恋人とのケンカをプラスに転じたいのであれば、この3つの法則

2014年3月15日 16:00
 

付き合う時間が長くなればなるほど、そしてまた結婚や同棲等を始めると、衣食住を共にし共有する時が多くなりますよね。日常的にどんなに仲良しの間柄でも、時にぶつかったり意見を主張し合ったりすることは当然でてきます。

関連リンク

・付き合いが長くなってくると、男性が彼女に対して気になること3つ
・アウトドア料理研究家に聞く自然から学ぶ子育て [PR]
・彼が「超愛されてる!」と実感する瞬間5つ

ケンカは関係性を深めるためにはとてもいいことですが、ケンカにも「やり方」があるんです。ケンカの仕方によっては今後の関係性の悪化につながりかねません。そこで、今後の関係に良好な効果をもたらすケンカの仕方をあなたにお伝えします。

■1.相手の話している時にかぶせて話さない相手の主張は、あなたが言葉をかぶせても変わりません。聞いていてイライラすることももちろんあるかもしれませんが、声をかぶせることで話の行先が変わってしまう場合もあります。

そして、あなたがかぶせた言葉に対する反論も出てきてしまうかもしれません。まずは聞く。それから話す。これを徹底しましょう。



新着まとめ

もっと見る

ピックアップ

現在の賛同数:
記事配信社一覧

ピックアップ

上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.