後の生活面での充実が注目されるようになってきました。

しかし、億万長者がこの世に何人もいるわけではないし、求める全員がその願いを満たすことは不可能です。

女性が男性の経済力をどれほど重視しているのか。20代の女性に比べ30代の女性、つまり年齢が上がるにつれて、男性の「経済力」を重視する割合は上がっていきます。生活を考えるとどうしても経済力は重視せざるをえないというのがその理由。

それでは、どのくらいの経済力があれば満足なのでしょうか。男性からいわれたいセリフで考えてみました。

■「働きたいなら働けば?」女性が働き、社会進出がされているこの時代働くことに抵抗はないけれど、だからこそ男性にいってもらえると嬉しい言葉です。「働かなくてもいいけど、働きたいなら働けばいい」という、女性の経済力に頼らない男性のスタンスが嬉しいひと言です。

■「この中で自由にやって!」生活費、遊び、貯金もとくに制限なし! お給料を渡すからこの中でやりくりしてくれればいい、という自由なスタンス。

お小遣いや食費など関係なく、とにかく自由にやらせてくれるという男性の余裕が魅力的に感じるという女性も多いようです。私からすればノータッチなこの感じが逆に怖くも感じるのですが…。

ほかには、こんな究極のセリフをいわれたいという意見も。



新着まとめ

もっと見る

ピックアップ

記事配信社一覧

ピックアップ

上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.