「出会いは仕事」な彼との初デートで気をつけること

 

出張先で知り合った男性からディナーのお誘いがあり「勝負服、どれを着たらいいかアドバイスして〜」と、やや天然気味の友人から「いっちょうらのポーズ写真」つきのメールをもらったことがあります。

食卓で向かい合って会話をする男女

(c) Syda Productions - Fotolia.com



適当に「これがいいんじゃない?」と返事しておいたのですが、「あなたにはもっと気を使うところが他にある…」と心配になったのを覚えています。

初デートはいつでも緊張するものなのは、イタリアの人たちといえども同じ。

気合いを入れすぎて空回りしたあげく「ごめん、君とはあわない」とあっさりスルーされる女性も見ます。

ここでは、そんな彼女たちが失敗から学んだ「初デートのときに気をつけるポイント」についてご紹介します。

1. キメすぎる服は失敗する

スーツがよく似合うバリキャリの友人は、数年前仕事で知り合った男性と意気投合。連絡先を交換した2か月後に初デートの約束をしました。

当日、待ち合わせ場所に現れた彼女を見た彼は「なんだか仕事中みたいだね」と言ったそうです。

「よそ行きのヒールにワンピース+短いジャケット、小さめのバッグ。最高の自分になるよう気を使ったのに、うまくいかなかった」と語る彼女。ディナーまではよかったのですが、ディナーの後の街歩きが正念場でした。

慣れない靴とワンピースでくつろげない中、ヒールが石畳にひっかかるたびに彼に頼らねばならず、大変な思いをしたそうです。

「自分のテンションもそうだけど、彼もだんだん顔色が変わっていった。『さっさと切り上げたい』と思っているみたいだった」と感じ、これは失敗だ…と自分からお開きを告げてタクシーで帰ったとか。

彼からその後連絡は来ず、反省した彼女は「次の出会いからはオフィスの延長みたいなキメ服は選ばない」と決めました。

違った一面を出せるよう「足のラインがよくわかるデニム+バレリーナシューズ」など、女性らしさとカジュアルさを組み合わせた服でのぞんだ結果、見事彼氏をつかまえることに成功。2年前に結婚した後も、まだラブラブだと話してくれました。



新着まとめ




Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.