SNSモテは人間臭さが肝!? Facebookで男性に嫌われる投稿4つ

 

今はあまり聞かなくなりましたが、以前は「セルフブランディング」という言葉が、あちこちで言われていました。

スマートフォンのカメラで、写真を撮っている三人の女性

(c)vadymvdrobot - Fotolia.com



ごく簡単に言ってしまうと、ブランドとは「連想の産物」。

意識していなくても、SNSなどの投稿を見て、人はその人の背景を勝手に想像し、「その人の像」を勝手にイメージします。

この女性はこんな人なんだ…。ああ、好きにならなくてよかった…。

たとえば男性は女性のFacebookを見て、こんなことを思ったりしているということです。

今回は、意外と男性ウケの悪いFacebookの使い方に迫ります。さっそくご紹介しましょう!

1.飲食店のおいしそうな料理の写真

「Facebookのタイムラインに流れてくる、飲食店のおいしそうな料理の写真を見るのは好きです。でも、あれって、料理が運ばれてきたら“ちょっと待って! 写真撮るから。まだ食べないで! ”なんてことを現場でやっているわけですよね? ぼくはそういう女性とは付き合えないなと思います」(33歳・シェフ)

男性って「おいしいものを」「温かいうちに」さっと食べて「おいしいね」と言う、シンプルな生き物だったりします。

だから男女比で言えば、おいしそうな料理の写真をUPしているのは、圧倒的に女性に多いように思います。

どんな「Facebook友達」がいるのかによって、タイムラインの「印象」が変わってくるので、いちがいには言えないかもしれませんが。

2.高級ホテルの写真

「高級ホテルの写真をUPしている女子に、あまりいい印象は抱きません。金持ちの男がいていいなあと思うだけです」(35歳・商社)

自腹で高級ホテルに泊まっているのかもしれないのに!

でもまぁ「自慢」と誤解されるような写真は、男性の嫉妬心を買うこともある、という一般的な解釈は可能かもしれません。

3.ひとりごと

「疲れたとか、病んでいるとか、そういうひとりごとを書いている女子のFacebookが好きな男はいないでしょう」(36歳・広告)

俗に言う「かまってちゃん」だと思われているのでしょう。

もっとも、好きな女性が「かまってちゃん」であれば、いくらでもかまってあげたいと思う男性だっているはずですが。



新着まとめ




Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.