ビューティ情報『美肌のカギは砂糖断ち!年齢に負けない体に導く「シュガーデトックス」とは?』

美肌のカギは砂糖断ち!年齢に負けない体に導く「シュガーデトックス」とは?

2017年10月21日 21:00
 

美肌のカギは砂糖断ち!年齢に負けない体に導く「シュガーデトックス」とは?

世界各国で、年頃の女性の共通の悩みと言えばやっぱり「エイジング」。特に紫外線の量が年中ハンパなく、乾燥も激しいオーストラリアでは、エイジングケアに力を入れている女子は少なくありません。

そんな中、今数々の雑誌でも特集が組まれているのが「シュガーデトックス」なんです。いわゆる「砂糖断ち」のことですが、ダイエットだけでなく肌のエイジングケアにも効果があると大好評!

そこで今回は、オーストラリア女子の間でハマる人続出の「シュガーデトックス」について徹底的にご紹介します。

砂糖が肌のエイジングにつながる理由
美肌のカギは砂糖断ち!年齢に負けない体に導く「シュガーデトックス」とは?

女子なら皆、スィーツ大好き!仕事の息抜きや友人とのカフェタイムに甘いものは欠かせません。でも、実は砂糖の摂りすぎは、体重の増加だけでなく、肌の老化まで引き起こしてしまうんです。

過剰に糖分を摂りすぎると、元々私達の体内にある重要なたんぱく質が「糖化」してしまい、そのまま体内に蓄積されていいくという現象が起きてしまいます。消化されずそのまま体内に留まっている糖化されたたんぱく質が増えていくと、肌のコラーゲンやエラスチンが破壊され、新陳代謝がボロボロに……。肌のハリやツヤがなくなり、シミやしわも増えて、一気に老け顔に突入してしまうのです。

砂糖って、実は摂りすぎるととても怖い食材なんですね……。

まずは自分の砂糖摂取量をチェック!
美肌のカギは砂糖断ち!年齢に負けない体に導く「シュガーデトックス」とは?

砂糖の摂りすぎはNGとはいえ、一体どれくらいが「摂りすぎ」なの?という疑問に答えてくれるのが、世界保健機関WHOのデータです。

2014年に発表された規定によると、成人が1日あたり摂取する砂糖の理想的な量は25gなのだそう。これは小さじ約6杯分になります。私はコーヒーを飲むときは、小さじ1杯半の砂糖を入れて飲むので、朝昼2回飲んだ時点で、もうその日の半分の砂糖を摂取していることに!

また、農畜産業振興機構のリサーチでは、日本人は1日あたり約50gの砂糖を摂取していることが報告されています。私達、砂糖を摂りすぎてしまっていますね……。

ちなみにオーストラリアの女性が1日に摂取する砂糖の平均は、日本人よりは少なめの42gとのこと。さすがヘルシー志向の強いオーストラリア女子、意識してシュガーカットをしている人が多いんですね。

「シュガーデトックスでエイジングケア」が新たなトレンドに
美肌のカギは砂糖断ち!年齢に負けない体に導く「シュガーデトックス」とは?

オーストラリアでも砂糖の過剰摂取を控えて、ヘルシーになろうという雰囲気が高まってきている中、「シュガーデトックス」という言葉をメディでもよく見かけるようになりました。

たくさんのレシピ本、ハウツー本が出版されていますが、特に人気なのはオーストラリアのジャーナリストで栄養士のサラ・ウィルソンによる『I Quit Sugar』シリーズです。世界中でベストセラーとなったこの本、砂糖を使わないレシピが豊富に紹介されていて、自宅でも簡単にシュガーデトックスが始められると話題。

砂糖を使わない料理のレシピ本って、なかなかないので、このシリーズはシュガーデトックスに興味のある女子の間で、バイブル的存在となっています。

現在シュガーデトックス2週目の友人カレンの場合
美肌のカギは砂糖断ち!年齢に負けない体に導く「シュガーデトックス」とは?

まだまだ本格的にシュガーデックスを始める勇気のない私。「実際やり始めると本当に肌が若返るの?スィーツを全く食べないでいるとイライラして余計疲れない?」そんな疑問を、現在シュガーデトックス歴2週間目に突入した友人のカレンに話を聞いてみました。

以前から「ご飯よりもスィーツ大好き」だった彼女ですが、まずは仕事中の間食に甘いものを食べるのをストップ。その後、徐々に意識して料理やコーヒーに入れる砂糖の量をコントロールしていったのだそう。

Q:どうしてシュガーデトックスを始めたの?
「仕事中にリフレッシュするつもりで、いつもデスクにチョコやキャンディーを常備しているの。でもストレスで食べ過ぎることが多くて、余計イライラしちゃうの。それからなんだか身体も重いし、甘いものの食べ過ぎできちんと食事が摂れてないなって思ったから。

砂糖は肌に良くないっていうのも聞いていたし。最近しわが増えたような気がするから、思い切ってやってみようって決心したの」

Q:始めたときはどんな感じだった?
「最初はとにかく仕事中の間食を、完全にストップさせたわ。『ああ、チョコが食べたい!』ってイライラすることも多かったけど、ストレッチしたり代わりに野菜スティックやクラッカーで我慢したの。2〜3日の間は甘いものが食べたくてたまらなかった。

でもそこをすぎれば、平気。急に甘いものに興味がなくなるから」

Q:実際肌の状態が良くなった?
「うーん。すごく大きな変化があったってわけじゃないけど、シャワー後に化粧水をつけるときに、肌のゴワゴワ感がなくなった感じはしてる。化粧水が肌に浸透しやすくなったかも。キメが整った感じかな。

それから肌とは関係ないけれど、ささいなことでイライラしなくなったし、体重は嬉しいことに落ちた!」

Q:シュガーデトックスを始めるときのポイントは?
「一気に全ての糖分をストップさせようとしないこと。一つ一つ段階を踏んでやっていかないと、続けるのは難しいと思う。例えばまず最初は間食のチョコレートをやめる。それに慣れたらコーヒーに砂糖を入れないとか。段階的にやっていくのがポイント。

砂糖を全く摂らないのは逆に良くないから、メープルシロップやハチミツ、黒砂糖を代用して、白砂糖は極力使わないようにしてる」

Q:これからも続けていく予定?
「もうすぐ3週目に入るけど、この前友人の家に遊びに行ったときカップケーキをご馳走になったの。一口食べただけで、口の中に甘さが一瞬で広がって、もう一口で十分って思っちゃった。甘いものが食べたいって思うことも極端になくなったし、甘いものへの欲を上手くコントロールできるようになったのかな。

肌への美容効果を実感するには、まだもう少し時間がかかりそうだけど、身体と心の調子がいいので、これからも無理しない程度に続けていくつもり」

良質の砂糖を適量摂る習慣を身につける
美肌のカギは砂糖断ち!年齢に負けない体に導く「シュガーデトックス」とは?


Pinterest

大切なのは良質の砂糖を適量摂取することだと語るカレン。砂糖が生み出すブドウ糖は、身体のエネルギー源として欠かせないものでもあるため、ビタミンB1、B2、ミネラル、カルシウムを含む黒砂糖や、ナトリウム、カルシウムなどミネラルを含むきび砂糖を積極的に取り入れたいですね。

精製されてミネラルが不足している白砂糖は、避けた方が無難。美肌をキープするのに欠かせないビタミンBを破壊してしまうため、シミやしわ、くすみの原因になってしまいます。

大人になっても女子は甘いスィーツが大好きだけど、砂糖の摂りすぎは肌のエイジングを悪化させてしまう……。良質の砂糖を適量摂り入れる習慣を身につけるためにも、シュガーデトックスはやってみる価値アリです。

【参考文献】『リバーシティークリニック統合医療センター』『Women’s Fitness』

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.