伸び続ける子にする、親の声かけ――「頑張り抜く子」が育つ親子の会話とは?(伸び続ける子供が育つママ特集4)

2015年6月4日 04:15
 

楢戸ひかる ライター
楢戸ひかる

「伸びる続ける子」の母はココが違う
ダメなところだけを見て、わが子の資質を判断してはいけない
子育てで、ここだけは押さえておきたい3つのポイントの続きです。

「ああ、あんなこと言っちゃった。」子どもへの言葉かけは本当に難しい。今回は、お母さんだからできる「会話」の習慣について花まる学習会代表の高濱正伸さんにお話を伺った。

高濱さんいわく、「頑張り抜く力が出るか、やる気がしぼんでしまうかは、『親のひと言』次第」なんだとか。
伸び続ける子にする、親の声かけ――「頑張り抜く子」が育つ親子の会話とは?(伸び続ける子供が育つママ特集4)

© StockRocket - Fotolia.com


■子どもが自分から宿題をやるシンプルなルール「宿題やったの?」。この一言を言わずに済むのなら、どんなに楽だろう…。そんなママたちに朗報だ。高濱さんによると、なんと子どもが自分から宿題をやる方法があるそう。

「子どもがみずから宿題をやれなかった時には、お母さんは黙っていてください。しかし、子どもが進んで宿題をちゃんとやった時には、『やれたね、すごいね』と褒めてあげてください。」

つまり、宿題ができたらほめる、できなかったら何も言わないことを続けるということ。およそ2週間このルールに従っただけで、子どもが自分からどんどん宿題をやるようになるという。

さらに、「NGワードを言わないこと」「肯定的なことだけ言葉にすること」、この2点も大きなポイントだ。


新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.