ギブアンドテイクの法則を心がける 日常に「美学」を取りいれよう

2016年1月16日 06:00
 

美学を持つということは、ブレない自分を持つということかもしれません。ブレずにいるには自信を持つことが必要です。

目次

・「美学」を持ちつづけるために
・ほめられてこそ自信を持つことができる
・日本は「ダメ出し文化」?
・ほめられるためにできることとは
カメラを構える女性

© arthurhidden - Fotolia.com



とはいえ、謙虚な日本人は自分に厳しいもの。ワーキングホリデーで海外生活を体験した友人の話を通して、自信を持つ方法を紹介します。

■「美学」を持ちつづけるために

「美学」とは、基準となるラインを持つことだという話をしました。

友人のヨーコちゃんと久しぶりに会ったとき、以前とは少し雰囲気が変わっていることに気がつきました。大きな瞳のキラキラが増し、ちょっとふっくらして健康そう。彼女はワーキングホリデーで1年間の海外生活を終え、帰国したばかりです。

「海外で得たもので、一番大きかったのは、私は私でいいんだと思わせてもらえたこと」と彼女はいいます。以前のヨーコちゃんには、人に気を使いすぎるあまり、疲れて体調を崩すという面がありました。

「いま思えば、それは自分に自信がなかったから。人の顔色をうかがうクセがついていたのかも…」。謙虚な日本人は自分に厳しく、欠点を重視しがちです。劣等感を持っている間は自信を持つことはむずかしいものです。


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.