「クリエイター系男子」にはクラブで出会える! “正しい夜遊び”の仕方

 

仕事から解放され、自由に行動できるアフター8。仕事に、プライベートに、頑張る大人女子をさらにランクアップさせる「正しい夜遊びの仕方」を提案します。

クラブで踊る人たち

(c)pressmaster - Fotolia.com



■大人女子こそクラブ遊びすべし!

夜遊びの代表スポットといえば「クラブ」。大音量で流れる音楽とおいしいお酒は、日々の仕事の疲れを忘れさせてくれます。

でも大人女子世代ともなると、ただ飲んで騒いでというクラブ遊びではちょっと物足りないもの。

せっかくの夜遊びだから、自分好みの音楽とおしゃれなお酒に酔いしれて、上質な時間を過ごしたいものですよね。

かくいう私も最初は音楽の知識ナシ、お酒の知識もナシという、ないないづくしの状態でした。なのでまずは、クラブの扉をたたくところからはじめました。

それが、いまやほぼ毎週末なんらかのクラブイベントに顔をだし、みずからDJイベントを運営するまでになってしまいました。

そんな経験からいえるのは…大人女子のみなさんに、いや、大人女子のみなさんにこそ、クラブ遊びをオススメしたい! ってこと。

踊って楽しめるのはもちろん、今まで聴かなかった音楽を聴くことで企画のヒントが浮かんだり、クラブでの出会いから新たな仕事がはじまったり、なんていうことも、実はあったりするんです。

■クラブファッションの「TPO」って?

クラブに繰りだすときに、まず気になるのはファッション。

あんまりギラギラしすぎたり露出度が高すぎたりというのはもちろんNGですが、普段着そのままのようなカジュアルすぎるいでたちなのも、なんだか場にそぐわない感じです。

少し寒い今の季節なら、半そでのワンピースやセットアップの上にコートを羽織っていくのがベスト。

クラブでは踊ってお酒を飲むと体感温度が高くなります。だから、室内なら冬でも半そでで十分。

サテンやベロアなどツヤのある素材のものや、ビジューやファーなどがついた華やかなデザインのものだと、1枚でドレスアップ感がでますよ。

思う存分踊れるように、バッグは小さめのチェーンバッグやポーチなど、荷物にならないものにしましょう。

仕事帰りなどでどうしても荷物が大きくなってしまう場合は、店に確認して受付に預けておくと自由に動けます。

■クラブは「クリエイター系男子」との出会いの宝庫

クラブにいる男子というと、ちょっとチャラそう…というイメージがありますよね。しかし実際遊びにいってみると、クラブはステキ男子の宝庫。

編集者やデザイナー、イラストレーターといったクリエイター男子や、広告代理店やIT系制作会社に勤める、流行に敏感な男子たちと出会いたい女子には、特にオススメ。



新着まとめ

もっと見る

ピックアップ



記事配信社一覧

ピックアップ

上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.