納豆に●●!? 身近な食材でできる、キレイのための裏ワザを公開

2016年1月10日 22:00
 

仕事や人付きあい、趣味、恋愛…、働く大人女子には時間が足りないのが現状です。

「痩せたい」「キレイになりたい」とは思いつつも、美容やダイエットばかりに手間ひまかけていられないのが悩ましいところ。貯金だってしなきゃいけないから、高価なサプリやジム通いを続けるのはむずかしいのです。

関連リンク

・アウトドア料理研究家に聞く自然から学ぶ子育て [PR]
・冬の毛穴トラブルを集中ケア!ポアレスラボの冬季限定「スノートリートメント」【体験プレゼント付】
・小西さやかさんが伝授 ツヤ肌を作るオイル美容のポイント
頬に手をあてる女性

© nichizhenovaele - Fotolia.com



今回は、日常にほんのひと手間プラスするだけで、キレイにつながる裏ワザを紹介します。もちろん、筆者も経験済みです。

■美は継続なり

冬は肌が乾燥しやすい季節。乾燥は、シワだけではなく肌荒れやシミ、ニキビにまで影響をおよぼします。とはいえ、毎晩パックをする時間をつくるのはむずかしいもの。お金もかかるため、そうそうエステにもいってられません。

「美は、一日にしてならず」、これは叶姉妹の金言です。まさにその通りといえます。働く女性が美肌や美容のために実践するとしたら、日々の暮らしのなかでラクに続けられる方法がよいのではないでしょうか。

■身近な食材で、お肌ぷるぷるに

習慣として続けるためには、苦労なくできることが大事。家にあるものや、すぐに手にいれられる食材を使うといいでしょう。

・お酢×トマトジュース
お酢の美容やダイエット効果はさまざまなメディアで語られてきていますよね。でも、そのまま飲むと胃に強すぎる場合があります。

そこで、トマトジュースにお酢を大さじ1~2杯混ぜて飲むことをオススメします。トマトが酸味をほどよくやわらげてくれますよ。

そしてなにより、ジュースの味がグッとおいしくなるのです。トマトには肌にいいとされるリコピンやビタミンCが豊富に含まれています。ただ混ぜるだけなので、つくる手間もかかりません。

朝の目覚めの1杯やお風呂あがりにぐいっと飲むといいですよ。我が家では、家族全員で1年ほど続けているのですが、男性陣も女性陣も顔の色ムラや赤みが気にならなくなってきました。


新着ビューティまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.