HAPPY NEW YEARに‘A’は必要?【ムギ子のまじぽん使える英会話 Vol.15】

 

ハロージャパン! ライターの尾崎ムギ子です。

ムギ子のまじぽん使える英会話

イラスト/尾崎ムギ子



日ごとに寒さが増していますが、みなさま風邪など引いていませんか?

わたしは11月はじめに引いて、それはいったん治り、いままた風邪の引きはじめです。すごいデジャブな感じ…。

■第15回: HAPPY NEW YEARに‘A’は必要?

さて、今年も年賀状シーズン。「あけましておめでとう」を英語でいうと、“A HAPPY NEW YEAR”でしょうか?“HAPPY NEW YEAR”でしょうか?

正解は後者、“HAPPY NEW YEAR”です。

しかし日本では最近まで、‘A’をつけるのが主流だったような気がします。それは、あの有名なクリスマスキャロルが発端かも…。ウィー ウィッシュ ユア メリークリスマス♪

We wish you a Merry Christmas
And a Happy New Year


―「We Wish You A Merry Christmas/クリスマスおめでとう」

この歌のインパクトが強すぎて、日本では“A Happy New Year”が定着したのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

‘wish’の意味は、「祈る」。“We wish you a happy new year.”は、「あなたに良い年がくるよう祈っています」。

このように、文中だと‘a’がつき、“Happy New Year”のように名詞のみだと‘a’はつかない…。ややこしいですが、“Happy Birthday”に‘a’がつかないのと同じです。

ほかにも、“Good night”には‘a’がつかないけど、“Have a good night.”のように、文になっていれば‘a’がつきます。…


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.